FC2ブログ
ちわわんと言うハンドルネームと、タイトル名と、この名前を作ってから・・・いつの間にやら 20年余りも経過しちゃったなぁ~・・・あの頃は、タグ打ちの時代で、同じ名前は登録できなかった時代だったのになぁ~~~・・・Windows95のホームページの時代から考えると、すごいわよねぇ。。写真もコメントもさくさく入れられるようになっちゃって驚いちゃうわよね( *´艸`)

07<<  2019.08 >>09
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 

ひとりごと・・

ちわわん

Author:ちわわん
知り合った多くの友人たちに。
感謝をこめて。

↑写真はぷりんちゃん15歳6ヶ月と20日(2015年6月20日没)と
3年前に5月7日に17歳で亡くなったその母ムーバです。

静岡市在住の。
ご近所の犬ともだちさんへ。
ありがとうの言葉を添えて☆

長い犬人生と映画など色々。
20年程前のホームページも合体しました。
これからもよろしくお願いいたします。


最近の想い出綴り


最近のコメント


分類


あしあと


QRコード

携帯用にどうぞ。

QRコード


リンク

このブログをリンクに追加する


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


『モリエール 恋こそ喜劇』 2002年 日本では2007年に公開。
『モリエール 恋こそ喜劇』 2002年 日本では2007年に公開。

モリエール

シェイクスピアやモリエールや
昔々を生きた有名な劇作家たちも
それはそれは多くの恋をしたのだろう。。

モリエール

シェイクスピアはバイだったのでは?と近年では言われてはいるが
片や喜劇の王様だったと言われるモリエールに関しては
当時のフランスの風潮にのっとってか
甘やかなアバンチュールをも含む多くを経験した事なのだろう。

モリエール

私達日本人にとってはどうしても
モリエールよりもシェイクスピアの方が聞き馴染みが良くて
笑いのツボが 
微妙に西洋人達とは違うせいもあったものなのか
モリエールの作品には疎いのが現状だった。

モリエール

ただ向こうの作品を読んでみたりすると
時々、その名前にお目にかかったりして
17世紀にはさぞや・・と言われた寵児であった事だろうと思うことがある。

モリエール

この映画を観るにわたって
どれがいいかな・・・っと。

モリエール

『タルチェフ』という作品を読んでみた。
なかなか面白い。

モリエール

この映画の元ともなったようなエッセンスがあちらこちらに見える作品である。

モリエール

この映画観て見ると。
いかにもいかにもフランス風だと思えるような出来映えで
とにもかくにも出だしの初めからとても美しい映像ばかりである。

モリエール

そして手を一つも抜いていない
風雅な風景とお庭や邸宅。調度品の数々。

モリエール

実際のベルサイユ宮殿を使って撮影されたという懲りようで
出演者達が着ている衣装がまた凝りに凝っていて素晴らしい。

モリエール

どれもが計算しつくされていて
色合いのバランス良さから布地の美しさが
なんともいえない調和を見せている作品。

モリエール

モリエールさん
あなたには、悲劇は似合わないわ・・・
涙をふいて・・
最後は笑って私を見送って欲しいの・・・っと。マダムは言う。

モリエール

笑えるような事態ではありません・・っと。モリエール。

モリエール

それは違うわ、
不幸な出来事には喜劇の側面があるものよ。っと。マダム。

モリエール

どうやって涙を笑いに?
そのような喜劇はない。

モリエール

それなら・・あなたが創って・・・と。マダム。

モリエール

それが最後の別れの言葉となるのでした。

モリエール

人生、悲劇も喜劇も同じようなもの
絶妙な紙一重のところで
バランスをとっていて
どっちへ転ぶかは己次第ということだ。

モリエール

とても素晴らしい作品だったので
是非にも見て欲しいと思います。

モリエール

私だったらまず一番にこの映画にアカデミー賞を贈っちゃうかも。

モリエール

そんな風に思った人も多かったらしく
地元のフランスにおいては
第33回セザール賞では助演男優賞、
脚本賞、美術賞、衣装デザイン賞などにノミネートされ
また、モスクワ映画祭においては観客賞、男優賞受賞。

モリエール

フランス映画には
私達にはちょっと解らないような独特の世界観が有り
また、笑い所や泣き所もちょっと違っているような所もあり
恋愛観などにおいても非常にお洒落で遊び心満載である。

モリエール

今現代に至っては昔ほどの違和感は感じられなくなってはきたのだが
それでも微妙な笑いに関しての勘所みたいなようなものは
少々私達日本人には解りにくかったりもする。

モリエール

特にフランス人たちが受けるジョークなどが署ルみにくいのだ。

モリエール

それだからだろうか。
日本ではモリエールの作品を好んで口にする人は少ないようだ。

モリエール

またこの時代の装飾的な恋愛事情も良く解りにくい。

モリエール

ふんわりと浮かび上がるような
華やかに繰り広げられる遊び心と浮き心。

モリエール

そんなものを四角四面に何もかもを突き詰め過ぎないことが
又一つの大いなる洒落者なのかもしれない。

涙

ただそんな浮世を生きた彼だったけれども
最後に流す一滴の涙がとても印象的だった。

涙

ぜひぜひ観て欲しいかな。お勧めです。
スポンサーサイト




テーマ:心に残る映画 - ジャンル:映画


コメント
白秋マダムさんへ
きっとお好きな映画だと思います。
観ているだけで夢見るような
まろやかな夢見心地の気分になれますよぉ~^

ドレスと纏い 舞踏会へ。。
そんな気持ちにさせてしまうような美しい映画で
まとっているドレスの生地がとっても素敵で
その生地の上にタイトルが浮かび上がる最初がまた良いのです。

こんな所に住んでみたいけれど。。

なんか本当に幽霊もいっぱい居そうですよねえ。。(笑)
[2012/03/22 23:02] URL | ちわわん #- [ 編集 ]

はやとうり さんへ
こちらは最近レンタルになったので
ツタヤでも大きなレンタルショップならどこにでもありますよお。
まだ新作扱いなんですよ。(笑)

この頃こういった作品が好きになってきて
想像の世界で遊んでしまいます。

ただ現実的なことを想像すると・
いっぺんに興ざめしちゃいますけど。。
トイレ事情だとか。。お風呂に入らなかったとか。。(笑)

素敵なドレスでしなしなと歩いている姿は美しいですよねええ。

色合いにほれてしまう映画でもあります。

日向ぼっこして敷物の上で寝ていたら襲われた・・なんてね。
笑い話にもなりません。
また飼い主がのんきというか。。
ここで映っているショコラちゃんも去年の秋に追い掛け回されて
お腹と口の下を噛まれて血が出たんですよ。

それでもあんまりスイマセンって言われなかったそうです。
考えられませんよねえ。。
普段実名は挙げないのですが。。この子だけは・・・

エルチャンと言う子も皆で話しているときに
つながれているので安心かと思っていたら
いきなりがぶがぶがぶっと。
私はこの子を見ると絶対に抱っこしていなくなるまで下ろしません。

友人のミニピンは3回も四回も噛まれていて
その友人もぷりんが噛まれたときに一緒に居て
モーレツに怒ってリードくらいつけておいてくださいって言ったのですが
いまだに離していてびっくり。
まったくまったくです。
[2012/03/22 22:59] URL | ちわわん #- [ 編集 ]

めぐ さんへ
ですよですよ。。ね。。(笑)

私もちょっと幽霊系が駄目なので。。

前に奈良の奈良ホテルに泊まったときにも
友人は学生時代から全然感じないタイプで。。平気だったのですが。
私はどうも駄目。
全然寝れなくて 誰かが歩いているような気がして。
それこそ風邪を引いて寝込んでしまい。

友人は奈良にお嫁に行った友人とそのご主人と遊びに行ってしまい。
私は2日間寝込んでおりました。

だけど井伊直弼の生まれた家・・楽々園というのが彦根にあるのですが
あそこは平気だったんですよねえ。。
切腹の間なんてのもあったのに。。。
昔は料亭で昔の大奥の撮影に必ず使われていましたよお。
[2012/03/22 22:50] URL | ちわわん #- [ 編集 ]

すごい、、、、
解説がいつもながら、スゴイ!
何回観ての感想なのでしょねぇ。
ここまで詳細な解説付きだと興味がワクワク。

今はちょっと忙しいので、観たい映画のリストに載せておくだけですが。
いつかはきっと。
インテリア小物と衣装が、時代考証がしっかりしていそうで楽しみ。

ありがとう!
[2012/03/22 21:39] URL | 白秋マダム #K.8lH0lM [ 編集 ]


こんにちは♪

見事な画像に感嘆しています
綺麗だなぁ
こういうのはDVD購入ですかそれともレンタルですか
段々興味が湧いてきています
が・しかしブログ辞めないと絶対無理です
文章とわんこだけならイケるかもしれませんね
料理は作る暇ないですね
どうしようかと悩むではありませんか(笑

↓の記事読めば読むほど腹が立ちます
そんな飼い主 わんこと生活する権利ありません
責任者 出てこいやーー
あら わたくしとした事が・・・
[2012/03/22 14:30] URL | はやとうり #- [ 編集 ]


どの画像も色味が綺麗ですね^^

フランス映画は、眠くなることが多いんだけど
こちらの映画はそんなことはなさそうです。
ちわわんさんオススメ作品なら尚更。。。

宮殿は、今だに憧れてますよー。
1週間くらいお泊りしてみたーい♪

でもベルサイユ宮殿内は、出そう(霊)?汗
[2012/03/22 14:19] URL | めぐ #.LMWx3g2 [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://terajimasusumusan.blog37.fc2.com/tb.php/2747-3bf379d7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Design&Material By MOMO'S FACTORY