FC2ブログ
ちわわんと言うハンドルネームと、タイトル名と、この名前を作ってから・・・いつの間にやら 20年余りも経過しちゃったなぁ~・・・あの頃は、タグ打ちの時代で、同じ名前は登録できなかった時代だったのになぁ~~~・・・Windows95のホームページの時代から考えると、すごいわよねぇ。。写真もコメントもさくさく入れられるようになっちゃって驚いちゃうわよね( *´艸`)

03<<  2021.04 >>05
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 

ひとりごと・・

ちわわん

Author:ちわわん
知り合った多くの友人たちに。
感謝をこめて。

↑写真はぷりんちゃん15歳6ヶ月と20日(2015年6月20日没)と
3年前に5月7日に17歳で亡くなったその母ムーバです。

静岡市在住の。
ご近所の犬ともだちさんへ。
ありがとうの言葉を添えて☆

長い犬人生と映画など色々。
20年程前のホームページも合体しました。
これからもよろしくお願いいたします。


最近の想い出綴り


最近のコメント


分類


あしあと


QRコード

携帯用にどうぞ。

QRコード


リンク

このブログをリンクに追加する


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


日本一の斬られ役 福本清三 どこかで誰かが見ていてくれる。    聞き書き小田豊二
寺島進さんとは何も関係ない本をひとつ。 
いや 本当は ふたつなのだが・・・
とても面白いので ぜひ読んでほしいかな。

以前に アニキに聞けよ!でも 寺島進さんが紹介されていたことがあったのだが
福本清三さんのことを書かれた本で
ひとつは
日本一の斬られ役 福本清三 どこかで誰かが見ていてくれる。  
聞き書き小田豊二   集英社文庫
ふたつ
おちおち死んでられまへん 斬られ役ハリウッドへいく 
聞き書き小田豊二   集英社文庫


私は前に偶然 NHKの放送を見ていて
ああ この人だ。 と 人知れずにうなずいていたことを想い出す。
東映映画村が太秦にできて まだ 私たちが20代だったころ
同級生と二人で 映画村に遊びに行くと この人が  三度笠にふりわけ荷物をしょって
縞の合羽をひょいっと肩にかけて 股旅姿で 座ったり立ったり歩いたり。
煙草盆で 煙管をくわえて ぽんぽんとか ・・一人芝居をしているのだ。
気軽に話しかけたて 写真もいくらでも一緒に撮らせてくれた人だった。
あ・・・あの悪役の人だよ。 すぐ斬られちゃう人。あの人がいるよって。
同級生とふたり おそるおそる声をかけて ぱちり!
そのとき撮らせてもらった写真が 今もある、。
なんとも のんびりと あっけらかんとして おひかえなすって・・みたいな
ポーズをとったり どこかの門の前で 右から左に いったりきたり・・・・
次に行った時には お決まりの浪人姿の格好をしていた。
その人が NHKで取り上げられていたのだった。
へぇ~~~~~ あのひとだああ・・・ と 一気に思い出した。
まだまだ 頑張ってらしたんだなああ・・・
あった時には その風貌のせいか お化粧のせいだったのか、
もう充分に老けてみえていたので。   
以外にお若かったのねぇ・・・
なんて不謹慎にも おもってしまった。

どこを見ても 何を見ても
必ずといっていいほど ちょこちょこっと 映っていらっしゃる。
あまり年齢のくぐりを感じさせないかたである。
この福本清三さんの聞き書きを書いてらっしゃるのが 小田豊二さんだ。
このかたのたいこもち 幇間の本も面白い。
テープを2台つかっての 何気ない会話から ちょっとしたエピソードまでを書きとめていらっしゃる。
どちらにも 情が脈打っていて 人の機微がしっかりと表われている。
あくまでも 出過ぎず やり過ぎず 
流れのままに 必死で生きてきた 斬られ役一代の姿を 
ひょうひょうととらえている。
読んでいると 本当に 無欲な人なんだなあ・・と
生きぬくこと 食べていくこと 続けることを基本に
必死な 真面目すぎる一本気な気質が伝わってくる。
もくもくとした 不器用なまでの福本さんの歩みと 周りの人情が 伝わってくる。

15歳で東映の大部屋に エキストラのような形で入り それからなんと45年
斬られ役一筋に生きてきた姿がまぶしい。
思わず お疲れ様!と 声をかけたくなってしまうような人柄だ。

寺島さんと松田優作さんの話じゃないが
この方も中村錦之介(のちの萬屋錦之介)さんに褒められてうれしかったという逸話がある
「陽炎の蝶」やったかどうか、はっきりしませんが、撮影中に錦兄に
「お前、死に方が上手だな」と言われたことがありますわ。
実は、これがとってもうれしかったんですわ。それで、その時に、
「斬られるのも芝居のうちだ。斬られるのがうまいということは、芝居が上手ということだよ」
とあの錦兄が言ってくれたんですよ。
私は芝居なんかしてるつもりはなかったんですけど、(ああ、斬られて死ぬのも芝居のうちなんだ)
と思いましたね、その時。そんなこと、考えてもいませんでしたからね。
・・・
ーーーーーー以下つづく。

人が一生にかかわる仕事を持つ時に この褒められるってことが 重要なことかもしれない。。
それから斬られ役一筋がはじまったようだ。


スポンサーサイト




テーマ:こんな本を読んだ - ジャンル:本・雑誌


コメント
素敵なお姉さまなのよね
本当に フフフのお姉さまですね!
本当に素敵なお姉さまなんですよね
夜中におねえさんの アパートにいくと
お弁当に生姜で 早く帰れ!とか書いてあって
かみ締めながら食べたこととかが書かれていました。
私もこういう本を御風呂で読むのが大好きで
何回も何回も読んでしまいます。
気に入ると かるーく何回でも読んじゃうのよね。
お兄様もいい人だし 奥様も素敵だし。
家族がすばらしいのですよね。
うらやましい限りです。
[2008/03/16 01:02] URL | ちわわん☆にゃあ #vkcXtX9g [ 編集 ]

私も読みました
以前寺島さんが紹介されたのを見て私も読みました。両親が時代劇好きで子供の頃から時代劇を見ていて、いつも見かける方、お名前が分からず、福本さんの独特のメイクがハスキー犬に似ていたことから「ハスキーのおっちゃん」と呼んでいたのですが今思うと大変失礼ですよね。
ご本の中でお姉様の事が出てくるのですが、私はそのお姉様も素敵だなと思いました。福本さんのためにお給料の交渉をされたり、お給料日に2人で美味しい物を食べようと出かける途中で福本さんが素敵な服を見つけると食事はやめて当時ではものすごく高かったその洋服を買ってあげたりと本当に弟思いの素敵なお姉様だなと思いました。
私たちの知らない映画の華やかだった時代の日常とは違う世界を垣間見ることができ、そして子供の頃家族で楽しく見ていたテレビ時代劇の裏側で起こっていた事を知ることが出来て、とても面白い本でした。
[2008/03/16 00:56] URL | さんご #- [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://terajimasusumusan.blog37.fc2.com/tb.php/89-abd09f3c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Design&Material By MOMO'S FACTORY