ちわわんと言うハンドルネームと、タイトル名と、この名前を作ってから・・・いつの間にやら 20年余りも経過しちゃったなぁ~・・・あの頃は、タグ打ちの時代で、同じ名前は登録できなかった時代だったのになぁ~~~・・・Windows95のホームページの時代から考えると、すごいわよねぇ。。写真もコメントもさくさく入れられるようになっちゃって驚いちゃうわよね( *´艸`)

07<<  2017.08 >>09
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 

ひとりごと・・

ちわわん

Author:ちわわん
知り合った多くの友人たちに。
感謝をこめて。

↑写真はぷりんちゃん15歳6ヶ月と20日(2015年6月20日没)と
3年前に5月7日に17歳で亡くなったその母ムーバです。

静岡市在住の。
ご近所の犬ともだちさんへ。
ありがとうの言葉を添えて☆

長い犬人生と映画など色々。
20年程前のホームページも合体しました。
これからもよろしくお願いいたします。


最近の想い出綴り


最近のコメント


分類


あしあと


QRコード

携帯用にどうぞ。

QRコード


リンク

このブログをリンクに追加する


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


『ベニスに死す』 1971年 ルキーノ・ヴィスコンティ監督
ベニス

なんで?

ベニス

インディーズ映画ばかりを上映している
松坂屋デパートの裏のお寺さん経営の映画館で
今日から『ベニスに死す』の上映が始まった。

ベニス

なんとまぁ・・懐かしい。 ヴィスコンティの作品だ。

ベニス

私達の若かりし頃に夢中になり
それこそ去年の10月に閉館となってしまった
映画館の一つに・・
同級生と観にいった映画だった。

ベニス

とても美しい。
美しくて 美しくて・・
ひとつひとつが馬鹿丁寧だと思えるほどに
ひとつひとつを吟味をし尽くされて撮られている映画だった。

タージオ

だから観ているこちら側としても
とても大事な小鳥たちを撫でさするかの優しさをもって
眺めた映画だった。

タージオ

いたわりと慈しみとを持って
劇中の人物に自分を溺れさせて
感情移入も激しかった時代に
とても愛した映画だった。

ベニス

当時 
原作も出版されて
表紙にはこのタージオという美少年が
セーラーカラーの服を着て
横向きに立っている姿が使われていた。

ベニス

原作はトーマス・マン。
ご本人の経験による恋心を綴ったものだった。

タージオ

なんとお相手の美少年は
シュラフタ(ポーランド貴族)の
ヴワディスワフ・モエス男爵と言うお方だそうだ。

ベニス

トーマス・マンに恋された時にはまだ11歳の少年だったという。

ベニス

トーマス・マンには奥様もお子様もいらしたが
30代になって
家族と一緒に旅行に行ったベニスで突如少年に恋をした。

タージオの母

(彼の長男は著名な作家になったがゲイだった。
 ホモだということをバッシングされて
 薬物摂取によって死亡とされているそうな。。
 きっと、この時代にはそういったことを隠して
 妻帯するのが常だったのだろう。
 『モーリス』のクライヴのように。。)

家庭教師

男とも女とも関係なく
その純粋な美しさに対しての憧憬だったのかもしれない。

タージオ

突き動かされるように
彼は真の芸術家であり
抑えられない衝動を文章として残したのに過ぎなかったのかも。。

タージオ

それをまた同じ志をもつ
ヴィスコンティが映画化したのだという所に
大きな意味があったのかもしれない。。

タージオ

このヴィスコンティというお方については
また、『山猫』『若者たち』『地獄に堕ちた勇者ども』などでも
また、語りたいと思っている。

タージオ

私にはとても大きな影響を与えてくれた監督さんだった。
丁度、私達の若かった頃には再び
大正ロマンやら・・情緒面に於いても
耽美的なものや甘美的なものが流行りだしてきている頃だった。

ベニス

このヴィスコンティが見出して育てた俳優さんたちが皆

ベニス

上から観ても下から観ても
右から観ても左から観ても
非の打ち所が無く美しかったアラン・ドロンのように。

ベニス

この方の撮る映画の映像の美しさといったら

ベニス

風景の一つ。水辺の一つをとっても

ベニス

非の打ち所のの無いもので

ベニス

小道具一つ完璧に収まっており

ベニス

いくら観ていても見飽きるということがなかった。

ベニス

当時。

タージオ

私はこの映画を2回も3回も
同級生と一緒に行ってはため息を漏らしていた。

タージオ

今こうやって見返してみると

タージオ

やっぱり全ての1コマ1コマが絵になっているようだ。

ベニス

面白いもので、

ベニス

青春真っ盛りの時に見た感想と
今観るのとでは大きな違いが生じている。

どちらかと言えば今観るほうが
この主人公のバッハの気持ちに近いものがある。

タージオ

美しいものは美しい。。
そして若々しいと。

タージオ

そんな年齢になっていた。

タージオ

切なく哀しい物語でもある。

ベニス

ヴィスコンティの映画に使われている調度品は本物で重厚。
彼の映画の貴族のエキストラは
本物の貴族の子孫の方々が出演されていたという。。
ホテルはオテル・デ・バン。
『イングリッシュペイシェント』でも使われていた。

ベニス

余談だが。
池田理代子さんは このタージオをモデルに
オスカルを描いたんだとか。。
オルフェウスの窓も同じタイプだったなぁ。。
スポンサーサイト

テーマ:心に残る映画 - ジャンル:映画


コメント
めぐさんへ
ですよねぇ・・・
本当に透明感のある美しさ。。

でも基本的に美しい方は歳を経ても美しいようです。

アランドロンも76歳とは思えないもの。。

ただ。
ヘルムート・バーガーは容貌がアランドロンよりも
10歳ちかく年下なのに衰えてますね。。
まるでじじむさい。。。

美を追求すると若さと気高さと・・
ここに到達するのか・・といった感じの映画です。

若い頃に観た感じと・・
40年経ってみるのとでは感慨が全く違ってきました。

是非いかがですか?
[2012/01/23 21:16] URL | ちわわん #- [ 編集 ]


こちらの映画は、まだ観ていないのですが
名画ですよね。
モーリスは、若い頃に見て
今でも印象に残っている映画の1つです。

映像美がお見事なんですね。
同じ映画でも時を経て観ると
又、違う感動が出てくるんですよね。
私も何度か経験があります。

美少年ですが、
美しすぎた為の代償も大きかったようですね。
これだけ妖艶さを少年時代から兼ね備えていたら
そら、狙われますわなぁ~。

現在が、まっとうな生活をなさっているようで
安心しました^^



[2012/01/23 17:28] URL | めぐ #5KPaI2a2 [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://terajimasusumusan.blog37.fc2.com/tb.php/2624-2fb31b75
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Design&Material By MOMO'S FACTORY