ちわわんと言うハンドルネームと、タイトル名と、この名前を作ってから・・・いつの間にやら 20年余りも経過しちゃったなぁ~・・・あの頃は、タグ打ちの時代で、同じ名前は登録できなかった時代だったのになぁ~~~・・・Windows95のホームページの時代から考えると、すごいわよねぇ。。写真もコメントもさくさく入れられるようになっちゃって驚いちゃうわよね( *´艸`)

07<<  2017.08 >>09
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 

ひとりごと・・

ちわわん

Author:ちわわん
知り合った多くの友人たちに。
感謝をこめて。

↑写真はぷりんちゃん15歳6ヶ月と20日(2015年6月20日没)と
3年前に5月7日に17歳で亡くなったその母ムーバです。

静岡市在住の。
ご近所の犬ともだちさんへ。
ありがとうの言葉を添えて☆

長い犬人生と映画など色々。
20年程前のホームページも合体しました。
これからもよろしくお願いいたします。


最近の想い出綴り


最近のコメント


分類


あしあと


QRコード

携帯用にどうぞ。

QRコード


リンク

このブログをリンクに追加する


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


『ジュリエットからの手紙』 2010年
『ジュリエットからの手紙』 2010年

ジュリエット 

まぁ正直に言うのならば
あんまり感激しただとか 
感銘を受けただとかは無かったのだけれども

景色

この美しい映像を観ているだけでも

景色

十分に満足できる映画ではないかと思う。

景色

とにかくもイタリアの田園風景が美しいのだ。

景色

そして出演している俳優さんたちが
とても魅力的な人達ばかりなのだ。

フランコネロ

私達の年代の者にとっては
なんといってもフランコ・ネロとヴァネッサ・レッドグレイヴの
二人の共演が夢のように懐かしく嬉しいのではないだろうか。

ヴァネッサ

私達の中・高校生時代に観た
マカロニ・ウエスタンの数々・・

苦虫を噛み潰したような
クリント・イーストウッドも素敵だったけれど。。
ちょっぴり可愛かったジュリアーノ・ジェンマに続いて
ちょっと渋めのフランコ・ネロも人気のあった俳優さんだった。

そしてアーサー王物語の『キャメロット』
アーサー王にはリチャード・ハリスが。
騎士ランスロットにはフランコ・ネロが。
王妃グイネビアにはヴァネッサ・レッドグレイヴが。

ランスロット卿が王妃に恋してしまうというミュージカルだった。

47年前のふたり
(↑47年前の二人)

なんとこの不倫物語の共演がそのまんま現実に。。
映画の中さながらに
夫も子供も二人の娘が居たヴァネッサ・レッドグレイヴと
4歳年下のフランコ・ネロが恋仲となり
映画の公開時には彼の子供を生んでいたのだ。

ふたり

しかし、その後には破局していて
なんと2006年に至っては
いつの間にかに復縁していて再婚していたようだ。

ふたり

なんとびっくりである。

ふたり

ヴァネッサ・レッドグレイヴは今もなお美しく
とても4歳上の74歳だとは思えない。

ふたり

なんて素敵に歳をとられているのだろうか。
今でも十分に輝いているし・・
申し分のないカップルである。

フランコネロ

もしも。。。

確かに 
この物語のように
遅すぎるということは無いのかもしれない。

だが
それはあくまでも映画の中でのお話としてのこと。

またそれが絵になるようなお二人だからこそ有り得たこと。

実際に私達も・・・
同じように50年ほど前のボーイフレンドに
会いに行ったのだとしたならば
どうなるものであろうか。。。

きっと誰にも一人ぐらい
こんな風に
もう一度会ってみたい人は居るだろう。

もし。もしも。。あの時と。
常々想い返すことも多かろう。

自分の選んだ道筋に少しの後悔も無い人は居ないだろう。

時々想い出すことがある。。

もしも。あの時と。。

ああ・・あの人は今、何処でどうしているのだろうかと。。

そんな誰の心にも存在している
もしもの時を想い起こさせてくれる作品かもしれない。

生家
前にドキュメンタリーでやっていたジュリエットの生家。

そこには
そこには。

世界
世界各国から大勢の女性達がやってきて。

ジュリエット
それぞれの悩みを手紙に書いて。

壁
壁に貼り付けていく。

手紙
それらの手紙を集めて。

全ての
全ての手紙に一つ一つ。

それぞれの
それぞれの国の言葉で返事を出してゆく。

返事
ヴェローナ市のボランティアの女性達。

そんな
なんて素敵な本当のお話。

手紙
この映画はそんな実際のお話を題材にして作られている。

主人公
主人公ソフィにはアマンダ・サイフリッドさん。
前に書いた『赤頭巾』『マンマミーヤ』の目の大きな女優さんだ。

彼氏
その婚約者にはガエル・ガルシア・ベルナルさん。
前に書いた『バッド・エヂュケーション』の女装の俳優さんだ。
この方遠藤周作の『沈黙』にも出演することが決まっている。

ロミオ
ロミオならぬ・・

バルコニー
バルコニーで・・

バルコニー
ソフィの方から・・

ソフィ
チャーリーに愛を告白する。

ロマンチック
絵に描いたようなロマンチックなお話。

いかが?
いかがかしら?

こういうママさんのお勧めがなかったら観なかった映画だろうなああ。。。

ありがとうね!観て良かったわ!
スポンサーサイト

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画


コメント
白秋マダムさんへ
まあ。ロマンティックなお方でしたよ。(笑)

その頃アポロ11号月面着陸もあり
その模型をアメリカのナサから取ることが出来た時代で
組み立てて贈ってくれたりと
いたれりつくせりのお方でした。(笑)

家の事情で終止符。。

本当に映画というものを観ていると
わが人生をおもわず
ふりかえり・・ふりかえり・・・

まあ。後悔ばかりの人生なんですけどねええ。。(笑)

でも空想たくましく映画の中で遊ばせてもらっておりますよん。

これからも。。。
きっと想像の世界を飛び回る私でありたいと思います。

ありがとう~~
[2012/01/19 07:49] URL | ちわわん #- [ 編集 ]

秘密
こんばんは~、、素敵なお話をありがとう。

彼にもあなたの存在は忘れられない人だったでしょうね。
バラのお花、そして公衆電話からのギター!!
ロマンティックですね~
羨ましいですよ、そんな経験をお持ちとは。

素敵な映画を観ると自分の思い出を重ねてしまうのではありませんか?

若かった頃の規制の多かった男女交際。
今は情緒がありませんよね。
恋に恋し、好きだともいえなかったあの頃、、、、。
ちわわんさんがその方と会えるといいなって願っています。
[2012/01/18 19:48] URL | 白秋マダム #K.8lH0lM [ 編集 ]

koaporoさんへ
ふふふふ。。

そしてシークレットコメントもありがとう~
[2012/01/18 09:38] URL | ちわわん #- [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[2012/01/18 09:10] | # [ 編集 ]


「美しくも短く燃え」
だと文脈通らないですね。へへへ
[2012/01/18 09:06] URL | koaporo #IjPerQXU [ 編集 ]

koaporo さんへ
この頃年齢的にも
たいがいな内容では感激には程遠くなってきて
その奥の奥にあるものを探ってしまうようになりました。

だからなのかしら・・・
その逆に視覚的なものにはとても寛容になってきて
内容がどんなにくだらないな・・とか
アホらしいな・・とか思っても。
写されている情景が美しいと
それだけで感激してしまったりするのです。

自然の力の素晴らしさでしょうか。

自然の美の方が数段勝っていることが多いのです。

だから景色やら場面の一瞬やらが
とてもだいじに思えるようになりました。

懐かしい題名を。。
みじかくも美しく燃え・・・古い映画をよくご存知ですね。
[2012/01/18 07:20] URL | ちわわん #- [ 編集 ]

白秋マダムさんへ
そうなんです。
私にも一人だけ・・・
幾つになっても会ってみたいなぁ~~~と思う人が居ますが。

なんていうんでしょうねぇ。。
この頃の個人情報保護法ですか?
あれが難点ですよねええ。。

昔むかしの知り人に会いたいと思っても
情報を教えてもらうことができません。

もう50年近く前に 御家自体が引っ越してしまっていて
どこへ行ったのやら・・
うわさでは東京へ引っ越されて行ったようです。
東工大に入ったとかいう噂を聞いたり・・・
とても頭の良い人で
一緒にフランス語の講座を受けておりました。

カトリック信者の御家だったので
いつも神父さまのお手伝いをされている姿が素敵でした。

一度真剣に会いたいなぁ~っと思ったことがありますが。
自分のプライドやら世間体やらを考えて
口にすることもなく。。

今思うとなんとあほらしいことだったかと。

私も白秋期になり・・
いつどうなるかもわかりません。
会えるときに会っておかないと。。
本当にその通り。。。
会ってみたいものです。

たて50センチ直径20センチ近くある
その頃流行だしたペーパーフラワーの特注品の
巨大な薔薇の花を日曜日に教会で頂いたのが
忘れられません。。。

ロマンチックな方で
公衆電話からギターを弾きながら歌もプレゼントしてくれたり
絵を描いて贈ってくれたりと
素敵な想い出の多い方でしたよ。(笑)
[2012/01/18 07:15] URL | ちわわん #- [ 編集 ]


この映画はまだ見ていませんが、
確かにきれいな映像ですね。
1コマ、1コマ、
美しく、アングルにもこだわっているのでしょう。

最後の写真は金色のカメラマンなのかしら?
映像美への愛の象徴かもしれないですね。

DVDで見たいなー。

ストーリーだけが映画の魅力じゃないもんね。
「美しくも短く燃え」
とかも、結末はもうわかっちゃてるんだけど、
きれいだったわー。
[2012/01/17 21:22] URL | koaporo #IjPerQXU [ 編集 ]

映画評論
こんにちは。
映画がどこまでで、実話は、実写は、、、と私の頭では理解するのに二度も三度も
読まなければ、、、。
素晴らしい映画評論ですね。
こういったスタイルなら観てみたいという気にもなろうというものです。

高校時代に近くに住んでいた彼に 会ってみたいと思います。
同窓会にも来ないので音信不通なのです。
この年になると老い先短く、気になる人には会っておき、行きたいところには
行っておかないと次はないかもしれないので、、、。

始めのほうの画像がとても美しくて いいなあ、、、とため息が。
またいい映画をご紹介してくださいね。
[2012/01/17 15:50] URL | 白秋マダム #K.8lH0lM [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[2012/01/17 15:05] | # [ 編集 ]

こうゆうママさんへ
今日はガロママや大ちゃんたちと 
この間のドックランに行くはずだったんだけど。
さすがに静岡も寒くって
先ほどまで雨が降っていたりして
うちのばあさん犬には無理なのでやめました。

マルックスのお二人は1時半から出かけるようですが
まだ地面がびしょぬれ状態なので
泥だらけになるのを覚悟のようですよ。(笑)

ひぇ~~~^^だろうね。

我が家は寒いとぷりんが駄目。
引きこもり状態となり映画ばかり観ていることになってしまいます。

わんこの話題がない。。。
こまるわぁ~~~~

ゆっくりロマンに浸ってくださいな~~
[2012/01/17 12:54] URL | ちわわん #- [ 編集 ]


最後のコメントだけ読みました^^;
私はこれからです。。

こちらこそ
ありがとうございました*^^*
ほんとに言ってみるもんだわ~!!!

少し聞けばあれよあれよと出てくる(@_@)
映画評論家も真っ青なちわわんさんですね☆

[2012/01/17 12:32] URL | こうゆうママ #- [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://terajimasusumusan.blog37.fc2.com/tb.php/2606-e9274942
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Design&Material By MOMO'S FACTORY