ちわわんと言うハンドルネームと、タイトル名と、この名前を作ってから・・・いつの間にやら 20年余りも経過しちゃったなぁ~・・・あの頃は、タグ打ちの時代で、同じ名前は登録できなかった時代だったのになぁ~~~・・・Windows95のホームページの時代から考えると、すごいわよねぇ。。写真もコメントもさくさく入れられるようになっちゃって驚いちゃうわよね( *´艸`)

05<<  2018.06 >>07
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 

ひとりごと・・

ちわわん

Author:ちわわん
知り合った多くの友人たちに。
感謝をこめて。

↑写真はぷりんちゃん15歳6ヶ月と20日(2015年6月20日没)と
3年前に5月7日に17歳で亡くなったその母ムーバです。

静岡市在住の。
ご近所の犬ともだちさんへ。
ありがとうの言葉を添えて☆

長い犬人生と映画など色々。
20年程前のホームページも合体しました。
これからもよろしくお願いいたします。


最近の想い出綴り


最近のコメント


分類


あしあと


QRコード

携帯用にどうぞ。

QRコード


リンク

このブログをリンクに追加する


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


臨済寺 今川義元公命日、特別拝観。その3 茶室と竹千代の部屋
部屋
こちらは、
徳川家康が竹千代の時代に
預けられていたとされるお部屋。

せっさい
雪斎禅師によって
教育がなされたのであろうか?

ただ・・・
私が子供だった頃や
若かった頃には
普通に。こちらの庭で、
わいわいと遊ぶことができ、
池の周りを駆け回り・・
蛇やカエルを捕まえて遊んだ記憶があるのだが・・

いつの頃からか
門戸は閉ざされてしまったのが。
とても残念だ。。

重き
家康公の有名な言葉が、
描かれたものは、もう、読めないくらいになってしまっていて
こちらは、
慶喜公が後生に描かれたものらしい。

庭
こちらのように・・・
庭の下から上を見上げてみると。
上の方に、お茶室が見えているのだが・・

この茶室へは・・・

階段
こちらのような
狭くて、崖縁に繋がっている

階段
細い階段を上っていくようになっていて。。

茶室
小さな・・
茶室にたどり着く。。

その昔。
私たちの若かりし頃。
お茶会が毎週のように開かれていて
裏千家でも。表千家でも
華やかに執り行われていて
私も数階。
友人達と着物を着て、行ったものだったなぁ~

今では、
まったく、開かれることはないのだとか・・
ちょっと。もったいないような気持がするのだが、、なあ。

上から
上から・・・
下の庭を臨むと・・・

庭
こんな感じであって。

ひょうたん
ひょうたん型の池が
はっきりと解る。

また
また・・・
屋根越しには・・・

街
静岡の街並みが
見下ろせる~

庭
歴史好きな方は

一度訪れてみて欲しいですねぇ~~

終わり。
スポンサーサイト


コメント
nohohonさんへ
こちらも、もう少し、昔は敷居が低かったというか
普通に門戸を開いていたのですが・・
だんだんと、
一般の人をいれなくなってしまって、
とても残念です。

佇まいもそれに、ともなって、
どんどん変化してしまっていて、
裏山も浅間神社まで、続いていて
お茶室の横からあがっていって
浅間神社から降りてくるなんてことも
普通にできたのですがねえ。

また、浅間神社も、古墳がいっぱいあって
普通にその古墳の中にも入れて
遊べたので、
なんと、今では想像するだけで怖いのだけれど
石棺の中に入って、
遊んだりしました。

そんな場所が沢山ありましたが
今では、鉄格子がはめられていて
中には入ることも出来なくなって、
今の子供達はここに、古墳があったことも
知らないのではないかしらねええ?
[2018/05/26 05:28] URL | ちわわん #- [ 編集 ]


立派なお屋敷そして、素晴らしいお庭

<子供だった頃や
若かった頃には
普通に。こちらの庭で、
わいわいと遊ぶことができ、
池の周りを駆け回り・・

なんとも羨ましい限りです
歴史を身近に感じておられたんですね~。
[2018/05/25 07:27] URL | nohohon #- [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する



Design&Material By MOMO'S FACTORY