FC2ブログ
ちわわんと言うハンドルネームと、タイトル名と、この名前を作ってから・・・いつの間にやら 20年余りも経過しちゃったなぁ~・・・あの頃は、タグ打ちの時代で、同じ名前は登録できなかった時代だったのになぁ~~~・・・Windows95のホームページの時代から考えると、すごいわよねぇ。。写真もコメントもさくさく入れられるようになっちゃって驚いちゃうわよね( *´艸`)

12<<  2021.01 >>02
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 

ひとりごと・・

ちわわん

Author:ちわわん
知り合った多くの友人たちに。
感謝をこめて。

↑写真はぷりんちゃん15歳6ヶ月と20日(2015年6月20日没)と
3年前に5月7日に17歳で亡くなったその母ムーバです。

静岡市在住の。
ご近所の犬ともだちさんへ。
ありがとうの言葉を添えて☆

長い犬人生と映画など色々。
20年程前のホームページも合体しました。
これからもよろしくお願いいたします。


最近の想い出綴り


最近のコメント


分類


あしあと


QRコード

携帯用にどうぞ。

QRコード


リンク

このブログをリンクに追加する


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


羅生門 1950年 黒澤明監督 その2
羅生門 1950年 黒澤明監督 その2


長い長い ざあざあぶりの雨の中ではじまる。

この作品は 芥川龍之介の『藪の中』と言う作品が、
基本となっているが、
出だしは『羅生門』のほうだろうか?
微妙に入り混じっているような気がするが、
大昔に読んだままで 記憶は薄い。

鬼気迫る 躍動感があり、
見ているうちに、眼が離せなくなって、
眼をそらせることができない。

女とは、摩訶不思議なものだとも、
言っているようでもあり、
女の魔性が、色濃く顕われている。

三人三様な話の中、
四人目の 下人が現れることによって
それぞれの嘘と本当が よりはっきりと
明確に、見え隠れするようになる。

四人目も、含み、
それぞれが 本当のことと、
自分のプライドと、世間体を備えて
自分の願望とを、語っているところから、

どれが本当で、どれが嘘やら、
見ているほうには、
どれもが真実めいていて、
判断ができかねいていくのだが、
そこに、計り知れない 人間の業と欲が、
深層心理ゲームのような 面白さがある。

ミステリーでもある。

ま。。どっちみち、人間なんてこんなもの。

自分の中の 真実と信ずる思い込みも。
他人の眼から見た 真実だとする思い込みが、
一致するとは限らない。

人の心の 機微を、
怖いほど的確に 捉えている作品だ。

また 出演されている人たちも懐かしい。
まだ 出演されている皆さんが 生きているときに
作品を観ていた私には、
今改めて観ると、逆に、別な新鮮さがある。

森雅之さんも、有島武郎さんの息子さんだ。
この方の『雨月物語』が、
今も記憶に残る。
知性と気品の漂う方だったなあ。。

何が真実かは 本人のみぞ知ると、
よくいうが。。
この本人がまた、当てにならない。

自分に良きに計らうのが 人間の本能である。

スポンサーサイト




テーマ:心に残る映画 - ジャンル:映画


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://terajimasusumusan.blog37.fc2.com/tb.php/315-353e26d0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Design&Material By MOMO'S FACTORY