ちわわんと言うハンドルネームと、タイトル名と、この名前を作ってから・・・いつの間にやら 20年余りも経過しちゃったなぁ~・・・あの頃は、タグ打ちの時代で、同じ名前は登録できなかった時代だったのになぁ~~~・・・Windows95のホームページの時代から考えると、すごいわよねぇ。。写真もコメントもさくさく入れられるようになっちゃって驚いちゃうわよね( *´艸`)

07<<  2017.08 >>09
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 

ひとりごと・・

ちわわん

Author:ちわわん
知り合った多くの友人たちに。
感謝をこめて。

↑写真はぷりんちゃん15歳6ヶ月と20日(2015年6月20日没)と
3年前に5月7日に17歳で亡くなったその母ムーバです。

静岡市在住の。
ご近所の犬ともだちさんへ。
ありがとうの言葉を添えて☆

長い犬人生と映画など色々。
20年程前のホームページも合体しました。
これからもよろしくお願いいたします。


最近の想い出綴り


最近のコメント


分類


あしあと


QRコード

携帯用にどうぞ。

QRコード


リンク

このブログをリンクに追加する


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


『ルパン』 2004年 製作国はフランス、イタリア、スペイン、イギリス。
『ルパン』Arsène Lupin 2004年 製作国はフランス、イタリア、スペイン、イギリス。

ルパン・・・アルセーヌ・ルパン。
なんと懐かしい響き。

ルパン

このシリーズを夢中になって
夜も寝ないで読みきふけっていた日々を想い出す。

ルパン

頭の中にはしっかりと
黒い山高帽を被ってマントを翻し
片めがねを掛けた姿が目に浮かび上がってくるようだった。

ルパン

その顔は笑っているのに・・
少し哀しいような・・切ない色合いが濃く滲んでいる。

ルパン

読んでいて涙を誘われたことも多かった。

ルパン
コナン・ドイルのシャーロック・ホームズとの対決も
まだまだ心に蘇ってくる。

ルパン

心じたばたと大興奮をして読み進めたものだった。

ルパン

その頃にはいつの間にやらすっかりと
自分なりのルパン像が出来上がってしまっていた。

ルパン

そんなルパンへの期待を裏切らなかった映画がこの映画だった。

ルパン

前にも一度この映画の感想を数年前に書いた記憶があるのだが
あらためて今一度。

ルパン

このルパンの映画
実は先に書いた『モリエール 恋こそ喜劇』のスタッフが
好評に博して再びに結集してロマン・デュリスを主役に
ルパン生誕100周年を記念して作られた映画だったのだ。
主なベースとなっているのは「カリオストロ伯爵夫人」。

伯爵夫人

私はこの映画がとても気に入っていて
何回となく繰り返し見たのを覚えている。

伯爵夫人

私が特に気に入ったのは
カリオストロ伯爵夫人だ。

伯爵夫人

映画『イングリッシュ・ペイシェント』に出演して以来の
変わらぬ美貌で万人を魅了する女優さんだ。

伯爵夫人

クリスティン・スコット・トーマスさんというイギリス人女優で
もう51歳にもなられている。

伯爵夫人

知的で魔性的な役柄にふさわしく
100歳以上も200歳以上とも言われているカリオストロ伯爵夫人を
歳を重ねた中に 妖しい美しさを秘めていて
ぴったりとはまり役の女優さんである。

ルパン

またロマン・デュリスもルパンに良く似合っている。

ルパン

軽妙そうでいてシリアス
その両面をも上手に演じ分けている彼の演技も素晴らしい。

ルパン

少々慢心していたために起きた悲劇。
もう取り返しのつかない嘆き。
己が招いたことでもあったのに
起きてしまってから後悔しても遅すぎるのだ。

ルパン

幸せにどっぷりと浸かっている時には
その幸せのありがたみが解らない。。

ルパン

失って初めて
その大切さに気づくのだが
そのときはもう遅く手遅れとなってしまって
後悔ばかりが残るのみ。。

息子

まぁ・・この映画もとても美しい映像だ。
景色やセット。
ロケーションに至るまで美しいばかりではなく

ネック

劇中に登場する煌びやかな宝石の数々はカルティエの提供。

くびかざり

特に「マリー・アントワネット王妃の首飾り」は、
写真や資料を基にレプリカが製作されたそうだ。

かるちぇ

まぁ・・舞踏会での貴婦人達の首を飾る美しさ。。

ネック

ため息というか。。

ネック

垂涎というか。。

カルチェ

女には目の毒かもしれない。

くびかざり

一度観て見られてはどうだろう?

ネック

お勧めです。

くびかざり
スポンサーサイト

テーマ:心に残る映画 - ジャンル:映画


コメント
あみさんへ
一度読まれるとはまるかも~~

だけど時代がどうしても
シャーロックホームズの時代と重なってしまうので
お話自体はレトロムード満載。(笑)

私たちはどうしてもルパンシリーズで読んでいたことがあるせいか
漫画のルパンは一帯だれの子なんだろうと
いっつも思っておりました。

昔のこういう小説は
悲哀が篭められていたり
涙でほろりとさせるお話があり
心を打ったものです。

ぜひぜひ読んでみてほしいなああ。
[2012/04/12 12:18] URL | ちわわん #- [ 編集 ]

アニメ世代
恥ずかしながら・・・、私は「ルパン」と言えば、TVアニメの「ルパンⅢ世」しか知らないです。

ルパンⅢ世は「アルセーヌルパン」の孫という設定になっていますね。
設定的に無理はないんだろうか?どうなんだろう?

カリオストロと言えば、映画版「ルパンⅢ世カリオストロの城」
これは、ルパンⅢ世の作品の中でも一番好きな作品で、中々バカにしたもんじゃないと思います。

どうも世代的には、アニメのほうがしっくりくるようです。
こういう映画がある事すら知らなかったので。

機会があれば見てみたいですね。
[2012/04/11 21:49] URL | あみ #- [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://terajimasusumusan.blog37.fc2.com/tb.php/2777-181908f8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Design&Material By MOMO'S FACTORY