FC2ブログ
ちわわんと言うハンドルネームと、タイトル名と、この名前を作ってから・・・いつの間にやら 20年余りも経過しちゃったなぁ~・・・あの頃は、タグ打ちの時代で、同じ名前は登録できなかった時代だったのになぁ~~~・・・Windows95のホームページの時代から考えると、すごいわよねぇ。。写真もコメントもさくさく入れられるようになっちゃって驚いちゃうわよね( *´艸`)

03<<  2020.04 >>05
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 

ひとりごと・・

ちわわん

Author:ちわわん
知り合った多くの友人たちに。
感謝をこめて。

↑写真はぷりんちゃん15歳6ヶ月と20日(2015年6月20日没)と
3年前に5月7日に17歳で亡くなったその母ムーバです。

静岡市在住の。
ご近所の犬ともだちさんへ。
ありがとうの言葉を添えて☆

長い犬人生と映画など色々。
20年程前のホームページも合体しました。
これからもよろしくお願いいたします。


最近の想い出綴り


最近のコメント


分類


あしあと


QRコード

携帯用にどうぞ。

QRコード


リンク

このブログをリンクに追加する


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


『銀座の恋の物語』1962年
『銀座の恋の物語』1962年

心の底まで しびれるような
吐息が切ない ささやきだから
泪が思わず わいてきて
泣きたくなるのさ この俺も
東京で一つ 銀座で一つ
若い 二人が 初めて逢った
真実(ほんと)の恋の 物語

誰にも内緒で しまっておいた
大事な女の真心だけど
貴男(あなた)のためなら 何もかも
くれると言う娘の いじらしさ
東京で一つ 銀座で一つ
若い二人の 命をかけた
真実の恋の 物語

やさしく抱かれて 瞼をとじて
サックスの嘆きを 聴こうじゃないか
灯りが消えても このままで
嵐が来たって 離さない
東京で一つ 銀座で一つ
若い二人が 誓った夜の
真実の恋の 物語

お馴染みの曲である。

○『ぐるりのこと』の舞台挨拶でも
 「別れても好きなひと~♪」と一節を歌い

 「生まれて 初めて泣いた映画が 『銀座の恋の物語』
  で 浅丘ルリ子さんが すごく良かった!」

○週刊文春の対談でも

六本木の俳優座で やってた
日活アクションシリーズで
「銀座の恋の物語」を観て 泣いたりしえて (笑)
 かわいそうルリちゃん・・・・
 裕次郎さん カッコいいなあ」って
18.9で右も左も わからないがきだったけど、
そのときは勘で、
「おれは 映画に向いている。」と思ったんです。

と。
よっぽど 若き日の 寺島進さんの
心に残った 映画だったのだろう。

ちょっと興味を持って 見たみた。
『夜霧よ今夜もありがとう』は中学時代に
同級生達と見に行った記憶があるのだが、
この映画の方は さすがに覚えていない。

今回、じっくりと見てみると、
つっこみどころはあるにしても
とても きれいで 心あたたかな作品だ。

なんとも 話の流れが美しく
すんなりと 昭和37年代の世界へと
のめりこむことができた。

当時の若者の憧れの町、銀座、
当時、一番お洒落で 流行の最先端だったろう銀座、
ファッションも なにもかもが 中心であったろう銀座、

その町が、そのまんまそこに写されている。
銀座松屋デパートや その他もろもろの店々が
今も りっぱに営業している店も 
数多く映っている。

銀座4丁目の交差点の 大時計も。

この数年後、
私達の中学、高校時代には、
ソニービルが建ち、お洒落な遊び場だった。
珍しい最先端な物が、 沢山展示され売られていた。
そして不二家でお茶をする・・・
と、言うのが デートコースだった。

また この映画には 
まだまだ人情厚い人たちが、
この銀座に 沢山居た時代の物語だ。
焼き芋屋のおばちゃん、たこ焼き屋のおじちゃん、

同じアパートに住んでいる住人達の 横のつながり、
仲の良い 連帯感と 人の良さ。

他人の事でも わがことのように、喜び、
一緒に 泣き 笑い
心の底から 心配し 
面倒を見合う人情が描かれている。

ご近所のおばさんまでが 心配し 気遣ってくれる。
そんな心の優しさと 繋がりが描かれている。

主人公次郎(石原裕次郎)とチャ子ちゃん(浅丘ルリコ)の
この二人の 愛の絆と、
この二人を取り巻く 周りの人たちの
あたたかさが 沁みる作品である。

この頃の映画に多かった すれ違い物、
『あの橋のたもとで』とか・・ね。
そんな味わいも含んでいながら ちゃんと
ハッピーエンドで終わるのがいいね。

これを撮った監督さん、後年
『南極物語』や『キタキツネ物語り』を撮られている。
なるほど。だから 画面が美しく迫力があるのか。
そして 変わらぬ 温かみのある
情愛を描いていたのね。
恋愛の情と、人情と、動物への愛情と、
”なさけ”をも描いている方だったようだ。

よかったら ぜひどうぞ。
昭和37年頃の 銀座なんぞも おつなもの。

スポンサーサイト




テーマ:私が観た映画&DVD - ジャンル:映画


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://terajimasusumusan.blog37.fc2.com/tb.php/301-8c262f70
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Design&Material By MOMO'S FACTORY