FC2ブログ
ちわわんと言うハンドルネームと、タイトル名と、この名前を作ってから・・・いつの間にやら 20年余りも経過しちゃったなぁ~・・・あの頃は、タグ打ちの時代で、同じ名前は登録できなかった時代だったのになぁ~~~・・・Windows95のホームページの時代から考えると、すごいわよねぇ。。写真もコメントもさくさく入れられるようになっちゃって驚いちゃうわよね( *´艸`)

01<<  2021.02 >>03
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 

ひとりごと・・

ちわわん

Author:ちわわん
知り合った多くの友人たちに。
感謝をこめて。

↑写真はぷりんちゃん15歳6ヶ月と20日(2015年6月20日没)と
3年前に5月7日に17歳で亡くなったその母ムーバです。

静岡市在住の。
ご近所の犬ともだちさんへ。
ありがとうの言葉を添えて☆

長い犬人生と映画など色々。
20年程前のホームページも合体しました。
これからもよろしくお願いいたします。


最近の想い出綴り


最近のコメント


分類


あしあと


QRコード

携帯用にどうぞ。

QRコード


リンク

このブログをリンクに追加する


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


『椿三十郎』  2007年
『椿三十郎』  2007年


なんだかなああ・・・
正直言うと、へたくそだなあ!としか、
言えない。

織田祐二さんって 嫌いじゃないんだけど・・
これは・・・。

他の周りの役者さんが 上手すぎるからこそ
織田さんが 浮きまくってしまったのかもしれない。

まず 第一に声が良くない。
三船敏郎の 重低音が 
耳に残ってしまっているせいかも しれないが。
少し頭の上から出る 鼻声が 
最初聞いたときに 東北なまりの武士かと思ったくらいだった。

むさくるしい 無頼漢のイメージがない。
軽快すぎるのだ。
その辺のお兄ちゃん・・って言う感じか?

若侍の側の 演技だったら 
それはそれでよかたのかもしれないが・・
『椿三十郎』となると、
もう、これはいただけない。

もう少し、他の俳優さんは居なかったんだろうか?

この人は おしゃれなシティボーイ。
どっちかって言うと、
おしゃれな 今風な作品が よく似合う。
現代物の作品の中で 光っている人だ。

また、どちらかと言うと
汚れ役を 知らない俳優さんだ。
むさくるしい 泥の中を這い回ってきたような
破天荒さや、豪放磊落さは 皆無だ。

それに比べて 
脇を固めている 若侍の方々の 素晴らしかったこと。
3人の重鎮達も それぞれが名演技で 見るものをうならせる。

佐々木蔵之介さんと 豊川悦司さんに至っては
なるほどと 素晴らしく 見ほれさせるくらいで、
思わず見入って 拍手したいくらいだった。

多くの素晴らしい 俳優さんの中、
とても残念でならなかった。

きっと、昔の黒澤明監督の 『椿三十郎』を
見ていない年齢には ちょうどいいのかもしれない。
今風の若者に 受けるように創られた時代劇なんだろうな。
それはそれで 有りかもしれない。

リアルで何回か見てきた 私には
剣ひとつマトモに振れない 剣豪はありえない。

せめて演じる前に
2、3ヶ月でも良いから 剣道でも
やってきてほしかったなぁと 望むばかりだ。

まあ。。ふところ手で歩くのにも、
それなりに 世をすねた風情がないと
できないものなんだろう。

城代家老のお嬢様の 喋り方にしても、
おっとりとした 生まれながらの品のよさ・・
というものが 今の娘さんには 
難しかったのだろうか、
”いっこく堂さん”かとも 思える間の、 
喋り方になってしまっている。。。

辛口コメントになりました。
失礼。


あぁ・・寺島進さんに やってほしいな。
こんな役柄・・・
スポンサーサイト




テーマ:私が観た映画&DVD - ジャンル:映画


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://terajimasusumusan.blog37.fc2.com/tb.php/293-ae1d2910
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Design&Material By MOMO'S FACTORY