FC2ブログ
ちわわんと言うハンドルネームと、タイトル名と、この名前を作ってから・・・いつの間にやら 20年余りも経過しちゃったなぁ~・・・あの頃は、タグ打ちの時代で、同じ名前は登録できなかった時代だったのになぁ~~~・・・Windows95のホームページの時代から考えると、すごいわよねぇ。。写真もコメントもさくさく入れられるようになっちゃって驚いちゃうわよね( *´艸`)

08<<  2020.09 >>10
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 

ひとりごと・・

ちわわん

Author:ちわわん
知り合った多くの友人たちに。
感謝をこめて。

↑写真はぷりんちゃん15歳6ヶ月と20日(2015年6月20日没)と
3年前に5月7日に17歳で亡くなったその母ムーバです。

静岡市在住の。
ご近所の犬ともだちさんへ。
ありがとうの言葉を添えて☆

長い犬人生と映画など色々。
20年程前のホームページも合体しました。
これからもよろしくお願いいたします。


最近の想い出綴り


最近のコメント


分類


あしあと


QRコード

携帯用にどうぞ。

QRコード


リンク

このブログをリンクに追加する


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


『シコふんじゃった。』 1992年 周防正行監督、脚本
『シコふんじゃった。』 1992年 周防正行監督、脚本



日本アカデミー賞(1992年)第16回 作品賞、監督賞(周防正行)、
          主演男優賞(本木雅弘)、助演男優賞(竹中直人)
ブルーリボン賞(1992年)第35回 作品賞、監督賞(周防正行)、
          主演男優賞(本木雅弘)
報知映画賞(1992年)第17回 作品賞、主演男優賞(本木雅弘)、
          主演女優賞(清水美砂)
キネマ旬報賞(1992年)第66回 作品賞、監督賞(周防正行)
毎日映画コンクール(1992年)第47回 日本映画大賞
高崎映画祭(1992年)第7回 作品賞

と、まあ。すごい賞の数々。。
こんなにこの作品取ってたんだ。。
と、いまさらに知って 驚いている私です。

この映画を見た時には、
そんなこととは、露知らず。

この作品は、みなさん、
強烈に印象に残っている人が多いのでは、ないだろうか?
と、思う作品。

私としては、この作品の方を、先にみてしまっていて、
その後に、『ファンシーダンス』の方を、見たのだが、
製作年数からいくと、
逆だったのだな。。。と。はじめてしった。

記憶というものは、あいまいで、
ましてや、この頃になると、怪しいかぎりである。
喉元までも、出掛かってはいても、
その先に出てこないなんて いうことが、
ままあるのだが、情けないものだ。

この『シコふんじゃった!』の映画を
今、現代の、多くの若い人たちにこそ、
観てほしいかな。。と思える作品で、

マイナーな相撲部を通しての、
多くのメッセージが、受け手によって、
多種多様にも、伝わってくるものが色々ある。

今風な若者の生き方を通して、
楽をして、世渡りうまく生き残っていくか、
不器用でも、
一日、一日を大事に生きていくか。。
の差である。

自分なりに、今しかない青春を、
懸命に、生きるということも、
必要ではないか?

地味ではあっても、
自分が満足できる充実感を得る。
そんな学生時代を、送ってほしいかな。

若いときは2度ない。。

また、この正子という、女性のあり方にも、
ほろろろ。。。と、共感してしまう。
ねばり強く、我慢強く、忍耐強い。
決して表には出しゃばらず、
そっと力づけてゆく 優しさ。思いやり。
そんなものも、心をうつ 作品である。

めいっぱいに、
自分の、今を、生きる若者であってほしいとの、
願いをこめて、
この作品は、若い人達に、沢山みてほしい。

また、竹中直人さんの
捨て身とも思える、コミカルな演技が、
もうもう、笑いどころとなっている。
ほんと、上手な方だよねえ。。
ピーの時の 動作には 笑ってしまった。

泣かせて、笑って、
なんて素敵な作品なんだろう。


六平直正さんが、
髪の毛 ふっさふさでご出演、
珍しいかもお。

スポンサーサイト




テーマ:★おすすめ映画★ - ジャンル:映画


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://terajimasusumusan.blog37.fc2.com/tb.php/424-a554c7c1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Design&Material By MOMO'S FACTORY