ちわわんと言うハンドルネームと、タイトル名と、この名前を作ってから・・・いつの間にやら 20年余りも経過しちゃったなぁ~・・・あの頃は、タグ打ちの時代で、同じ名前は登録できなかった時代だったのになぁ~~~・・・Windows95のホームページの時代から考えると、すごいわよねぇ。。写真もコメントもさくさく入れられるようになっちゃって驚いちゃうわよね( *´艸`)

07<<  2017.08 >>09
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 

ひとりごと・・

ちわわん

Author:ちわわん
知り合った多くの友人たちに。
感謝をこめて。

↑写真はぷりんちゃん15歳6ヶ月と20日(2015年6月20日没)と
3年前に5月7日に17歳で亡くなったその母ムーバです。

静岡市在住の。
ご近所の犬ともだちさんへ。
ありがとうの言葉を添えて☆

長い犬人生と映画など色々。
20年程前のホームページも合体しました。
これからもよろしくお願いいたします。


最近の想い出綴り


最近のコメント


分類


あしあと


QRコード

携帯用にどうぞ。

QRコード


リンク

このブログをリンクに追加する


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


『はやぶさ』 2011年 10月
小惑星探査機「はやぶさ」・・・

はやぶさ

色々な俳優さんの主演によって
色々な作品が作られてはいるらしいのだが
なかなかぷりん婆を一人ではお留守番させられなくて
映画館に観に行くことが出来なくなっている。

はやぶさ

ドキュメンタリータッチで急遽放送された
スマップの草薙剛さんのナレーションに寄る”はやぶさ”を
テレビで見たくらいなものだったのだがコレには感動させられた。

このタイプの映画にも西田敏行さん主演の『はやぶさ』と、
もうちょっと若手の藤原竜也さん主演の『 おかえり、はやぶさ』2012年3月や
文部省推薦になっている渡辺謙さん主演の『はやぶさ 遥かなる帰還』2012年2月
など並んで作られているのが興味深い。

はやぶさ

どちらか一方でも映画館に観にいきたいなぁ・・と思いつつ。。
あれよっと思う間に終了となってしまっていた。(笑)

はやぶさ

この頃では半年も待てば
直ぐにでもDVD化されるので
私みたいな者にとってはとてもありがたい。

はやぶさ

ただ『ヒューゴの不思議な冒険』や、『シャーロックホームズ』など
ぜひとも大画面で見たいな・・と思う映画は多い。

はやぶさ

それ以外にも大泣き覚悟の『戦火の馬』などもそうだったなぁ。

はやぶさ

結局『トワイライト』も先週で上映終わりだったし・・
『TIME』は前評判を聞いてDVDで十分だと判断。(笑)
行きたい映画はどんどんと増えていくばかりある。

はやぶさ

先週からは『マリリン 7日間の恋』もはじまってるし・・

はやぶさ

ああ、、行きたい気持ちはあっても・・・なぁ・・・

はやぶさ

犬と入れる映画館もあってもいいのではなかろうか・・
映画館ではおとなしく寝ているばかりだしなぁ。。
・・・と無いものねだりの私ではある。

はやぶさ

まぁ・・正直、
日本映画は撮影の速さが取り得の やっつけ仕事が多いから
特殊映像がちゃっちいのは仕方がないんだろうけどなぁ・・・
同じ小惑星探査機「はやぶさ」の映像が
使いまわされて流れているばかりなのには閉口する。

はやぶさ

もうちょっと時間がかかってでもいいから
ちゃんとした重みのある作品を作って欲しかったなぁ。。
これが率直な感想。

はやぶさ

渡辺謙さんの作られていた映画の方はどうなんだろうか?
まだ観てはいない映画の方にも期待を寄せてしまうのだが・・

はやぶさ

この映画・・映画自体の出来栄えとしてはイマイチ。
少々幼稚というか万人受けを狙って作られているものなのか
小学生を対象に噛んで含めるように
はやぶさ本人が語られている作風となっている。

はやぶさ

うむ。。なんだか子供向けの映画を視聴覚室で観た様な
物足りなさと・・かったるさの残った映画だった。

この映画に映画代金を払う気がしない。

はやぶさ

みんな同じ宇宙の進化の中で生まれた
かけがえのない命だと考えたら
だれの命が大事で
だれのが大事じゃないとか
そんなことはまったく考えなくなります
みんな一つにつながった宇宙の一部なんだと
私は思います。

主人公
・・と架空の主人公が演壇上で語ります。

小惑星
↑小惑星糸川の実際の映像!

ラッコ
↑ラッコのような形をしているとラッコにアレンジ。。

縫いぐるみ
↑縫いぐるみにするとこんな風なのだそうだ。(笑) 可愛い!

ま・・渡辺謙さんの映画に期待しよう!!
スポンサーサイト

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画


コメント
”M”さんへ
私もこういった作品はドキュメンタリーっぽいものが好きなので
NHKのプロジェクトXみたいな作品が好きで
くいいいるように観てしまいます。

草薙さんがナレーションをした作品も
大きな感動をもたらしましたよねえ。

アポロも私たちが高校1年くらいの時だったので
興奮してみていて
当時のボーイフレンドがnasaへ手紙を書いて
何百文の1だったか・・忘れてしまいましたが
nasaから模型が送られてきて
それをプレゼントされた覚えがあります。

そういったもの好きだったんですよ。(笑)

ファントムの模型とか・・
あははは。
[2012/03/28 07:06] URL | ちわわん #- [ 編集 ]

めぐ さんへ
私もあのはやぶさのキーホルダー買おうかしらって
思っちゃいましたよ。

可愛らしいですよね。(笑)

ああいったものも。
その実際のお話がわかってくると
とても愛しい存在に見えてくるから不思議。。

縫いぐるみとは違うのに。
とても可愛らしく見えました。
[2012/03/28 07:02] URL | ちわわん #- [ 編集 ]

ひさんち さんへ
そうなんですよねえ。。

今やっている『ヒューゴ・・』とか『戦火の馬』なんかもそうだろうなあ。。

『三銃士』も映画館で見たかったなあ。。

特撮の多いものは特にそうだろうなあ。。

前に『シャーロックホームズ』を観た時にも
映画館で観てからDVDで観たので
やっぱり迫力とリアル感が全然違いましたねえ。。

また変わらない作品もあるので
色々ですが。。(笑)
[2012/03/28 06:59] URL | ちわわん #- [ 編集 ]

ママぷぅさんへ
らっこちゃんに縫いぐるみ・・・
可愛かったですね。

おもわず。ぷっと笑ってしまいました。

ほのぼのしている作品でしたねええ。。

絵本の世界も想像できるような作品になっておりました。
[2012/03/28 06:57] URL | ちわわん #- [ 編集 ]

ポン さんへ
まあ見る側の年齢などや考え方。
色々なものが含まれるのが感想なので。
それでいいのではないでしょうか。

良いと思う人もいれば・・なんだかなぁ・・っと思う人も居る。

人間十人十色です。

感動する人も居ればしない人もいる。

私は途中で見るのを数回やめて・・
あらためてそれでも。。っと思い直して見たというタイプ。

人間それぞれの好みというものがありますからねええ。

ただ私はドキュメントタイプの方が好きかな。
『宇宙へ』という映画も大好きでしたねえ。。
淡々と語られる中に見える結晶のような叡智。
そういうものに感動してしまいます。

また。物語は物語としてそれはそれ・・
そういった作品にも惚れこみます。

ただ。この作品にはそういう情熱がもてなかったというだけです。
ただ。小さな子が居たりお孫さんなんかが居る人には
ぴったりの作品じゃないかな・・

ぼく・・はやぶさだよ・・みたいに
はやぶさ自身が語りだして・・
とても可愛らしかったですね。
[2012/03/28 06:55] URL | ちわわん #- [ 編集 ]


はやぶさ このプロジェクトは大変興味があるので、ぜひ見たいと
思っていますが・・・・つぎからつぎに似たようなものが(中身は違うかもしれませんが)
でてくるので、どれを見ようかと思いつつまだ見ていません。^^

DVDが出てからちびちび見ようかなぁ~と思ってます。
なるべくドキュメンタリーっぽいのがいいかなぁ~とか・・・
[2012/03/27 23:25] URL | ”M” #- [ 編集 ]


この映画は、DVD化したら絶対観ようと決めてます^^

ちなみに はやぶさのキーホルダーを持ってまーす!
(さり気なく自慢)
確か武道館の近くにあった会館内で購入しました。
なんていう会館だったかド忘れですが
宇宙に関するグッズばかりを販売してました。

最後の画像は、まさにラッコしゃんね☆
[2012/03/27 17:26] URL | めぐ #.LMWx3g2 [ 編集 ]


ふふっ、犬と入れる映画館、
あっても良さそうですよね(^^)
映画も長いこと観てないですう・・
スケールの大きな映画は、やっぱりスクリーンで
観た方が迫力が違うでしょうね。

↓昨日の丼ものとまぐろ、もうたまりません!
う~、食べたい。目の毒、気の毒です(^_^;)
[2012/03/27 14:20] URL | ひさんち #- [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[2012/03/27 13:36] | # [ 編集 ]

はやぶさ2
『はやぶさ』は、小学生くらいの子どもから年配の方まで、幅広い年代の人が観て楽しめるように作られていると思います。

はやぶさ の技術に限りませんが、専門技術は当業者以外には容易に理解できないもの…。
だからこそ、誰でもはやぶさの偉業を理解し、楽しめるようにする…そんな工夫が凝らされているような気がします。


科学者・技術者の世界は、ともすれば宙に浮き、ただただ難しくなってしまいがちですが、竹内さんという架空の人物が存在することで、身近なものとして受け止めることができました。
そのために、欠かせないキャラクターだったのではないでしょうか…。

竹内さんは、学者になるにも、専門知識を生かして仕事をするにも、まだまだ届かない卵…
でも、宇宙科学に対する熱情があり、夢も失くしてはいない…。

はやぶさ を通して自分を見つめ直し、学問の道にもう一度チャレンジし、夢を叶えていく…。

努力と、熱意と、夢を持ち続ける心が、人を成長させることや、夢を実現させてくれる力になることが、しっかりと伝わってきました。

夢は何でも叶うわけではありませんが、
はやぶさの偉業と、はやぶさの開発に携わった多くの科学者・技術者の方々の情熱と、竹内さんの変化していく様が、観る人に「希望」を与えてくれる作品です、きっと…。


私は、ドキュメンタリーか、フィクションか、ジャンルやその混合具合は全く気になりませんでした。
実話にフィクションがプラスされて、一つの映画作品になっている…違和感はありませんでした。
観終わって何か大切なものが心に残れば、もうそれだけで素晴らしい作品だと思います。


堤監督の作品は、今まで観たものについてですが、どれも大切なものがきちんと貫かれて描かれているように思います。

だから、感動する…。

エンタメであろうと、シリアスなものであろうと、何を大切に撮るかを忘れない方なのでしょうね…(*^_^*)
[2012/03/27 13:28] URL | ポン #Sg3V.sCU [ 編集 ]


確かに、お金を払ってまで見たい映画とDVDで十分なものと
ありますね。

ラッコちゃん・・・うまくできてますね~♡
可愛い~♡
[2012/03/27 10:48] URL | ママぷぅ #- [ 編集 ]

ポンさんへ
きっとこの映画は映画館で見るべきだったのかもしれませんね。

それと見る時期というものがあって
一番最初に熱の冷めていない時に見るべき映画だったのかも。

また架空の人物設定の位置がよくわからなかったですね。
彼女の一言でエンジン始動の場所が決められたり
アイデアを出す側の立場になっていて
他の科学者の方々が頭をつき合わせて練りに練って
悩みに悩んで苦悩して初めて解決策を出したはずなのに。

アポロ13号の帰還の時の故障のように。
掃除機みたいなのを改良して作られたダスト。。
あんな裏話から想像すると
なんだかなああ・・・って

竹内さんに華を持たせたかったんだろうけど。
彼女の一言があるまで閃かない科学者?
に。ちょっと驚きました。

お話として作るか。。
ドキュメントを重きを持たせるか。。
難しい選択の映画でしたねえ。

教材には適しているように思いました。

それと段々と特殊撮影のみごとさに
映画でなれてしまっていて
素晴らしい映像を見慣れてしまってたり。。。(笑)

まだまだ後の2本も観ていないので
どうなんだろうと期待が大きいです。
他のはどんなでしたか?
[2012/03/27 09:35] URL | ちわわん #- [ 編集 ]

はやぶさ
おはようございます。

『はやぶさ』ご覧になったのですね。

私は、昨年秋に観にいきました。

内容も、映像も、音楽も、とても良かったです。
感動しました。

スクリーンで観る価値がありました。


他のはやぶさ関連作品は予告くらいしか観ていませんが、それでも、最初に公開されたこの『はやぶさ』がいちばん良い作品のような気がします。


作品は、観る側の好みがありますから、受け止め方は人それぞれですね(*^_^*)
[2012/03/27 08:59] URL | ポン #Sg3V.sCU [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://terajimasusumusan.blog37.fc2.com/tb.php/2757-0e21a249
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Design&Material By MOMO'S FACTORY