FC2ブログ
ちわわんと言うハンドルネームと、タイトル名と、この名前を作ってから・・・いつの間にやら 20年余りも経過しちゃったなぁ~・・・あの頃は、タグ打ちの時代で、同じ名前は登録できなかった時代だったのになぁ~~~・・・Windows95のホームページの時代から考えると、すごいわよねぇ。。写真もコメントもさくさく入れられるようになっちゃって驚いちゃうわよね( *´艸`)

12<<  2021.01 >>02
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 

ひとりごと・・

ちわわん

Author:ちわわん
知り合った多くの友人たちに。
感謝をこめて。

↑写真はぷりんちゃん15歳6ヶ月と20日(2015年6月20日没)と
3年前に5月7日に17歳で亡くなったその母ムーバです。

静岡市在住の。
ご近所の犬ともだちさんへ。
ありがとうの言葉を添えて☆

長い犬人生と映画など色々。
20年程前のホームページも合体しました。
これからもよろしくお願いいたします。


最近の想い出綴り


最近のコメント


分類


あしあと


QRコード

携帯用にどうぞ。

QRコード


リンク

このブログをリンクに追加する


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


羅生門 1950年 黒澤明監督 その1
羅生門 1950年 黒澤明監督 その1


そうだったのか・・
一説には『羅生門』の映画で黒澤明監督が
東京裁判の不条理を 間接的に 訴えようとしたのだそうだ。
イギリスのチャーチル首相が この映画見て、
それに気づいて 絶句したと言われている。

なるほど、それぞれに取っての言い分は、
それぞれの国のもと、
その国独自の考え方もあり、それがベストと信じて行った行為、
思想もあり、プライドもあり、啓蒙もあり、
果たしてなにが 正しかったのか・・と 問われると、
それは 私も常々、疑問に思っていたところである。
四人目は ちょうど、別の国の介入のようにも思える。

なるほどね。。そういう説もあったのか。
新たに頷く思いである。

私はこの映画で ムツカシイことを言おうとしているのでは
ありません。
どうか この映画をムツカシク見ていただかない事を希望します。
と、黒澤明監督ご自身は おっしゃっているけど、
見ようによっては 確かに、どうとでも見れる作品だ。

でも もともと 映画ってそんなものじゃないだろうか?
見る人の側の気持ち、事情 色んなものが相乗して、
感想もそれぞれに 変わることだろう。

わたしにしても 見たときの年齢、環境、子育て、と
そんなものが 微妙に作用して、
昔見たものが、今見てまったく同じ感想ということはない。

旅行した折に、羅生門跡地を実際に 見に行ったことがあるが、
なにもなかった。
公園ともいえないような場所に ぽつんと石碑が一つ。
なんとも あじけない。

昔萬屋錦之介の『子連れ狼』を見た後に 
一条戻り橋を見に行ったときにも
同じようにがっかりした事を想いだした。

歴史と共に、人生の轍と共に、
映画に関する 感想はかわる。

真実は闇の中・・・である。

スポンサーサイト




テーマ:日本映画 - ジャンル:映画


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://terajimasusumusan.blog37.fc2.com/tb.php/314-b667bab5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Design&Material By MOMO'S FACTORY