ちわわんと言うハンドルネームと、タイトル名と、この名前を作ってから・・・いつの間にやら 20年余りも経過しちゃったなぁ~・・・あの頃は、タグ打ちの時代で、同じ名前は登録できなかった時代だったのになぁ~~~・・・Windows95のホームページの時代から考えると、すごいわよねぇ。。写真もコメントもさくさく入れられるようになっちゃって驚いちゃうわよね( *´艸`)

09<<  2017.10 >>11
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 

ひとりごと・・

ちわわん

Author:ちわわん
知り合った多くの友人たちに。
感謝をこめて。

↑写真はぷりんちゃん15歳6ヶ月と20日(2015年6月20日没)と
3年前に5月7日に17歳で亡くなったその母ムーバです。

静岡市在住の。
ご近所の犬ともだちさんへ。
ありがとうの言葉を添えて☆

長い犬人生と映画など色々。
20年程前のホームページも合体しました。
これからもよろしくお願いいたします。


最近の想い出綴り


最近のコメント


分類


あしあと


QRコード

携帯用にどうぞ。

QRコード


リンク

このブログをリンクに追加する


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


『山猫』 ヴィスコンティ。その5
アラン・ドロン
公爵の娘と居るところに・・・

クラウディア・カルディナーレ
クラウディア・カルディナーレの登場!

アラン・ドロン
その圧倒的な美しさにタンクレディは恋をする。

アラン・ドロン

道具類に関しては、
ジョゼッペ・トマージ・ディ・ランペドゥーザの養子であり、
この小説の著作権の相続者である。
パルマ公爵ジョアキーノ・ランツァ・ディ・マッツァリーノ家の
貴重な援助を受けた。

食事

事実、この撮影に使われた、
家具、寝台、照明器具、絨毯、
晩餐会や舞踏会で使われた皿や食器類、コップ類の殆どが
マッツァリーノ家の有名なコレクションの中から提供されていたもので。

食事

ジョアキーノ・ランツァ・ディ・マッツァリーノは
道具方の貴重な協力者であった。

食事

事情に精通していた彼は、
失われたシチリアの再現において理想的な案内人であった。

食事
撮影は全てシチリアのキージ邸で再現された。
マッツァリーノ家からの借用品以外に
エルコラーニ公爵夫人所有の貴重な壁掛けや絵や家具が
ヴィスコンティのために親切にも提供された。

食事
給仕たちは、
地方の同業組合から派遣された熟練した本職であった。
しかし、
上流階級の家庭から借り受けた
本物のお仕着せは寸法が全て異常に小さく、着せるのに大変だったそうだ。

しょくじ
食卓には、
有名コレクションに由来する
貴重な陶器や食器で飾られており、
俳優さんたちの強い責任感のおかげで
損害は最小限にとどまった。

食事

テーブルの傍を通るときに
どうしても触れてしまう婦人たちの
大きなスカートの犠牲になったのは
数個のコップだけですんだようだ。

食事

晩餐会と舞踏会のビュッフェの料理は専門のコックが作り、
原作にある通りの料理やお菓子などが並べられた。

食事

ヴィスコンティは
彼が予期していた通り
この時代の舞踏会を蘇らせることに成功した。

食事

「客たち」は物事を心から理解して、
この舞踏会があたかも本物のように振舞った。

俳優も素人も自分の役に同化して
撮影が終わった後も映画の中でと同じようなグループをつくり
朝の4時に食事をするほどにまでなった。

食事

本物の祭りの時と同じように、
友情や敵意が生まれ、
議論やゴシップが飛び交い、
祖先たちと同じように、
気の荒いシチリア人の若者や貴族たちが、
北からきた美しい女優たちにのぼせあがってしまうという
場面にまで発展した。

カルディナーレ
ヴィスコンティはクラウディア・カルディナーレを
獣的なものを含んでいる美しさと評している。

アラン・ドロン

衣装も下着に至るまで正確に当時のものを製法から素材にいたるまで
できるだけ再現させている。
カーテンひとつにもそれはこだわって
最高級の素材で再現させて作らせている。

アラン・ドロン

ヴィスコンティ遺稿につづく。
スポンサーサイト

テーマ:心に残る映画 - ジャンル:映画


コメント
sirowanさんへ
私の歳だとクラウデぃア・カルディナーレと
ジョージ・チャキリスの『ブーベの恋人』が
とても印象に残っております。

早熟だったので。。あはは。

でも、この映画すごいでしょ。
見ていて見飽きるということがありません。

随所随所をもっともっとと
見たくなる映画です。

若い時には解らなかったのにねええ。
同じうらさびしさ・・を分かち合える年齢になったからでしょうかねええ。。
[2012/02/04 18:45] URL | ちわわん #- [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[2012/02/04 11:24] | # [ 編集 ]


映画のワンシーンワンシーンが、
精巧な絵のようだなーと思っていたのですが、
ちわわんさんの説明を聞いて、
納得です。

本物にこだわって、作られた映画ですもん。
作り物じゃなくて、本物なんですね。

クラウディア、獣的な美しさ。。。
うまい表現ですね。
綺麗なだけでなく、肉食獣的なところが
ありますね。
これは、日本人にない迫力ですね。

[2012/02/04 11:01] URL | sirowan #- [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://terajimasusumusan.blog37.fc2.com/tb.php/2659-7bf9b1cb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Design&Material By MOMO'S FACTORY