FC2ブログ
ちわわんと言うハンドルネームと、タイトル名と、この名前を作ってから・・・いつの間にやら 20年余りも経過しちゃったなぁ~・・・あの頃は、タグ打ちの時代で、同じ名前は登録できなかった時代だったのになぁ~~~・・・Windows95のホームページの時代から考えると、すごいわよねぇ。。写真もコメントもさくさく入れられるようになっちゃって驚いちゃうわよね( *´艸`)

12<<  2021.01 >>02
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 

ひとりごと・・

ちわわん

Author:ちわわん
知り合った多くの友人たちに。
感謝をこめて。

↑写真はぷりんちゃん15歳6ヶ月と20日(2015年6月20日没)と
3年前に5月7日に17歳で亡くなったその母ムーバです。

静岡市在住の。
ご近所の犬ともだちさんへ。
ありがとうの言葉を添えて☆

長い犬人生と映画など色々。
20年程前のホームページも合体しました。
これからもよろしくお願いいたします。


最近の想い出綴り


最近のコメント


分類


あしあと


QRコード

携帯用にどうぞ。

QRコード


リンク

このブログをリンクに追加する


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


『用心棒』    1961年 黒澤明監督
『用心棒』    1961年 黒澤明監督


またまた 寺島進さん出演作品とは
まったく関係ない作品の感想を・・。

ぼんやりとしつつも、
映画『用心棒』を観て見た。

つい2日ほど前に観た 『椿三十郎』の続きとでも
言いましょうか?
いや、この『用心棒』の方が先で、
続編として『椿三十郎』が創られていたらしい。
知らなかった。

作品中、三十朗が自分の名前を名乗るとき
目の前に広がる 広大な桑畑を眺めて
桑畑三十朗だと 名乗るシーンがあって、
あれ。。って気がついたのだ。

なんとなんと、本当に知らなかった。
たわわの椿の花々を眺めて 
椿三十朗だと名乗ったときのように。

もうすぐ 四十朗だがな。。という言葉も続く。

なるほど、そうだったのか。
正直、この映画を観たのが 小学校の低学年、
それ以来まったく観ないままで きてしまっていて
記憶の底の底にも なかった。

ただ、唯一忘れていなかったシーンに
冒頭の犬が 人間の手をくわえて 走ってくるシーンだ。
これだけは 頭の底に残っていた。

この後上映された マカロニウエスタンの
『荒野の用心棒』の方は よーーく覚えている。

クリント・イーストウッドが
テレビのシリーズ物から 人気がでて
マカロニウエスタンの 飄々とした雰囲気が
大人気だった頃の話だ。
同級生達と よく見に行ったのを覚えている。

ジュリアーノ・ジェンマとか・・
その頃 とても人気のあった俳優さんたちだが、
今はどうしてらっしゃるのだろう?
などと 思いをはせてしまった。

しかし、想うに、この桑畑三十郎
背中が 実にものを言っている。

背中で人生の重み、人間の厚みを語っている。
背中一つで 豪放な男らしさを語っている。
これって すごいことなのかもしれない。

なかなか 背中ひとつで 
その人の人生や、 人と成りを 
語りかけてくるっていう人は、数少ない。

その存在観の 圧倒されるような威圧感が、
目を惹く。

話はもちろん 面白い。
今懐かしい俳優さんたちも こぞって出演、
とても 嬉しい限りだ。
藤原釜足さんなどが とてもうれしい作品だ。

後一つ。思ったことは、
有象無象の 烏合の衆である 端役とも言うべき人たちが
みな、それぞれしっかりとした 存在観があるということだ。
素人の募集エキストラなどではなく
しっかりとした 大部屋俳優さんたちの 気概のこもった演技が
目を惹く。

一時も気をぬくことのない、下地のできた演技と言うものが、
ここには描かれている。
遠く見えないだろう時にも しっかりと演技されている。
ちゃんとした玄人の人たちの演技だ。
こういった映画が 今少なくなった。

やっぱり こういった所が 素晴らしいところなのかもしれない。
本物志向の映画だと思う。


スポンサーサイト




テーマ:心に残る映画 - ジャンル:映画


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://terajimasusumusan.blog37.fc2.com/tb.php/305-fa588368
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Design&Material By MOMO'S FACTORY