ちわわんと言うハンドルネームと、タイトル名と、この名前を作ってから・・・いつの間にやら 20年余りも経過しちゃったなぁ~・・・あの頃は、タグ打ちの時代で、同じ名前は登録できなかった時代だったのになぁ~~~・・・Windows95のホームページの時代から考えると、すごいわよねぇ。。写真もコメントもさくさく入れられるようになっちゃって驚いちゃうわよね( *´艸`)

07<<  2017.08 >>09
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 

ひとりごと・・

ちわわん

Author:ちわわん
知り合った多くの友人たちに。
感謝をこめて。

↑写真はぷりんちゃん15歳6ヶ月と20日(2015年6月20日没)と
3年前に5月7日に17歳で亡くなったその母ムーバです。

静岡市在住の。
ご近所の犬ともだちさんへ。
ありがとうの言葉を添えて☆

長い犬人生と映画など色々。
20年程前のホームページも合体しました。
これからもよろしくお願いいたします。


最近の想い出綴り


最近のコメント


分類


あしあと


QRコード

携帯用にどうぞ。

QRコード


リンク

このブログをリンクに追加する


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


ガラスの森美術館 所蔵品 その4 香水瓶
チョコレートコスモス

↑こんな色のコスモスって 知ってらっしゃるかしら? 

チョコレートコスモス

↑私は初めて見たのだけれど・・・
 チョコレートコスモスって言うんんだってぇ~~❤

知らなかったなああ。。こんな色のコスモスがあるんだね!

こちらも

↑こちらも。

入り口

↑入り口近くで見つけた サンザシの実!

サンザシ

↑名前は聞くけれど 見るのは初めてだったり。。。へぇ~~~

さて

↑さて・・・美術館の方にでも 行ってみましょうか。。

入り口

↑入り口の窓から眺める景色が・・・

窓

↑同じ景色でも・・眺めてみる窓によっても・・・変わりますねぇ~(o^^o)

窓

↑全部同じ所を見ているのだけれど・・・面白いね!(o^^o)

今回は

↑ 今回は・・・
 ” 特別企画展:魅惑の香水瓶 ─貴族が愛した香りの芸術─”をやっておりました。

古くより神々に捧げられ、神秘的な力を秘めた香りは、
やがて貴婦人の間で、
自らを魅力的に表現する香りの「宝石」として、衣装や宝飾品とともに広まっていきます。

なかでも、
イタリアを代表するメディチ家のカテリーナ・デ・メディチは、
1533年フランス王アンリ2世のもとに嫁ぐ際、
ヴェネチア製の大量の鏡や調度品を持参した他、
ガラス職人や自らの調香師を連れていきました。

このことが、
香水とガラス香水瓶がフランス貴族間で広まるきっかけとなり、
以後ヨーロッパ貴婦人たちは、
自身の趣味や嗜好、審美眼を反映させた香水や、
多種多様な素材で魅惑的なデザインの香水瓶を創らせるようになりました。

本展覧会は古来より人々の心を魅了してやまない、
甘美な香りの世界を彷彿とさせるガラス香水瓶を中心に、約160点をご紹介いたします。

と、チケットには書かれておりました。

まあ

↑まぁ~ 綺麗だこと!

たまらないわ

↑たまらないわぁ~~

紅葉のガラスの森 その5につづく。。

コメント欄は承認後表示と書いてありますが、非公開として読ませていただきます。
のんびりとですが・・・
お返事を書きに伺わせていただきます。
ありがとうございました。

スポンサーサイト


コメント
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
[2015/11/17 12:37] | # [ 編集 ]

承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
[2015/11/16 22:58] | # [ 編集 ]

承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
[2015/11/16 21:18] | # [ 編集 ]

承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
[2015/11/16 20:26] | # [ 編集 ]

承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
[2015/11/16 19:46] | # [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[2015/11/16 15:20] | # [ 編集 ]

承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
[2015/11/16 10:26] | # [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://terajimasusumusan.blog37.fc2.com/tb.php/3833-374997ad
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Design&Material By MOMO'S FACTORY