FC2ブログ
ちわわんと言うハンドルネームと、タイトル名と、この名前を作ってから・・・いつの間にやら 20年余りも経過しちゃったなぁ~・・・あの頃は、タグ打ちの時代で、同じ名前は登録できなかった時代だったのになぁ~~~・・・Windows95のホームページの時代から考えると、すごいわよねぇ。。写真もコメントもさくさく入れられるようになっちゃって驚いちゃうわよね( *´艸`)

08<<  2018.09 >>10
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 

ひとりごと・・

ちわわん

Author:ちわわん
知り合った多くの友人たちに。
感謝をこめて。

↑写真はぷりんちゃん15歳6ヶ月と20日(2015年6月20日没)と
3年前に5月7日に17歳で亡くなったその母ムーバです。

静岡市在住の。
ご近所の犬ともだちさんへ。
ありがとうの言葉を添えて☆

長い犬人生と映画など色々。
20年程前のホームページも合体しました。
これからもよろしくお願いいたします。


最近の想い出綴り


最近のコメント


分類


あしあと


QRコード

携帯用にどうぞ。

QRコード


リンク

このブログをリンクに追加する


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


『空海―KU-KAI― 美しき王妃の謎 』の映像の美しいこと。❤
パンフレット
↑『空海―KU-KAI― 美しき王妃の謎 』の
映画のパンフレットより・・


楊貴妃
この作品。
私はとっても素晴らしいと思ったのだけれど。。

楊貴妃
なぜに、
こんなにも評価が低いのだろうか?
不思議だわ。。。

なぜに??

壮大
まあ。。壮大で、
圧倒的な映像美が、
ぐんぐんと画面一杯に迫ってきて。

楊貴妃
その画面からこちら側に
飛び出してきているかのような。

宴
一緒に、
主人公達と、
その、夢かうつつか・・・まぼろしか・・じゃないけれど。(o^^o)

鶴
その、最中に入り込んでしまっているかのような錯覚を起こさせるような
映像美が迫ってくる。

とにかく
とにかく美しい。。
もう、言葉が見つからないくらい
夢の世界でも
これほどに美しくは描けないだろうというくらい
美しい映画だわ。。

鶴
見始めた時には、
ちょっと、その極彩色の世界に
度肝を抜かれて
目を見開いているうちに
するすると
その物語の世界へと
誘われてしまっていくような、
そんな感じのする映画。。

鶴
今の若い人達のコメントを読んでいると。
出てくる人達の名前になじみがなくて
なんで、こんな名前を使用するんだ?
とか。
普通に、日本人の名前でいいじゃないか・・とか
話の流れが見えないとか
書かれていたっけなああ。。

tobu
要するに、
私たちの若い頃とは時代が違うということか。。。

私たちの中・高校時代には、
古文や漢文がかなりの割合を占めていて

白楽天
李白や、白楽天の詩を読んだり、
解釈したりする授業が多くあり、
『長恨歌』なども、
シスターが懇切丁寧に教えてくれたものだったなぁ。。。

仲麻呂
また、玄宗皇帝や、楊貴妃。
阿倍仲麻呂などのお話も、
昔は偉人伝とか、伝記とかで読んでいた人も多く、
まあ。今と違って
それほど、楽しみもなかったと、言えばそうだが。。(笑)

みんなが読書が大好きだった時代だったなああ。。(笑)

そういった名前に、
なじみの無い、若い世代には、
受けが悪いのかもしれない。

猫
また、そのまんま
夢枕獏さんの原題のままでも、良かったのに。
なぜに。
日本名の映画の題名を、
『空海―KU-KAI― 美しき王妃の謎 』。と。
空海をつけたのだろうか?

空海
空海と言っても、
『陰陽師』の中の安倍晴明のようなもの。
法師自体のお話ではないのだから・・・

そんなこともあり、
シニア世代がとても多かった映画館。

猫
私たちの時代には
夢野久作であったり、久生十蘭であったりと。
こういったタイプの作者も多かったなああ。

夢枕獏さんは、ずいぶん後から出てこられて
幻獣や、魔獣もので有名になられた方だったなああ。。

李白
さて。さて。
私は、この作品を、
まず観る気になったのには、
この監督さんが大好きだったから。。

陳 凱歌( チェン・カイコ―)さん。
もう・・
ずいぶんと昔に観た、
『さらば、わが愛/覇王別姫』
この映画に大感動してしまって、
大泣きに、何回も観たことがあったなああ。
そういえば・・
レスリーチャンを想い出すな。。。

『始皇帝暗殺』や、『花の生涯〜梅蘭芳〜』も好きだったなあ。。

そんなこともあり、
一にも二にもなく、観に行ったのよねえ。。(o^^o)

よかったら。
一度見て見たら?どうかしら?

行程
ちょっとした、
下地があると、良いのだけれど。。
そういう事を抜きにして観れば
最高に面白い映画じゃないかと。。

まああ。。
妖猫伝とも、
言えなくはないけれど。

こい
150億円を掛けたという
そのセットがスゴイ。。
CGと勘違いされてしまうのだけれど。
全て本物で撮っているのが、また、すごい。

メイキングを観ても。
そのすごさが解る。。

ぜひぜひ。
観に行ってほしいなあああ。。

私は気に入って
映画のパンフレットを買って帰ってきてしまったわ。(o^^o)

ただ一つ。。
吹き替えは必要なかったのでは?
とも。思う。。

写真は、サイトからお借りしてきました。
スポンサーサイト


コメント
nohohonさんへ
素敵な映画でしたよねええ。
あれ。。
すごいですよね。

中国での建設の様子から
セットの様子も、
ユーチューブでアップされていて
観ていておもしろいですよ。

監督さんの話なども。
ちゃんと日本語訳がついて載っています。

あれだけの豪華なセット。
そのまま、映画村みたいにして残して欲しいような気がします。

猫に関してはのってなかったなああ。。
あの頭に乗って変化するところは
CGだろうなああ。。やっぱり。

摩訶不思議な世界観
良かったですねええ。
私は大好きです。(o^^o)

韓国の映画は苦手なんですが。
中国映画は好きなものがありますねええ。
[2018/03/04 12:45] URL | ちわわん #- [ 編集 ]


今日、見てきたところです^^
CGとだと思っていましたが
全て本物なのですね!
あの猫はどうやって撮ったのでしょうか?
不思議な世界を上手に表現されてましたね。
[2018/03/02 16:48] URL | nohohon #- [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する



Design&Material By MOMO'S FACTORY


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。