FC2ブログ
ちわわんと言うハンドルネームと、タイトル名と、この名前を作ってから・・・いつの間にやら 20年余りも経過しちゃったなぁ~・・・あの頃は、タグ打ちの時代で、同じ名前は登録できなかった時代だったのになぁ~~~・・・Windows95のホームページの時代から考えると、すごいわよねぇ。。写真もコメントもさくさく入れられるようになっちゃって驚いちゃうわよね( *´艸`)

01<<  2021.02 >>03
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 

ひとりごと・・

ちわわん

Author:ちわわん
知り合った多くの友人たちに。
感謝をこめて。

↑写真はぷりんちゃん15歳6ヶ月と20日(2015年6月20日没)と
3年前に5月7日に17歳で亡くなったその母ムーバです。

静岡市在住の。
ご近所の犬ともだちさんへ。
ありがとうの言葉を添えて☆

長い犬人生と映画など色々。
20年程前のホームページも合体しました。
これからもよろしくお願いいたします。


最近の想い出綴り


最近のコメント


分類


あしあと


QRコード

携帯用にどうぞ。

QRコード


リンク

このブログをリンクに追加する


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


『待ち伏せ』  1970年 稲垣浩監督
『待ち伏せ』  1970年 稲垣浩監督


三船敏郎、勝新太郎、萬屋錦之助、石原裕次郎、浅岡ルリ子、
有島一郎、北川美佳、

この映画の予告編に、
”日本映画界の主役 ここに集結!”と、書かれているが、
まさに そのとおりの作品に違いない。

この映画をよく 船頭が多すぎて・・・とは、
よく言われているのだが、
私は、これはこれで 楽しい作品だったと想う。

この頃にしたら 音楽も すごく斬新だったと記憶する。

みんなで わいわいと、映画の仕事ができれば、
それだけで十分だ・・と、思って、
製作した映画だったんじゃ ないだろうか?・・・
きっと。
そんな感じのする映画である。

ーーー 稲垣浩監督の息子さんの言葉が それを物語る。

いつも、あの、試写会に行くんじゃなくって、
昔、渋谷東宝ってあったでしょ?
小屋がはねてから 行くんですよ。
12時頃、あの、・・・
で、そこで、撮ったものを観てる。

だから、かなりの本数 そこで観たと思いますね。
もう、10人も居ないぐらいの、
あがったばっかりのフィルムだと、思うんですけど、

渋谷東宝で 観るときって、
オヤジはね、立って観るんですよね。

もたれて、ずっと、2時間、
それを、ひじょうに 不思議な、あれでしたけどねー

あのー、つまり、
一般的な観客、評論家とか、映画好きとかじゃなく、
普通の人が観て、どう、面白いんだ?・・・・
みたいなことを、
常に、気にしているっていうか。
それを、対象に創っているというか。
いう風な、部分があったと思いますねー。

それが、僕は ひどく、
ひどくいいなと思うんですよ。
『無法松の一生』も、そのーえー、ベニスのグランプリ、
取りますよね?
その時に、評論家の評は、イマイチだったっていう話なんですよね。

それで、大衆が、あまりにも、褒めてくれたんで、
評論家も、妥協せざるを得なかった・・と。

それは、だから、オヤジとしては、
それは、もう、ひじょうに、自分の思うとおりだったんじゃ、
ないかなあーーと。

大衆に、認められるというか、大衆が喜ぶものを、
創りたいっていうのは あったと思いますよ。
だから、ときどき、今見ると、
その、時代、時代ですから、
解りやすく創ってあって、
ちょっと、かったるく見えちゃう作品も、
あると思うんですよね。

が、それも、その時代に、
そのほうが、人は、解りやすかったんだろう・・
大衆は、こうだったんだろうと、
こういう、見極め方って、あったと思いますね。

芸術作品を、創ればいいじゃなくて、
そういう、思い上がった気持ちは、
あんまりなかったと、思うんですよ。

ーーーーー 
とても、優しい穏やかな性格の人で、
子供の時には、怒られたという、記憶がなかったらしい。

大作よりも、小品を創るのが好きだったようで、
大作をひとつ 創ったから、 今度は、小品を創らせろって、
言って、創っていたらしい。

また、実相寺昭雄監督の元で、息子が仕事していたときには、
試写会には、必ずやってきて、
新しいものに、挑戦する人たちを、応援するのが、
とても好きな方だったという。


そんなことからも、この作品への様子が、察しられる。

正直、話としては、いまいちで、
物語がちょっと、はしょりすぎていて、
状況が、読みきれないところが多い。

だけど、この頃、
ヤクザ映画ばかり創っていた、日本映画界が、
すっかりと、見放されてしまっていた頃だった。

みな、私の親などは、東映の時代劇の時代を懐かしんだ。
そんな時、業を煮やした 中村錦之介さんが、中村プロをつくり
『祇園祭』という映画を創り、
勝プロができ、石原プロができ、三船敏郎プロができる。

だけど、これだけの、各々のプロダクションをしょっている
大スターの方々が、とても仲良く交流していて、
お互いの映画に出たり、出てもらったりと、助け合っていて、
とても、ほほえましい。

監督さんや、撮影班に対しても、
恩義、友情、仲間意識が とても強かったようだ。
そんな結束の中、
仲間たちで わいわいと楽しく作った娯楽作品だったのだろう。

だから、お互いの、大スターの 良いところばっかりを
取り出して、合体させた映画になったんだろう。

なんといっても、大集結だもんね。 (笑)

話の内容とは別にして、
三船プロの作品って、時代劇にしたら いつも景色が美しい。
山の景色が多かったりするのだが、
とてもきれいな景色が とてもいい。

また、天下の石原裕次郎さんにむかって、
「おい、小僧!」っていえるのは、三船敏郎さんだけかもねえ。。

と、楽しく、今は亡き、大スターさんを観てください。

スポンサーサイト




テーマ:私が観た映画&DVD - ジャンル:映画


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://terajimasusumusan.blog37.fc2.com/tb.php/323-d512700d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Design&Material By MOMO'S FACTORY