FC2ブログ
ちわわんと言うハンドルネームと、タイトル名と、この名前を作ってから・・・いつの間にやら 20年余りも経過しちゃったなぁ~・・・あの頃は、タグ打ちの時代で、同じ名前は登録できなかった時代だったのになぁ~~~・・・Windows95のホームページの時代から考えると、すごいわよねぇ。。写真もコメントもさくさく入れられるようになっちゃって驚いちゃうわよね( *´艸`)

03<<  2021.04 >>05
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 

ひとりごと・・

ちわわん

Author:ちわわん
知り合った多くの友人たちに。
感謝をこめて。

↑写真はぷりんちゃん15歳6ヶ月と20日(2015年6月20日没)と
3年前に5月7日に17歳で亡くなったその母ムーバです。

静岡市在住の。
ご近所の犬ともだちさんへ。
ありがとうの言葉を添えて☆

長い犬人生と映画など色々。
20年程前のホームページも合体しました。
これからもよろしくお願いいたします。


最近の想い出綴り


最近のコメント


分類


あしあと


QRコード

携帯用にどうぞ。

QRコード


リンク

このブログをリンクに追加する


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


日本一の斬られ役 福本清三 どこかで誰かが見ていてくれる。 つづき
この本の中の言葉でーーーーー


最近の映画は、金はかけているけれど、「人の痛み」を感じないんです。
ええ、「人の痛み」です。
CG言うんですか。コンピューター、グラフィックスがよく使われるようになったんで、
このシーン撮るために、かなりの人間が一生懸命やったんやろうなって感じられなくなったと思いますわ。
たとえば、昔の『ベン・ハー』なんていう映画、すごかったですもん。
闘技場にあれだけの数の馬が整列して、ダッダッダッダって走りまわるシーン。
たったワンシーンやったけど、あんなもん。どこの調教師がついても、ああは簡単にいきまへんで。
馬の調教にもう、一カ月や二か月かかってると思うんですわ。
だから、「うわーーっつ、よくここまで調教したな」っていうところで感動したと思うんです。
人だって、そうですよ。
コロシアムにあんなによう人を集めたなって、皆に拍手させたなって、そえだけで感動したもんですわ。
いまはそれを コンピューターで処理してしまうんでしょ。
「なんじゃい!」って思いませんか。
私がここに入った頃、 雑兵になって、キャメラがどこにあるかわからんのに、
竹藪のなかを旗もって陣笠かぶって、ウワーッツと馬と一緒に走るシーンなんか、
もうこれからなかなか撮れないんじゃないですか。
ぞうですわ、映画は「人の痛み」でできているんやから。
斬られて胴が蚯蚓腫れになったり、階段から転げ落ちて、頭をうったり、
暴れ馬から取り出されて動けんようになったり。
崖から飛び降りて捻挫したり・・・・・・。
擦り傷、切り傷なんて、私らには当たり前のことでしたから。
そんなん、自慢にもなりまへんけど。
いや、痛みは私らだけではないですよ。スターさんたちだって、
監督にどやされたり、人気が落ち目になると干されたり。
伏見扇太郎さんという人なんか、あんなに大スターやったやけど、
最後は私らと同じような仕事をされてましたからね。
さぞ、つらかったと思いますわ。
心の痛みが想像できますわ。

ーーーーーー。

人の痛みを感じる・・という言葉が胸をうつ。



『ベン・ハー』「クレオパトラ』『モーゼの十戒』『ローマ帝国の滅亡』など
昔は指定席で親に連れられて みんなで見に行ったなぁ・・などと 想いだした。

スポンサーサイト




テーマ:お風呂で読んでる本 - ジャンル:本・雑誌


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://terajimasusumusan.blog37.fc2.com/tb.php/90-1780d599
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Design&Material By MOMO'S FACTORY