ちわわんと言うハンドルネームと、タイトル名と、この名前を作ってから・・・いつの間にやら 20年余りも経過しちゃったなぁ~・・・あの頃は、タグ打ちの時代で、同じ名前は登録できなかった時代だったのになぁ~~~・・・Windows95のホームページの時代から考えると、すごいわよねぇ。。写真もコメントもさくさく入れられるようになっちゃって驚いちゃうわよね( *´艸`)

09<<  2017.10 >>11
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 

ひとりごと・・

ちわわん

Author:ちわわん
知り合った多くの友人たちに。
感謝をこめて。

↑写真はぷりんちゃん15歳6ヶ月と20日(2015年6月20日没)と
3年前に5月7日に17歳で亡くなったその母ムーバです。

静岡市在住の。
ご近所の犬ともだちさんへ。
ありがとうの言葉を添えて☆

長い犬人生と映画など色々。
20年程前のホームページも合体しました。
これからもよろしくお願いいたします。


最近の想い出綴り


最近のコメント


分類


あしあと


QRコード

携帯用にどうぞ。

QRコード


リンク

このブログをリンクに追加する


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


『危険がいっぱい』 1964年 ルネ・クレマン監督。その2
車

私はこの作品がとっても好きだった。

車

女性達が己の自覚に目覚めてきて
世の中に台頭してゆこうとする時代の現われでもあったのか。

車
(屋根の部分が透明・・・なんて素敵な車だろう)

この頃には
自分好みの素敵な男性を捕らえて
自分だけのものにしてしまおうとするような作品が数点あり
必ず虜とされるのは若い美男子でなければならないのだ。

運転手

まだまだこれからという時に亡くなった
ピエール・クレマンティの題名を忘れてしまったが。
孤独の部屋?とかいうような作品にも
そんな女性好みの部分が含まれていたような。。

アラン・ドロン

『Free Me』というイギリス映画。。
内容は金髪の素敵なロック歌手がカリスマに持ち上げられてゆく中で
自己との葛藤に苦しむ映画だったのだが。
舞台の上に設置された鉄格子の中で
赤い軍服?みたいな服を着ていて手錠で繋がれて
主人公役のポール・ジョーンズが『Free Me』と切々と
泣いてるかのように訴えながら歌い上げる姿も
とても女性好みの姿であった。

アラン・ドロン

それを当時のタイガースの沢田研二が真似をして
『傷だらけのアイドル』という歌を歌って大人気となったのも
そんな風潮にあったからなのかもしれない。

アラン・ドロン

まあ。要するに。観ていた時代の私達には
今にして思うに
お話の内容なんかはどうでも良かったんじゃなかろうかと。(笑)

アラン・ドロン

容姿のきれいな男性が飼い鳥のように捕らえられていて
女の意のままにならざるを得ないような状況で
思い悩む姿が観たかっただけじゃないのかと。。

アラン・ドロン

まあ。そういった風な女性上位の欲望の方が
よくよく自然に理解できるような気がしたものだった。

アラン・ドロン

今は女も強くなり
大いに自由で
自分で何でも決断して実行することが出来得るし
好き嫌いの選択も表明することだって出来る時代だ。

アラン・ドロン

今ではよっぽども
男の子よりも女の子の方が活発で行動的でもある。
実行力も数段も勝っていて生命力にも溢れていたりする。

アラン・ドロン

そんな女性たちの内なる力の可能性を示唆して描き出した
先駆け的な作品とも言えるような気がする。

アラン・ドロン

だからこそ
ジェーン・フォンダという女優さんを起用しているのではないだろうか。。

ジェーン・フォンだ

そうでなかったのなら
フランスであっても、イタリアであっても
どこにでも
より若くて美しい女優さんはいっぱい居たことだろうと思えるのだが。

ふたり

後々にベトナム戦争反戦運動家として有名となるジェーン・フォンダ。
この後の映画『バーバレラ』で観たような
魅惑的で蠱惑的な女性でありながらも
どこかしらに芯の強さの片鱗を見せているような演技が魅力的である。

アラン・ドロン

ルネ・クレマン監督さんにはきっと
まだまだ若かったジェーン・フォンダさんの中にも
そんなふうな確固たる意志の強さを見ていたのではないだろうか。

アラン・ドロン

そんな彼女の資質を見抜いたからこその
この女性の役所を
わざわざアメリカ女優の彼女に演じてもらいたかったのではないだろうか。

女

まあ。女は欲しいもののためならば
手段を選ばないもんだということを
あらためて思い知らされるような映画でもある。

アラン・ドロン

同じ女としては
してやったりの彼女に軍配を上げざるを得ないし
また。
なんとも小気味良かったりもするのだが。

アラン・ドロン

籠の鳥になってしまったアラン・ドロン。。
男の側にしてみれば
なんとも哀れでもあるような。。

アラン・ドロン

そしてアラン・ドロン。。
彼の魅力もふんだんに活かされていると思う作品。

アラン・ドロン

どの映像もとても素敵なのだ。

アラン・ドロン

そういえば・・・
この映画の原題は『Les Felins』とは猫科の動物のことを言うそうな。

猫

なるほどねえ。。。
だからか。。
映画の中で猫の示す存在感は大きい。

猫

要所要所に顔を出す。

子猫

なんと。最後にはジェーン・ホンダ演じるメリンダが
アラン・ドロンのマークに向かって新しい子猫を与えるのだ。

メリンダ

籠の鳥になった男に。
せめてもの慰めの友として。。

マーク

クレマン監督は猫科の動物同士の狡知ゲームでもあると
この映画のことを言っている。

マーク

最初は。
アラン・ドロンのマークも。

メリンダ

ジェーン・ホンダのメリンダも。

バーバラ

富豪の女主人のバーバラも。

ヴァンサン

その情夫のヴィンセントも。
皆がみんな猫科の動物のような雰囲気を持っていて
最後には。
一人が勝ち残り。。一人は捕らえられてしまうのだ。

アラン・ドロン

そしてそれまでの
誰が誰を組み敷いて手なずけるのかが見所で
猫科同士の争いのようにも見えたのだが。。

アラン・ドロン

ひょっとして。。
映画の中でも語られているように
アラン・ドロンはウサギだったのかもしれない。

アラン・ドロン

一番狡猾な猫であったはずのアラン・ドロンは
熟女の女豹と爪を研ぎ始めた子猫と。囲われていた雄虎との
三者三様の三つ巴の真っ只中に組み込まれてしまった

うさぎ
哀れなウサギだったのかもしれない。

アラン・ドロン

『生きる歓び』に比べて映像がとても美しい。
そして主題歌のジャズ音楽も素敵。
そしてピエール・バルマンのお洋服もお洒落なのだ。
スポンサーサイト

テーマ:心に残る映画 - ジャンル:映画


コメント
白秋マダムさんへ
ほんとうにねぇ・・・

昔は授業中ですら膝頭をくっつけて
ぴしっとしてないと先生やシスターに注意を受けたものでした。

髪の毛もおさげに結っていたり。
決められた長さで直毛。。(笑)

スカートの長さも床から何センチと決められていたり。。

今思うと懐かしいような。。
そんな時代の思い出となりました。

どちらがどちらともは言えませんが
今は今で
物がしっかりと色々奥の奥まで見えるような。。

私達の時代にはオブラートに包まれていたものが
今ではしっかりと実地で見えることが
羨ましいようにも思います。

昔は世間知らずの女だったかも。。(笑)
[2012/02/18 08:51] URL | ちわわん #- [ 編集 ]

めぐさんへ
およ?お若いのにジュリーとおっしゃる?(笑)

私達は中学だたか忘れたけれど
女学校の同級生15人と一緒に
その頃加山雄三の若大将シリーズと一緒に
タイガースの映画が封切られ
映画に向かってジュリー・・っと
歓声をあげていた時代でしたよ。

スパイダースとかね。(笑)

あの傷だらけのアイドルの歌は
映画のすぐあと。
まったく同じ扮装で歌われたので
みんなでパクリだパクリだと言っておりました。(笑)

私も日本平ホテルのディナーショーで
沢田研二ひとりとしてのものは
観にいったことがありました。

友人が大ファンだったので。。
なんでも今でも東京ドームのコンサートに行かれたそうですよ。
[2012/02/18 08:45] URL | ちわわん #- [ 編集 ]

ブーくんさんへ
まあ。なんて素敵な。。
うらやましいいなあ。。

私は昔からヴィスコンティが好きだったので
篠山紀信さんの撮られている写真集やら
色々持っておりますが
そこにパレルモも多く載っておりました。

今度ぜひぜひアップしてくださいな。
観たいなああ。。

よろしくお願いいたします~

お城もまだ残っていたのかしら・・
[2012/02/18 08:39] URL | ちわわん #- [ 編集 ]

こうゆうママ さんへ
私も難しいことは。。。

ただ。私は彼ほどしなやかにのびやかに。
そんな言葉がぴったりする人はいないかと。

あの時代に今とは違って CGもなく
実際に映したままがフィルムに残ってしまう時代。

横から見ても縦から見ても
上から見ても下から見ても
すばらしい美形。。

なんとスカウトされた時に
ロックハドソンのマネージャーだったので
あの美貌よりもきれいな体をしているということで
スカウトされたそうですよ。

ちょっと笑っちゃいました。
[2012/02/18 08:32] URL | ちわわん #- [ 編集 ]

sirowanさんへ
アラン・ドロンの魅力はしなやかさ・・と
したたかさではなかったかと。。

私にはそう思えてならないのですが。。

あやうさも確かにありますよね。
目つきがそうですよねえ。。

ピエールバルマン・・
私達の若い頃には人気があったブランドなんですが。。
ジパンシーとか。

この頃若い方には
とんと人気がないブランドなんでしょうねええ。。。
[2012/02/18 08:27] URL | ちわわん #- [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[2012/02/17 21:44] | # [ 編集 ]

充分
堪能しました。
鋭い解説付きで、ね。

昔の女性は女性であることを意識し、それらしく振舞っていました。
でも形だけの物で、中身は平等意識を追及していた人もいたのですね。

「おズボンはお穿きにならないように」と寮長先生が仰っていましたが。
反発することすら考えもせず、そんなものだと思っていました。

バブル期のころから女性が職場で台頭してきましたが、女性らしさを放棄しているような人がいますね。
男のような言葉遣いをしなくても、叱ることも注意もできるのに。

映画からそれてしまってごめんなさい。
[2012/02/17 17:04] URL | 白秋マダム #K.8lH0lM [ 編集 ]


ジェーン・フォンダさんは、お歳を召した彼女しか
存じ上げていなかったのですが
若い頃にはドロン様と共演していた方なんですねー。


快活なイメージの女優さん
この役柄にマッチしていますよね^^

ドロンさまはカゴの鳥。
こんな綺麗な鳥ならカゴに入れたまま出したくないかも?
でも、今でいうと監禁になってしまうので危険ですね(汗)

ジュリーの曲は今聴いても素敵だと思います。
3年くらい前にライブに行きました^^
[2012/02/17 16:39] URL | めぐ #5KPaI2a2 [ 編集 ]


こんにちは☆

さっそく山猫を見させていただきました(^_-)-☆
アラン・ドロン本当にイケメンです(笑)
実はパレルモに行ったときに山猫を撮影したレストランに行った事がありました。
その時からどんな映画なのかと楽しみにしていました。
大好きなパレルモの景色や、歴史の勉強にもなった木がします・・・?!
本当にありがとうございます(#^.^#)
[2012/02/17 16:01] URL | ブーくん #AzmySJ4g [ 編集 ]


私って洋画だと演技がうまいのが下手なのかって
よくわからないんですよ;;
セリフも棒読みだとしてもわからないし(笑)
アランドロンはとてもハンサム☆それはもうすごいけど・・
実際、演技力ってどんなものなのですか?
結構評価されていたのですか?
[2012/02/17 12:21] URL | こうゆうママ #- [ 編集 ]


この映画はピエール・バルマンのデザインの
洋服が使われているんですね。

映画の中の洋服、普段着るには。。。というものも、
俳優さんたち(特に女優さん)、素敵に着こなしていて、
いつもびっくりします。

アラン・ドロンらしい作品なんですね。
アラン・ドロンの容姿って、男前だけど、
ちょっと儚げなところ(頼りなげ?)もあって、
ウサギ。。。の形容が当てはまるのかも
しれませんね。

ほんと、ちわわんさん、映画通ですね。
昔の映画、ほんと観たくなります。
[2012/02/17 11:04] URL | sirowan #- [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://terajimasusumusan.blog37.fc2.com/tb.php/2685-28730d2d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Design&Material By MOMO'S FACTORY