ちわわんと言うハンドルネームと、タイトル名と、この名前を作ってから・・・いつの間にやら 20年余りも経過しちゃったなぁ~・・・あの頃は、タグ打ちの時代で、同じ名前は登録できなかった時代だったのになぁ~~~・・・Windows95のホームページの時代から考えると、すごいわよねぇ。。写真もコメントもさくさく入れられるようになっちゃって驚いちゃうわよね( *´艸`)

09<<  2017.10 >>11
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 

ひとりごと・・

ちわわん

Author:ちわわん
知り合った多くの友人たちに。
感謝をこめて。

↑写真はぷりんちゃん15歳6ヶ月と20日(2015年6月20日没)と
3年前に5月7日に17歳で亡くなったその母ムーバです。

静岡市在住の。
ご近所の犬ともだちさんへ。
ありがとうの言葉を添えて☆

長い犬人生と映画など色々。
20年程前のホームページも合体しました。
これからもよろしくお願いいたします。


最近の想い出綴り


最近のコメント


分類


あしあと


QRコード

携帯用にどうぞ。

QRコード


リンク

このブログをリンクに追加する


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


『ラブシック』 シルク・ドゥ・ソレイユ
今日はもうひとつ。。二つ目のシルク・ドゥ・ソレイユを

司会

シルク・ドゥ・ソレイユのラスベガスで行われている公演
『ズーマニティ』が完成するまでの舞台裏と
そこに出演する出演者たちの日々の生活と葛藤。

司会

そのショーが完成してゆくまでの過程を裏側から撮っているのが特徴です。

シルク・ドゥ・ソレイユ

なかなか見ごたえのある内容となっており
ドキュメンタリーなのか創作なのか・・
イマイチその事実はわからない作品となっています。

シルク・ドゥ・ソレイユ

ただ一人肉体美の美しい男性ダンサーの揺れ動く愛の行方と
別れた恋人との間に生まれた男の子への慈しみと父性愛の注ぎ方。

シルク・ドゥ・ソレイユ

またこのダンサーが生き物に対してもとても優しくキメ細やか。
優しすぎるが故の優柔不断な態度が女性たちを泣かせているのかもしれません。

シルク・ドゥ・ソレイユ

また一人の美しい女性ダンサーのお話もあります。
この『ズーマニティ』ではシルク・ドゥ・ソレイユ初の新しい挑戦として
性と官能をテーマにした作品を目指していく試みが行われ。

シルク・ドゥ・ソレイユ

その為に女性ダンサーはトップレスを要求されていきます。
男性ダンサーもなんともあられもないTバックでそれをはずしたり・・?

女性

その要求に従わなければ出演が不可能となる隊員たちの心をも描いています。。
彼女を元々はバレーのプリマドンナにしたかった父母の期待と
複雑な家族との折り合いと自分自身への決断と
アーティストとしての自信と自負心をも描いています。

女性

時間帯も普通の人たちとは違う時間を生きている隊員たち。
そのストレスの発散方法も違ってきていて。
週10回とかのショーをこなし。1日4時間以上の練習をこなし。
これでは一般の人とは接するのが難しくなるようです。

男性

そして恋愛に対する考え方も段々と違ってくるようで。
彼らや彼女らと恋し会う相手方の寛容さも要求されてくるようです。

ダンサー

そんな毎日を緊迫の中に生きる彼等と彼女等の姿が描かれていて
ついつい見入ってしまう作品になっていて。
ショーを支える出演者達の気持ちになってしまいます。

ダンサー

ただこの作品にはショーそのものの映像は少なく
出演者達の私生活とショーが出来上がっていく過程の練習風景が殆ど。
そのおつもりで。。

ふたり

ショーの様子を観たいと思って期待するひとには物足りない映画かもしれません。
ただ。ドキュメンタリーとして観たならば
とても素晴らしい作品ではないかと思う。

ダンサー

まぁオリンピックに出演する並みに難しいとされるシルク・ドゥ・ソレイユ。

本当に大変なんだろうなああ。。

他のDVDでも隊員達が一年に500回以上同じ演技を5年以上やっていると
飽きてきてしまって集中力が欠けてしまい怪我をしてしまったりするそうで
自分自身でも工夫が必要だと語っているものがあったが。
それも理解できるような気がする。

ぜひどうぞ!
スポンサーサイト

テーマ:★おすすめ映画★ - ジャンル:映画


コメント
まあやさんへ
観るほうは初めて観るわけだけど
10年近く同じ演技をしている人も他ので居たりして
クラウンなどはアレグリア2にも同じ人が出ていたりしてびっくりしたわ。

しかも本当に過密スケジュールで
練習時間とショーの時間を考えると日々鍛錬で終わっている感じ。

すごいよねええ。。まねできないわ。。
[2012/03/14 07:18] URL | ちわわん #- [ 編集 ]


日々の練習があるからこそ、本番の自信に繋がる訳だから
裏側って面白いですよね。

確かに1年に何百回以上、同じ演技をすると
慣れや余裕というものがちょっとでも出てきてしまうのは、
解るような気がしますね~

ドキドキしながら観るかも~
ありがとうございました(^^♪
[2012/03/14 00:32] URL | まあや #- [ 編集 ]

白秋マダム さんへ
やっぱり同級生がラスベガスで見たそうです。

おみやげ話でしか知らないのですが。
素敵でしょうねええ。。
いいなああ。。

羨ましいですね。

性と官能のテーマなので
この映画よりも今の方がもっと過激になっているそうで
友人の話では二人の男性に寄る踊りがとても素敵だったそうです。

女性の踊りは過激になりすぎていて
女性が見るには耐えられなかったりしたそうですよ。
[2012/03/13 22:17] URL | ちわわん #- [ 編集 ]

なっつばーさんへ
ZEDまさか公演中止になるとは思いませんでした。

きっと10年・・いやもっと長いことやるんだろうって。

だから犬ともだちのマロンちゃんと一緒に行きたいねえ。。って
話をしていた矢先に・・
やっぱりこんな所にも震災の影響があったのですね。

なんだかとても残念な気がします。

せっかく常設劇場ができたのになああ。。。

ラブシックはこっそりじゃなくても大丈夫ですよ。
ただ。皆で見て楽しむといった作品ではないので
皆で競技というか出し物を楽しむのなら
アレグリアをお勧めいたします。

私はとっても大好きな作品で歌も最高です。
[2012/03/13 22:15] URL | ちわわん #- [ 編集 ]

こうゆうママさんへ
以外にも小心なところがあって

下から空中ブランコを見ていられないタイプです。

そわそわどきどき。。心臓が痛くなっちゃうのです。

だからDVDやテレビで見るぐらいが丁度いいかな。

前にこういう講演を見に行って体調が悪くなりました。(笑)
[2012/03/13 22:11] URL | ちわわん #- [ 編集 ]

エンタテイメント
ラスベガスで違うショウを2回見ました。
人間業ではないことはもちろん、美しい、豪華、贅沢感が最高でした。
チケットも決して安くはなかったのですが、十分満足は得られます。

性と官能ですか、、、、、、。
ちょっと可哀そうですね。
ほんと オリンピック選手以上の技ですよ。
[2012/03/13 17:12] URL | 白秋マダム #K.8lH0lM [ 編集 ]


シルク・ドゥ・ソレイユの公演は一回だけ観たことがあります。
感動ものでした。
昨年はディズニーとシルク・ドゥ・ソレイユの公演を目的に出掛けようとしたのですが、12月末で専用劇場の終了を告げたためかチケットは完売で残念な思いをしました。
チケット代は確かにお高い・・・
お財布大打撃ですが観たかったのになぁ・・・

映画もあるんですね。
しかも舞台裏。
そしてセクシー?
どうしよう、こっそり見た方がいいですか? (^_^;)
[2012/03/13 12:24] URL | なっつばー #- [ 編集 ]


私、シルク・ドゥ・ソレイユの公演を観に行ったことがあります!
感動というより
人間じゃないだろう(-_-;)宇宙人だろう・・・ってな感想です(^_^;)
結構長い時間観ていた気がします。
観客に外人さんもいたのですが
ビールを飲みながら観ていたりして
そういうもんなんだ~と妙に感心したのを覚えています(~_~;)
[2012/03/13 12:20] URL | こうゆうママ #- [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://terajimasusumusan.blog37.fc2.com/tb.php/2731-b228e281
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Design&Material By MOMO'S FACTORY