FC2ブログ
ちわわんと言うハンドルネームと、タイトル名と、この名前を作ってから・・・いつの間にやら 20年余りも経過しちゃったなぁ~・・・あの頃は、タグ打ちの時代で、同じ名前は登録できなかった時代だったのになぁ~~~・・・Windows95のホームページの時代から考えると、すごいわよねぇ。。写真もコメントもさくさく入れられるようになっちゃって驚いちゃうわよね( *´艸`)

12<<  2021.01 >>02
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 

ひとりごと・・

ちわわん

Author:ちわわん
知り合った多くの友人たちに。
感謝をこめて。

↑写真はぷりんちゃん15歳6ヶ月と20日(2015年6月20日没)と
3年前に5月7日に17歳で亡くなったその母ムーバです。

静岡市在住の。
ご近所の犬ともだちさんへ。
ありがとうの言葉を添えて☆

長い犬人生と映画など色々。
20年程前のホームページも合体しました。
これからもよろしくお願いいたします。


最近の想い出綴り


最近のコメント


分類


あしあと


QRコード

携帯用にどうぞ。

QRコード


リンク

このブログをリンクに追加する


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


「Kids Return キッズ・リターン」 1996年 北野武監督 その4
「Kids Return キッズ・リターン」 1996年 北野武監督 その4

『キッズ・リターン』原作:ビートたけし 田村章著  

”おれの心臓は、さみしいひろいボクシングジムだ
 だれもいないのにサンドバックだけが唸っている
 もしおれが夢の中で
 相手のボクサーに一発ノックダウンを喰らわせたら
 町じゅうの不幸な青年たちは
 一斉に目をさますだろうか?”
と、寺山修司は言った。

☆ーーー☆ーーー☆ーーー☆ーーー☆

シンジもマサルも、
なぜ、寺山修司を知らなかったのだろう。
バカだからだ。

けれど、
もしも、寺山修司がいまも生きていたら、
たぶん、彼は、ふたりのバカを愛してくれたはずだ。
ふたりを主人公に紡がれるドラマが、
悲劇なのか、喜劇なのかは、ともかくとして。

☆ーーー☆ーーー☆ーーー☆ーーー☆

寺島が珍しく、
「ちょっと話があるんだ」
と、マサルに連絡をとってきた。

迎えの車に、寺島も堅い表情で座っていた。
「どこに行くんですか」とマサルが訊くと、
「黙ってついてくりゃいいんだよ」
と、くぐもった声で言う。

車が向かったのは、
いつか、寺島が、
神戸のヤクザを撃ち殺した倉庫だった。
・・・・

木村と柳田が、
「すみませんすみません」
と、泣きながらマサルを殴りつづける。
マサルは抵抗しない。
けれど、寺島たちに詫びもいれない。

ぼんやりと、明り取りの窓を見上げ、
へらへら笑いながら、殴られ、蹴られ、
間接をひねられ、倒され、頭を踏まれる。

バカ野郎、バカ野郎、バカ野郎、バカ野郎、
バカ野郎・・・・・。

ずーっと、バカってばかり言われてたんだよなあ。
そんなふうに思うと、
また、薄っぺらな笑いが浮かぶ。

ほんと、バカだよ、オレって・・・・。

スポンサーサイト




テーマ:気になる本・雑誌 - ジャンル:本・雑誌


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://terajimasusumusan.blog37.fc2.com/tb.php/671-a50e87d6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Design&Material By MOMO'S FACTORY