偲ぶ想いと・・・新たなる出発と想い出を。

04<<  2017.05 >>06
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 

ひとりごと・・

ちわわん

Author:ちわわん
知り合った多くの友人たちに。
感謝をこめて。

↑写真はぷりんちゃん15歳6ヶ月と20日(2015年6月20日没)と
3年前に5月7日に17歳で亡くなったその母ムーバです。

静岡市在住の。
ご近所の犬ともだちさんへ。
ありがとうの言葉を添えて☆

長い犬人生と映画など色々。
20年程前のホームページも合体しました。
これからもよろしくお願いいたします。


最近の想い出綴り


最近のコメント


分類


あしあと


QRコード

携帯用にどうぞ。

QRコード


リンク

このブログをリンクに追加する


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


わんこと 岡部宿大旅籠柏屋の等身大のお雛さまを~~その3
下田へワンコ友達と旅行中~戻りましたらお邪魔させていただきますので
コメント欄へ書かれるときは・・
必ずお名前かURLをお願いいたします~ 


わんこ

以前は・・・訪れる人も ほとんど居なくて閑散としていて・・・
ワンコも奥まで入れてくれたのだけれど・・・
これほどに綺麗になってしまった今は、
やはり、ワンコは入り口でお留守番と言うことになりました。(=^・^=)

それでも、親切に係りの方たちが見ていてくださいましたよ~(=^・^=)

以前

↑以前・・・・
リアル感を出すために置かれていた 人形も・・・
逆に着ているものも人形も古びていて・・・怖かったのを覚えている。(笑)

かえってこの人形たちは、いっそのこと 無かったほうがいいのでは?っと。
友人達と話したものだったなああ。。(笑)

ぴかぴか

↑でも、今はどこもかしこも・・・ぴっかぴか。。

大きな

よくひな祭りのお雛さまの宣伝で・・・
人形師・・好光という名前を聞かれたことがあるだろうか?
しょっちゅう宣伝をしているので 

よしが3つで 好光ぅ~♪・・・という歌までが記憶にとどめているのだが・・・

三人官女

その岡部町出身の人形師藪崎好光氏が
65歳で自らの技術向上のために製作を始めて、
1969年に完成したという・・等身大のお雛さま15体!

五人囃

2005年に藪崎氏の家族から同町に寄贈されて以来、
毎年展示されてているのだが・・・

でも

今回は屋敷全体が綺麗になっていたので・・・
いっそうきらびやかさが目だっていた。

儒者

以前古い屋敷に飾られていた時には・・・
屋敷の古さに反し過ぎていて・・・違和感があったのだが・・・
今回は 普通に似合っていたなぁ・・・(=^・^=)

そして

↑そして!もう一つ。

こちら
(↑クリックすると大きくなります)

こちら

↑私が見たかったお雛さまはこちら!

数年前にも、、ひな祭りの時に書いたことがあるのだが・・・
静岡は雛道具造りで盛んな街だったので・・・
60代 70代の方の家のお雛さまはほとんどが御殿つきのこのタイプ。

もちろんこれほど大きくはありえないが・・・
それでもやはり・・白木造りの屋敷が3個に分かれていて
お内裏さまや三人官女それぞれが 屋敷の中に入るタイプのものだった。
その屋敷の両隣に将基さんたちが居て 番をしていて
一番右側の屋敷には5人囃たちが入り 階段下には従者の3人が・・・

飾るにも一苦労で・・・場所もとる。
兄貴がお内裏様の首をとってしまったりして 祖母が怒り狂ったものだった。(笑)

あちこち悪戯をしてしまい、
白木の御殿にいたずら書きまで・・・そんな時代を想い出すなぁ~~~

この頃とみに・・・
昔のことを 鮮明に想い出すことが多くなった。

なんでしょうねええ。。。やっぱ。歳かしらねぇ。。。。

今思うと・・・
数年前に引越しのために 神社で焼いてもらったことが悔やまれる・・・・

だけれども・・・
場所をくってしまって置いておけなかったのも事実だしねええ。。。

ちょっとだけ・・後悔が・・・・・

ただ・・・その後の世代は・・
御殿つきのお雛さまを持っている人は 嫁にいきおくれるという 噂があったせいなのか・・
御殿が付いていなくなったのよねぇ・・・・(=^・^=)

おひなさま
(↑クリックすると大きくなります)

おひなさま

↑左側。

真ん中
(↑クリックすると大きくなります)

真ん中

↑真ん中。

右
(↑クリックすると大きくなります)

右

↑右側

下

↑下の牛車の・・・

うしさん

↑牛さんが なんとも かわいいこと❤ (=^・^=)

こちらの超豪華な御殿飾は・・・
岡部宿の山内家に伝わっいた江戸時代のひな飾り。

京都御所を模した3棟の建物に、
内裏びなを中心に40体以上の人形を並べて、華やかな宮中を再現しているのがすばらしい!

静岡のお雛さま人形文化が・・この頃は薄れてしまって・・・
雛人形すら買わなくなってしまったような・・・とても残念だなあ。。。

その3につづく。

旅行から帰ったら また訪問させていただきます~
スポンサーサイト


コメント
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
[2016/03/27 21:00] | # [ 編集 ]

承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
[2016/03/27 00:45] | # [ 編集 ]

承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
[2016/03/26 01:07] | # [ 編集 ]

承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
[2016/03/25 19:55] | # [ 編集 ]

承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
[2016/03/25 13:41] | # [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[2016/03/25 10:41] | # [ 編集 ]

承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
[2016/03/25 09:04] | # [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[2016/03/25 09:04] | # [ 編集 ]

承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
[2016/03/25 07:45] | # [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する



Design&Material By MOMO'S FACTORY