FC2ブログ
ちわわんと言うハンドルネームと、タイトル名と、この名前を作ってから・・・いつの間にやら 20年余りも経過しちゃったなぁ~・・・あの頃は、タグ打ちの時代で、同じ名前は登録できなかった時代だったのになぁ~~~・・・Windows95のホームページの時代から考えると、すごいわよねぇ。。写真もコメントもさくさく入れられるようになっちゃって驚いちゃうわよね( *´艸`)

01<<  2021.02 >>03
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 

ひとりごと・・

ちわわん

Author:ちわわん
知り合った多くの友人たちに。
感謝をこめて。

↑写真はぷりんちゃん15歳6ヶ月と20日(2015年6月20日没)と
3年前に5月7日に17歳で亡くなったその母ムーバです。

静岡市在住の。
ご近所の犬ともだちさんへ。
ありがとうの言葉を添えて☆

長い犬人生と映画など色々。
20年程前のホームページも合体しました。
これからもよろしくお願いいたします。


最近の想い出綴り


最近のコメント


分類


あしあと


QRコード

携帯用にどうぞ。

QRコード


リンク

このブログをリンクに追加する


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


『素浪人罷り通る』 1981年から1983年
『素浪人罷り通る』 1981年から1983年 フジテレビの単発


なんとも懐かしいものを見つけてかりてみた。
やっぱり 面白いなぁ。。

なんて丁寧に作られているのだろう。
昔の時代劇って 密だね。
こまごまとしたところまで 気持ちがこもっている。

映画ばりにしっかりとした 内容だ。
これぞ 正統派時代劇っていう感じだね。

悪人の中にも 善の部分もあり、
善人であっても 卑屈で卑しい。

1981年の作品から始まって
1982年には 暁の死闘
1982年には 血煙の宿
1983年には 去るも地獄、残るも地獄
1983年には 涙に消えた 三日極楽
1983年には 矢立峠に 裏切りを見た

と 6作がみな素晴らしい。
どの話も飽きさせないし 面白いのだ。

じっくりと見るには すばらしい作品だ。
どれも 映画を一本見たかのような気持ちになる。

景色ひとつにしても、こだわりがある。
人数にしても、力の入れ具合が違う。
お金もかかっているんだろうな。

こんな風な時代劇・・もう見れないんだろうな。
また三船敏郎の殺陣がすばらしい。
やっぱり、世界の三船敏郎かもね。。

そういえば、昔の時代劇って、
ちゃんと着物も切れていたんだよな。
今の時代劇は もったいないが先にたち、
切れないまま死ぬ人が多い、
そんなところも 面白い。

こまごまとしたところに
見えない気が使われているのがいいな。


農民の中に ちろっと映る松重さんを発見。
二家元辰巳さんは 悪役で何度か登場。
寺島さんぽい 付き侍が・・
なあんてね。

三船芸術学院が 1981年創立で 
1984年にはなくなっているし、
宇仁貫三さんが 殺陣をなさっていた時代劇だから
ありうるかもね。

ふふふ。


スポンサーサイト




テーマ:ドラマ - ジャンル:テレビ・ラジオ


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://terajimasusumusan.blog37.fc2.com/tb.php/316-8eb60b61
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Design&Material By MOMO'S FACTORY