ちわわんと言うハンドルネームと、タイトル名と、この名前を作ってから・・・いつの間にやら 20年余りも経過しちゃったなぁ~・・・あの頃は、タグ打ちの時代で、同じ名前は登録できなかった時代だったのになぁ~~~・・・Windows95のホームページの時代から考えると、すごいわよねぇ。。写真もコメントもさくさく入れられるようになっちゃって驚いちゃうわよね( *´艸`)

07<<  2017.08 >>09
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 

ひとりごと・・

ちわわん

Author:ちわわん
知り合った多くの友人たちに。
感謝をこめて。

↑写真はぷりんちゃん15歳6ヶ月と20日(2015年6月20日没)と
3年前に5月7日に17歳で亡くなったその母ムーバです。

静岡市在住の。
ご近所の犬ともだちさんへ。
ありがとうの言葉を添えて☆

長い犬人生と映画など色々。
20年程前のホームページも合体しました。
これからもよろしくお願いいたします。


最近の想い出綴り


最近のコメント


分類


あしあと


QRコード

携帯用にどうぞ。

QRコード


リンク

このブログをリンクに追加する


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


『抱きたい関係』 2011年
抱きたい

これもイマイチなんだかなぁ・・・と思えるような映画だったが
出演者の豪華さで前評判はすこぶる良かった。
私にはイマイチぴんと来ない。

抱きたい

なんだろうなぁ。
この頃の若者達は。。。

抱きたい

”最近の若者は精神的に深く関りあうよりも
 体の関係の方に 気楽さを感じるらしいことだ。”
・・・と。監督さんが述べているように。

抱きたい

今流行のテレビドラマの多くが
ゴシップガールにしてもビバヒルにしても
まぁすぐにくっつくくっつく。
くっついては直ぐに分かれてしまうし
また直ぐに別の人とくっつくし。
また、それが同じグループ内で
ぐるぐると廻っているのだから堪らない。

抱きたい

あの人の友達は
私の友達の友達の輪・・みたいな。。

抱きたい

あまりにも軽くてややこしい。

抱きたい

まぁ・・そういう人達ばかりではないんだろうけど。

抱きたい

それがとってもお洒落だとでも思っているのだろうか。

抱きたい

確かに
これだけお試しのお試しを実践しているのならば
いざ結婚に至っても間違いはなさそうである。

抱きたい

かえって結婚の失敗を防ぐには良いことなのかしらん?
と、時代遅れの私の頭では気持ち的に?が残る。

抱きたい

そんなことじゃあ時代に乗り遅れるよ・・と言われそう。(笑)

抱きたい

まぁ、そうは言ってみても
実際にこういったような
セックスはスポーツだ!とでも言いたげな
若者達は増加しているのだろう。

抱きたい

そして、
あまりにもドライであったはずの
キャリアのトップとしての道筋を歩んできたはずの主人公。エマ。

抱きたい

彼女にも転機が訪れる。

抱きたい

愛情を止められなくなったのだ。

抱きたい

以外にも運命的に?
愛情を紡ぐことを大切にしている彼氏ができたのだ。

抱きたい

そんな女性的なキメ細やかさを持っている彼氏と
男のようにワイルドな魂を持つ女性との
ちょっとばかり逆転エピソードのような展開は面白い。

抱きたい

遣るだけやってスっきりこんと
七面倒くさい過程を全て排除してしまう女性と
優しく抱き合いながら寄り添って眠りたい彼氏との

夢のない現実的な女と
夢のある男とのいざこざ劇が面白い。

そしてまた瞬間瞬間との色合いと映像がとても美しい映画だ。

抱きたい

★・・わんこ好きはわんこが出ていると観たくなってしまう。
   だけれども悲しいものは駄目。。
   これはラブコメなので安心を。

ポメ
自分勝手な元カノのヴァネッサ。

ポメ
今はアダムの父親と同棲中なのだが。

ポメ
父親が具合悪くなるとさっさと犬も父親も捨てていく。

ポメ
仕方がないので。

ポメ
カーディガンの中に隠して病院へ。

ポメ
見つかったら盲導犬だと言うことにと・・・

ポメ
そりゃあ無理だろう。(笑)

ポメ
しかし、この子可愛いね!

ポメ
ついついいっぱい載せちゃった。

ポメ
犬好きさんにはたまらないかもぉ~

女性主人公エマにはナタリー・ポートマン。
男性主人公アダムにははアシュトン・カッチャー。
この人16歳年上のデミ・ムーアと結婚した男の人で
若い女の子との浮気がばれて離婚したばかり。
ブルース・ウイリスに呼び出されて説教されて泣いたとか・・・いうお方。

ケヴィン・クラインがアダムの父親役で好い味だしてます。
スポンサーサイト

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画


コメント
白秋マダム さんへ
ほんとうに。
私の年齢では実行するには大きな抵抗がありますが。
今の若い世代の方々はいかがなものなんでしょうか?

まぁ・・しかし。めまぐるしい・・・
一途という言葉が見当たらない・・・
帰って同性愛の映画のほうが
美しい一途な物語が多いことに驚かされます。

きっと 自分にあった相手を見つけること・・
その事すらが、まず第一の関門になるからでしょうか。

男と女ならば・・ぱっと見つかる相手も
同姓の方同士だと見つけることすらが難しく
だからこそ見つけたあとも
だいじに守っていきたいとお互いを大切にするからでしょうか。

この頃 そういった映画を観るにつけ
考えさせられることも多いですねええ。。

本当に、時代はかわってきましたねええ。。

そんなことでこの頃同性愛の映画が好きになってきたのかも
しれません。

シングルマンも ブロークバックマウンテンも
ウエディングバンケットも大好きですねえ。。。
[2012/01/20 08:02] URL | ちわわん #- [ 編集 ]

めぐさんへ
ね。ね。ほんといらぬお世話ながら・・
色んな病気を心配してしまいますが。
やっぱりそこは進んでいるお国柄のこと・・
性教育も徹底しているんでしょうねええ。。

デミさんの元旦那・・・
いい男だと人はいうけれど・・
なんかどっかが もわっとしていて 頼りない感じがして
そこが年上の人には良いのかもしれませんね。

きりっとしたハンサムさんじゃないんですよね。
だからこういったコメディにはぴったりなのかもしれません。

しかし、でかい。十頭身?
足が長いこと・・長いこと・・・
ほんの10っせんち・・・ほしかった。。。(笑)

ビバヒル・・・私もヂュランの時代・・大好きでした。
ビデオを全部持っていたくらい。。。あははは。。

でも。
私はドナとずうっと幼馴染から結婚したデビッド坊やと
スティーブが大好きでした。

でも今のビバヒルは時代を反映していて
ゲイのこともちゃんと盛り込まれていますもんねええ。。
時代は変わりましたよねえ。。
[2012/01/20 07:54] URL | ちわわん #- [ 編集 ]

尾張小牧さんへ
ありがとうございます。

つたない鑑賞なのですが。
幼い頃からの映画漬け・・
町内に映画館街で育ったので
飽きもせず毎週毎週映画漬け・・(笑)

でも実際にはもっと観ていたり・・
感想のかけないものが多いのですよん。

どんだけ好きなんだ・・っと言われそうです。。。
あははは。
[2012/01/20 07:45] URL | ちわわん #- [ 編集 ]

映画会
こんばんは、お喋りに来ました~
今日の上の映画、「ビバリーヒルズ、、、」のように、くっついたかと思うと
すぐ離れ、同じ仲間で恋人を遣り取り、、、まったく!!

15年位前に娘に「まるでお茶に誘うような感覚よね」と嘆くと、日本では
テニス感覚よと答えが。

映画やドラマは非日常的なものを描くというので、そのうち当たり前になると
純愛物が流行るかも、、、、。

この女優さん、綺麗ですね。
下の映画ではぷりんちゃんが出演しているのかと思いました。(笑
[2012/01/19 22:50] URL | 白秋マダム #K.8lH0lM [ 編集 ]


軽はずみな行動でエイズに恐怖心は無いのかな?
なんて余計なお世話で思ってしまいます。
でも、結婚前に数年の同棲(お試し期間)をすれば
失敗は少ないかもかも??^^

デミさんの元旦那はんが出てるんですね★
ルックスは素敵だわ^^
でも、ワンちゃんの方が魅力的^^

ビバヒルは、デュラン時代が面白かったなぁ~
自分も若かった頃だから
楽しみながら共感できたんでしょうね?
あの頃に戻りたい~~
[2012/01/19 15:14] URL | めぐ #5KPaI2a2 [ 編集 ]


こんにちは!
ちわわんの映画好きはすごいですね、これからも鑑賞された映画の
お話をお願いし、これは見ておいた方がよい映画の題名をお願いします、
楽しく拝見させてもらいました、
ありがとう!
[2012/01/19 14:27] URL | 尾張小牧 #- [ 編集 ]


でしょうでしょう。

このヴァネッサには天罰を~~!!

このポメちゃんすっごくお利口さんで可愛かった。
監督さんもとても褒めているんですよ。

ちょこんと顔を覗かせていたり
あくびしたりして。。可愛い
[2012/01/19 12:50] URL | ちわわん #- [ 編集 ]


かわいいです。

犬捨てんなよー!!!!
[2012/01/19 12:01] URL | koaporo #IjPerQXU [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://terajimasusumusan.blog37.fc2.com/tb.php/2611-166cb10c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Design&Material By MOMO'S FACTORY