ちわわんと言うハンドルネームと、タイトル名と、この名前を作ってから・・・いつの間にやら 20年余りも経過しちゃったなぁ~・・・あの頃は、タグ打ちの時代で、同じ名前は登録できなかった時代だったのになぁ~~~・・・Windows95のホームページの時代から考えると、すごいわよねぇ。。写真もコメントもさくさく入れられるようになっちゃって驚いちゃうわよね( *´艸`)

09<<  2017.10 >>11
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 

ひとりごと・・

ちわわん

Author:ちわわん
知り合った多くの友人たちに。
感謝をこめて。

↑写真はぷりんちゃん15歳6ヶ月と20日(2015年6月20日没)と
3年前に5月7日に17歳で亡くなったその母ムーバです。

静岡市在住の。
ご近所の犬ともだちさんへ。
ありがとうの言葉を添えて☆

長い犬人生と映画など色々。
20年程前のホームページも合体しました。
これからもよろしくお願いいたします。


最近の想い出綴り


最近のコメント


分類


あしあと


QRコード

携帯用にどうぞ。

QRコード


リンク

このブログをリンクに追加する


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


『クンドゥン』 1997年 アメリカ映画
クンドゥン

『クンドゥン』(原題:Kundun)はダライ・ラマ14世の半生を描いた、1997年のアメリカ映画。

クンドゥン

マーティン・スコセッシ監督、メリッサ・マシスン脚本。

スな絵

1998年のアカデミー賞に於いて4部門がノミネートされた。

砂絵

一時、興味を持っていて
多くの本を読み漁ってみた御人である。

砂絵

今もって私には全てを理解出来得たとは思えない不思議の世界の人である。

砂絵

だが・・それと同時に畏敬の念をも強く抱いている。

砂絵

もともと宗教的な思想や倫理方面は好きな方ではあるのだが・・

クンドゥン

まったくどれにも捕らわれない無宗教のタイプである。

クンドゥン

探求することの方が好きなのだ。(笑)

クンドゥン

祖母は三島大社の宮司の家の生まれであり・・
養父や生母は三島大社の奥にある祖母の実家で育ち・・神道であったし。
幼稚園には仏教で。中学以降はカトリック女学校であったりしていて
まあ・・宗教とはご縁のある人生ではあったような。。

友人達にも色々な宗教の人たちも居たなぁ。。

ダライラマ

だが・・・今現代では宗教心そのものが薄れてきてでもいるのだろうか?

チベット

昔・・・私が通っていた頃には34人ほどもいらしたシスター達の数そのものが
なんと今では母校に一人も残っては居らっしゃらないのだとか。。信じられない・・・。

チベット

嘆かわしいと思うべきなのか。。

それとも・・・多種多様の人生に、
万人の為に祈りを捧げて我欲を捨てて・・
犠牲的献身と奉仕の精神を貫き通すということが
どんなにか難しくなってきていると言う事の証明なのだろうか。

ダライラマ

人の為に生きるより・・
己の為に生きることを望むようになったと見るべきか。

思いは様々である。

ラマ

『クンドゥン』この映画。
以前に観に行った時よりも、いたく感じ入った作品。

政治

つらつらと・・連ねられている・・・
ダライ・ラマ14世その人の生き様の全てに目が離せなくなってしまう。

政治

戦うことを好まず・・善意の精神を持って生きるチベットの人々。。
押し寄せる政治の波。。。中国共産党の嵐。。。

チベット

なかなかのどっしりとした作品で
見始めた時からの独特の緊張感が漂う作品で
全てに深く関って奥の底を覗いてみたいと思わせる魅力のある映画。

ダライラマ

ダライ・ラマさん御本人がかかわって創られている映画のため
若き日のダライ・ラマさんではなく
今現在の老成された後の考えの根底が伺えるような作品になっている。

ダライラマ

チベット

チベット

しかも、ダライ・ラマ14世を演じているのは彼の甥の息子さんだし、
母親役もダライ・ラマ14世の母親の親族の女性ということだし。
出演している人たちのほとんどが亡命チベット人で素人の方々ばかりだ。

ラマ

ダライ・ラマ14世の母方のご親戚とかも多数出演されている。

チベット

チベット

ダライラマ

人は一人では生きられない・・・

チベット

チベット仏教独特の世界観をも描いていて見事だというべき作品。

チベット

お勧めです。ぜひどうぞ!

砂絵9 じつは10
↑チベット密教の時輪曼荼羅

砂絵8
全て砂で描かれています。

砂絵
ダライ・ラマは著書の中で・・・

砂絵
「このマンダラの本質は『光』なのです」

砂絵
「正しく描かれ、加持されたマンダラを見ただけでも、
何劫にもわたって積み重ねてきた悪業を清めることが可能なのです」

砂絵
(ダライ・ラマ十四世 テンジン・ギャムツォ, 石濱裕美子(2001)『ダライ・ラマの密教入門』光文社)
と述べています。

砂絵

大地を照らす太陽のように、
時輪曼荼羅はあらゆる災いをはらい、大いなる幸福と成功をもたらすと言われているようです。

クンドゥン

宣託を受ける儀式やら・・生活様式やら・・見ごたえがある作品。

やっとやっとDVD化されたので 是非観て欲しい作品です。いかが?
スポンサーサイト

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画


コメント
”M” さんへ
あはははは。

きっと慈愛に溢れたおじいさんだったんでしょうねえ。。

色々なことを飲み込んでこられた 深いお顔をしています。
素敵な好々爺ですよねええ。。(=^・^=)
[2013/02/21 09:15] URL | ちわわん #- [ 編集 ]

ワンと3さんです。
ふふふ。不思議と毎日唄っていたミサなんて覚えてますでしょう?

私今でも歌えますよ。
あとはラテン語の唄だとか。。お祈りだとか。。

思春期に覚えたものって ずうっと忘れないものなんですよねええ。。
[2013/02/21 09:13] URL | ちわわん #- [ 編集 ]


ダライ・ラマ14世って偉大な方なんでしょうけど
どーも、日本のおじさんっぽい感じがする。
ウチのひいジィさんの写真にそっくりです。^^
[2013/02/20 23:35] URL | ”M” #- [ 編集 ]


ボクは中学以降の10年間はプロテスタントの学校でした。
なので一番慣れ親しんだのは聖書です。
で、今は毎日仏壇に線香に火をともし、チーンとしています。(笑)

洋画を見ていると倫理観や道徳観の背景に宗教が見え隠れしていて、なるほどなぁなどと一人で勝手に納得したりしています。^ ^;
[2013/02/20 19:35] URL | ワンと3 #- [ 編集 ]

babatyamaさんへ
色んな信者の要理だとか・・ミサだとか・・
色んなことに首をつっこみたがるところがあって・・
そういう倫理討論なんかが大好きな若い頃がありました。

今は。。なんだかなあ。。。ってぼんやりとした感じの人生で
死んだら野山に灰を撒いておくれってな感じです。(o^^o)
[2013/02/20 08:15] URL | ちわわん #- [ 編集 ]

かたんさんへ
是非是非一度観てみてくださいな。。

それぞれに想う事は違うけれど。。
感動の根っこは同じではないかと思います。

春めいた色に心うきうきしてしまう今日この頃です。(o^^o)
[2013/02/20 08:12] URL | ちわわん #- [ 編集 ]

ぱらママさんへ
宗教の為に生命をかけて・・・
これには脱帽ですねええ。。

私にはそういう盛り上がりが全くなくて。。。
どうしても客観的な目になってしまうのですよねええ。。

そういえば・・そろそろマーチン・スコセッシ監督が
遠藤周作の『沈黙』を撮りはじめましたねええ。。
どんな映画になったのやら・・・
[2013/02/20 08:10] URL | ちわわん #- [ 編集 ]

はやとうり さんへ
私はまったく別な意味で。。
お祭りしてくれる身内もいないので
そのまんま 野山にでも撒いてくれたらいいなと常々言っているのですが。。

お墓に入りたいとか・・思ったことがないのですよねええ。。

しいて入るというならば・・・
面白いことに養父や養母の眠るお墓に入りたいかなあ。。。(o^^o)
[2013/02/20 08:05] URL | ちわわん #- [ 編集 ]

アトムパパさんへ
この頃年齢的なものがあるのでしょうか。

昔と物の見方や感じ方が違ってきているなあっと感じることが多々あります。

心にズシンと響くことも。。。
涙が流れてきてしまうことも。。

また。違ってきてますねええ。。
[2013/02/20 08:03] URL | ちわわん #- [ 編集 ]


私も同じく?無宗教
探求心まで行かないけど
仏教にも聖書にもいろいろ興味ありです
[2013/02/20 07:02] URL | babatyama #ciZ.EuIc [ 編集 ]

こんばんわ♪
テンプレートがかわりましたね~。
素敵!です。

ちょっと興味ありの映画です~
今度見てみようかなぁ~
[2013/02/19 22:57] URL | かたん #- [ 編集 ]


✲◕‿◕✲おはよう✲◕‿◕✲ちわわん。

探究はできないど 見てみたいわー。

宗教って不思議ちゃんです。
宗教戦争をおこしている過去から現在・・その宗教では何をといているのやら・・・
いい教えばかりなのに 何でだろう 昔から謎(・・?

テンプレート 一足早く 春ですね。とっても良いですよ(*゚▽゚*)
[2013/02/19 10:21] URL | ぱらママ #- [ 編集 ]


これ何だか興味深そうな映画ですね
DVDであるのですね

私も全くの無宗教です
宗教とは無縁の中で生まれ育ち今までの人生で
仏壇のある生活を全く経験していないのです
これも珍しいでしょ!!
私がこの世におさらばした時も仏壇は入らないと遺言に
書こうと思っています
[2013/02/19 09:18] URL | はやとうり #- [ 編集 ]


ブログのフォーマット、変わりましたね!
きれいですよ~!
[2013/02/19 08:22] URL | アトムパパ #ulYx6Mu6 [ 編集 ]


こんにちわ。

マンダラ、ドッコショ、チベット密教は難しそうですね~。
私も神秘的なこと、大好きです。
[2013/02/19 08:20] URL | アトムパパ #ulYx6Mu6 [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する



Design&Material By MOMO'S FACTORY