FC2ブログ
ちわわんと言うハンドルネームと、タイトル名と、この名前を作ってから・・・いつの間にやら 20年余りも経過しちゃったなぁ~・・・あの頃は、タグ打ちの時代で、同じ名前は登録できなかった時代だったのになぁ~~~・・・Windows95のホームページの時代から考えると、すごいわよねぇ。。写真もコメントもさくさく入れられるようになっちゃって驚いちゃうわよね( *´艸`)

12<<  2021.01 >>02
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 

ひとりごと・・

ちわわん

Author:ちわわん
知り合った多くの友人たちに。
感謝をこめて。

↑写真はぷりんちゃん15歳6ヶ月と20日(2015年6月20日没)と
3年前に5月7日に17歳で亡くなったその母ムーバです。

静岡市在住の。
ご近所の犬ともだちさんへ。
ありがとうの言葉を添えて☆

長い犬人生と映画など色々。
20年程前のホームページも合体しました。
これからもよろしくお願いいたします。


最近の想い出綴り


最近のコメント


分類


あしあと


QRコード

携帯用にどうぞ。

QRコード


リンク

このブログをリンクに追加する


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


『椿三十郎』    1962年 黒澤明監督  その1
『椿三十郎』    1962年 黒澤明監督  その1

母が映画好きだったこともあり、
まだ 内容もよく解らないような幼稚園の頃から
よく映画館につれていかれた。

またその頃の映画って 封切りは忘れたが
東映時代劇にしても 2本3本いっぺんに見て
50円だ80円の時代だった。

ブーベの恋人や 鉄道員なども 2本立てだったな。
映画の全盛期だったせいか
東映の時代劇など 見てないものはないくらいに 
見に行った記憶がある。

そんなときの一作に この『椿三十郎』も含まれている。
私としては まだまだ 何も良くわからないころだったのだが、
母に連れられて なんとはなしに見た 黒澤明作品の印象は強い。

この映画も あの流れる椿の見事さと、
血がドピュッと 吹き出したのが 忘れられなくて

後年だいぶたってまで 色つきの映画では 無かったのかと 
錯覚してしたいたくらいだった。

椿の花の赤さと、
仲代達也さんの 切られたときにの
血の噴出したさまの すごさが
真っ赤な赤色の 血の色だったと
思い込んでしまっていたらしい。

記憶に 鮮明な”赤色”を植えつけるなんて、
すごい人だったんだろうな。と 今改めて思う。

それも 特典で語られていた いくつかのエピソードで
納得がいく想いだ。

黒澤明監督は この映画で モノクロ画面に
色をつけるということに 挑戦されたようです。

監督から注文が出たのは 赤い椿と 白は白でいいけど
赤い椿を なんとか色に赤く出来ないかと 言う相談があって、
最初は モノクロの画面の中で 
椿だけを赤色のカラーに出来ないかと 考えていたらしい。

モノクロだけど 花だけ 
本物の赤い色をだしたいという希望だったとか。
しかし 当時の技術ではそれはかなわず、
そのかわり モノクロ映画でも 出来る限り 
椿は赤くしたいと要望を伝えて、
そのために 考え出されたのが 赤く見える”黒”でした。

造花の椿を 黒く塗るように指示をされた スタッフは
毎朝 白い造花を アルバイトの女の子に来てもらって
15000個。。1つずつ黒色に塗り、
枝に括り付けて 幹に打ち付ける。
これを毎朝取り替えるのだが、
椿の大木が5本もあって、多摩から持ってきていたそうだが、
葉っぱは 全部神榊の木の葉っぱを 神社から持ってきては
色をぬって差し替えていたそうだ。
よりいっそう椿の木が 椿そのものに見えるように。
神社の神榊は 丸坊主に・・・。

毎日つけ変えるのだが 準備で終わっちゃう日もあるし
準備している間に 天気が終わって 中止になって
椿の準備だけで 終わることもあったそうな。
一日中 たった 1つの花の向きが 1センチ気に入らない
といっては また一日中花を 付け直すことがあったそうだ。

なんともそれだからこそ あの椿が 赤い色だと
私の頭にインプットされていたのだろう。
頭の下がる話である。

スポンサーサイト




テーマ:私が観た映画&DVD - ジャンル:映画


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://terajimasusumusan.blog37.fc2.com/tb.php/294-37b0061b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Design&Material By MOMO'S FACTORY