ちわわんと言うハンドルネームと、タイトル名と、この名前を作ってから・・・いつの間にやら 20年余りも経過しちゃったなぁ~・・・あの頃は、タグ打ちの時代で、同じ名前は登録できなかった時代だったのになぁ~~~・・・Windows95のホームページの時代から考えると、すごいわよねぇ。。写真もコメントもさくさく入れられるようになっちゃって驚いちゃうわよね( *´艸`)

07<<  2017.08 >>09
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 

ひとりごと・・

ちわわん

Author:ちわわん
知り合った多くの友人たちに。
感謝をこめて。

↑写真はぷりんちゃん15歳6ヶ月と20日(2015年6月20日没)と
3年前に5月7日に17歳で亡くなったその母ムーバです。

静岡市在住の。
ご近所の犬ともだちさんへ。
ありがとうの言葉を添えて☆

長い犬人生と映画など色々。
20年程前のホームページも合体しました。
これからもよろしくお願いいたします。


最近の想い出綴り


最近のコメント


分類


あしあと


QRコード

携帯用にどうぞ。

QRコード


リンク

このブログをリンクに追加する


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


『吸血鬼』 1967年 ロマン・ポランスキー監督。
『吸血鬼』 1967年 ロマン・ポランスキー監督。

ライオン
↑がぉ~~っとライオンが。

ドラキュラ
↑ドラキュラに。。洒落ているなぁ~ 滴る血が文字となり・・

ここから映画が始まる。

景色

今見直して観ると・・
ロマン・ポランスキー監督さんも
やっぱりアンディ・ウォーホルと一緒に
仕事をしていたという名残が感じられる作品だなあ。。

やっぱり思想的な人権人種問題の先駆けといったところも
含まれていて見て取れるような作品だったのだ。

ロマン
(ロマン・ポランスキー監督)

当時これを映画館に観に行っていた時には
私達は女学生だったために
さして画面の持つ意味を気にも留めていなかったのだが。

博士

こうして年代を経てあらためて観てみると
また違った話の内容が
今にしてわかってきて
ちょっとばかり笑えてしまえる所もあるのだ。

ハーバーと

それは?なんと
ドラキュラ伯爵の一人息子のハーバートが
オネエキャラだったというかゲイだったということだ。

ゲイ

そしてロマン・プランスキー演じる
ヴァンパイア狩りのヘルシング教授?(アブロンシウス教授)の
助手のアルフレッドを
”ぞっこん”に気に入ってしまっていて
運命の導きだとばかりに彼に迫ってくるのである。

ゲイ

そしてあろうことか・・
世紀の遺物でもあろうはずのドラキュラ伯爵が
なんとも革新的にも同性愛そのものを認めていて
息子の後押しをさえしていているのである。

伯爵

そうして言う台詞がふるっている。

もう数世紀も経てば
お互いをより深く理解できるようになって
ごく普通のことになるだろうと。。。

ロマン・ポランスキー

さすがだね。人生無駄に長生きはしていなかったってことか。。
ちゃあんと吸血鬼なりに未来を見据えているではないか。。(笑)

なんであの頃には
こういった行動や台詞の持っている意味が
解らなかったんだろうか。。

確か2回も3回も同級生達と観にいったのにぃ。。

今日見直してみて驚いた。へぇ~~!

ハート

45年以上も前の映画に
こういったメッセージを篭めて映画をつくるというのは
至難のことでもあったろうに。

アンディ・ウォーホルですら生命を狙われているし。

ふたり

まぁ『ローズマリーの赤ちゃん』にしても
どんな主張があったにしても。
それよりもなによりも、
不気味そのものの映画の中で主演したミア・ファローを
この映画に出ていたがゆえに嫌いになったくらいだったからなぁ。
青少年に与えた影響は大きかった。

シャロン

それもただ恐いというだけでなく
私は違ったメッセージをも感じ取ったのだが。。
どうであったろうか。。

今現代において良く起こりうる
育児ノイローゼとか母性とか妊娠によるストレスとか。
生まれてくる子に起こりうる障害とか奇形とかを。。。
それを悪魔性という不安感で表現をしたものではなかったのか。。と。

そして映画のラストシーンで見せた
何よりもに勝る大いなる母親の愛情とか。。を。
予告でもしているかのような作品でもあった。

それは女だからこそ感じ取ったものなのか。。

シャロン

まぁこういった先駆者的な映画を作っていたがゆえに
この映画で共演していて後に監督さんと結婚された
美しい妻のシャロン・テートさんが
狂信的なブードゥー教の信者によって
9ヶ月の身重のお腹を吊るされて16箇所も刺されて殺されるという事件が。。

シャロン・テート

当時は映画は映画館でしか観るしかなく。
多くの老若男女が訪れていた。

与える思想的な影響も大きかったのだ。

そう思うと。
先の先を見通していたりする
先駆け的な人に降りかかる受難ででもあるようにも思えてならない。

今では表現の自由が謳われていて
悪魔崇拝だろうが。同性愛だろうが。どんなことでも。。

当時は命取りだったのだ。。
スポンサーサイト

テーマ:心に残る映画 - ジャンル:映画


コメント
sirowan さんへ
この映画。
ロマン・ポランスキー監督さんが
戦場のピアニストで有名になったせいか
なんとレンタル屋さんにおいてあるんですよ。
びっくりです。(笑)

こういった50年近くまえに観た映画を
レンタルで見直せるなんてすごい。

しかも。
昔は映画って映画館でしか観れなかったので
意味が理解できなくても
見直すってことが面倒だったのよねええ。。

今はなんて楽なこと。
再生すればいいんだものねええ。。(笑)
[2012/02/18 22:02] URL | ちわわん #- [ 編集 ]

イヴまま♡ さんへ
あはははは!可愛い!

そういえば そうでしたよね。。(笑)

昔私達が映画を観た時代って
今のようにDVDも無ければビデオも無い時代。

映画を何回も観ないと理解できなかった作品もあったりして
最高13回も通ったなんて映画はざらでしたよ。

また映画もずうっとエンドレスで
映画館に居ることができたし

もう一回観て帰ろうなんんてことも ざらでした。

そんなだったからこそ
今見直すとあらまってな新発見が
けっこうあります。
[2012/02/18 21:59] URL | ちわわん #- [ 編集 ]

めぐさんへ
健康的な美しい女優さんだったのに。
とってももったいない。。

この頃のロマン・ポランスキー監督も
のちに少女に悪戯した罪で国外逃亡するような
そんな風な雰囲気はなかったなあ。。

健全な青年に見えた。

ただ。作る作品も。
出演している作品も。友人関係も
独特なものはあったけど。
その主張は共感できるものが多かったなああ。

この奥様が亡くなったあとの作品
『マクベス』は気持ちわるかったなあ。。
[2012/02/18 21:57] URL | ちわわん #- [ 編集 ]


バンパイアが出てくる物語で、
同性愛を示唆するもの、
いくつか思い当たります。

「ポーの一族」や
「夜明けのバンパイア」等。。。

綺麗なんですよね。
永遠の時を一緒に生きよう。。。って、
性や時を越えての愛って、いうんでしょうか。。。

流血ものがダメで、
吸血鬼と聞いただけで、
観るのをやめていたものもあるんですけど、
この映画は、観ればよかったなあ。。。

[2012/02/18 16:19] URL | sirowan #- [ 編集 ]


映画って
数年経ってから見て初めて
ぁ~こういうことだったのか~って
あらためて思うことがありますよね。
ちわわんさんの記事を拝読するたびに
紹介された映画が見たくなってしまいます。

それにしても最初のこのライオンを見ると
トムとジェリーを思い出しちゃう~♪
[2012/02/18 14:57] URL | イヴまま♡ #- [ 編集 ]


わぁお!
この時代に
ずい分と思い切ったシナリオの映画ですね。
色んなことを秘めていた時代なのに。。。

こちらの女優さん。
ホントにおキレイです。
惨事に遭われて残念です。
もし、今ロマン監督の血をひいた
お腹の子が生きていたとしたなら
もしかしたら映画監督になっていたかも?
そしたらどんな映画を作ったのか。。。

[2012/02/18 11:35] URL | めぐ #5KPaI2a2 [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://terajimasusumusan.blog37.fc2.com/tb.php/2686-efe54d59
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Design&Material By MOMO'S FACTORY