ちわわんと言うハンドルネームと、タイトル名と、この名前を作ってから・・・いつの間にやら 20年余りも経過しちゃったなぁ~・・・あの頃は、タグ打ちの時代で、同じ名前は登録できなかった時代だったのになぁ~~~・・・Windows95のホームページの時代から考えると、すごいわよねぇ。。写真もコメントもさくさく入れられるようになっちゃって驚いちゃうわよね( *´艸`)

09<<  2017.10 >>11
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 

ひとりごと・・

ちわわん

Author:ちわわん
知り合った多くの友人たちに。
感謝をこめて。

↑写真はぷりんちゃん15歳6ヶ月と20日(2015年6月20日没)と
3年前に5月7日に17歳で亡くなったその母ムーバです。

静岡市在住の。
ご近所の犬ともだちさんへ。
ありがとうの言葉を添えて☆

長い犬人生と映画など色々。
20年程前のホームページも合体しました。
これからもよろしくお願いいたします。


最近の想い出綴り


最近のコメント


分類


あしあと


QRコード

携帯用にどうぞ。

QRコード


リンク

このブログをリンクに追加する


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


『サテリコン』1969年 伊仏合作 フェデリコ・フェリーニ
『サテリコン』1969年 伊仏合作 フェデリコ・フェリーニ

この頃のアンディ・ウォーホルの映画を観ていると
丁度その頃の年代にはどんな映画があったかしら・・と。
思い出してみることがある。

if

ものすごく印象に残った映画に
『if もしも…』1969と。『いちご白書』と言う映画がある。

いちご白書

いちご白書をもう一度という歌にまでなったっけ?
忘れたけど大きな衝撃を私達に与えた映画だった。

丁度その頃 ロバート・F・ケネディも暗殺されて
中間試験の朝にそのニュースが伝わってきた。

アポロ11号月面着陸なんてのもあった。
学校中でその話題が持ちきりとなり
100歳近かった祖母は割りと冷静に受け止めていたっけ。。
その翌年の期末試験か何かの最中には三島由紀夫さんの割腹自殺が。。

まあ。激動の時代だったのだなあ。。

学生運動のニュースも多く。
東大安田講堂占拠事件なんてのもあったなぁ~
『若者たち』と言う映画やらドラマやら。。
この歌はよく学年祭の応援歌として歌ったものだったわ。

何かしらの大きなニュースが世の中を駆け巡っていた時代である。

そうかと思えば、やたらとロマンチックな
『ロミオとジュリエット』のような映画やらが
私達女学生の乙女心を捉えたものだった。
いまだにこのロミオとジュリエットの音楽を口ずさめるほどだ。。

よぉ~く眺めてみると。
かなり主張性の強い映画も多く公開されていたなぁ~
何かの抑圧がポンっと解き放たれたかのように
うわぁ~っと噴出してきたといった感じである。

サテリコン

そしてどういうわけなのか。
残虐性や残酷性・・グロテスクな世界も展開してきた時代だった。

サテリコン

このフェデリコ・フェリーニさんの映画もそんな中の一つだ。

サテリコン

どこかおどろおどろしくて
吐き気を催すほどの気持ち悪さと。

サテリコン

まるで絵画でも見ているような映像の美しさと。

サテリコン

性的にも精神的にも観ているだけで

サテリコン

すっかりと病んでしまいそうな物語の背景とが

サテリコン

ごちゃ混ぜになっていて 醜悪と美との合体映像のような映画だった。

サテリコン

確かにローマ時代からグロテスクも一種の美であることには間違いはなく

サテリコン

型破りにも見えるものは 全て紀元前からあったものだと主張する。

サテリコン

耽美的? デカダンス? なんだったんだろう?

サテリコン

その頃には若すぎた私には
その先にあるものは到底見えもせず
ただただ いやぁ~~な気分だけが残った作品も多かった。

サテリコン

今思ってみると。
その頃の風潮をも
これ見よがしに反発して見せたかったものかもしれない。

サテリコン

題名にもその意図が見えているように。

サテリコン

キリスト教が布教される以前には

サテリコン

こんなにも何もかもが自由であって

サテリコン

良い所もあったのだと言いたかったものなのか。。

サテリコン

潰されてしまった性の解放と身分の差。
人種差別にも言及しているような。

サテリコン

キリスト教によって善しとされたものも悪しきとされたものも。
倫理的にも反発反論しているような作品でもある。

サテリコン

だから?どうした?っと言ってしまえばそれまでだが

サテリコン

何かしら宗教観に対する大きな意味もあったのでは?と。

サテリコン

今にして思い当たる場面も多い。

サテリコン

一人の男は戯曲の語り手であり主人公。

サテリコン

その身の上に起きたことを語りつつ見せてゆく。

サテリコン

彼が愛した人と。
彼を愛した人と。

サテリコン

戦争や饗宴や快楽や殺人や。。

サテリコン

人生そのものの辛酸と享楽の全てが語られてゆき

サテリコン

最後に最愛の友人の死によっての悲しい別れと
また新しい出会いとが待っている。

サテリコン

そして 
次なる新しい人生へと船出してゆくことになるのだ。

サテリコン

まるっきり人生の集大成が繰り返されるんだ・・っと。

サテリコン

まあ。観なくちゃあ始まらない作品。

サテリコン

なんと驚いたのは
この映画がレンタルできるようになっていたということだ。

サテリコン

★この他にも印象に残っている映画は・・

ジョンとメリー 1969年
2001年宇宙の旅・・マンハッタン無宿・・猿の惑星 
ミニミニ大作戦・・バーバレラ・・冬のライオン
ブリット・・ローズマリーの赤ちゃん 
チキ・チキ・バン・バン・・白い恋人たち・・さらば友よ
個人教授 ・・黒衣の花嫁・・あの胸にもういちど
荒鷲の要塞・・イエロー・サブマリン・・
うたかたの恋・・おかしな二人・・オリバー!
華麗なる賭け・・祇園祭 (1968年の映画)
グリーン・ベレー ・・黒蜥蜴・・黒部の太陽
イージー・ライダー・・栄光への5000キロ
大いなる男たち・・黒薔薇の館・・決死圏SOS宇宙船
地獄に堕ちた勇者ども・・砂漠の戦場エル・アラメン
地獄変・・シシリアン・・女王陛下の007
新選組 ・・1000日のアン
太陽が知っている・・チップス先生さようなら
トパーズ・・長靴をはいた猫・・ネモ船長と海底都市
・・ハロー・ドーリー!
風林火山 ・・真夜中のカーボーイ
勇気ある追跡・・ワイルドバンチ
・・・・
挙げきれないな。。。(笑)

町内に映画館があったため、
親と一緒に
毎週4、5本観ていたのだから・・無理ないか。。(笑)
スポンサーサイト

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画


コメント
おかんさんへ
おかん さんへ
当時株主優待券を消費するために
なんでもかんでも観にいった時代でしたので
スパルタかス・・やそれこそ アマゾネス・・
ユリシーズとかそんな映画も片っ端から見ておりました。

それこそ。シュワルツネガーデビュー当時にも
そんな感じの映画があり見たなああ。。
けっこう面白くてファンになった記憶があります。

その頃マチュピチュ?みたいな神殿に
蛇の王様だか魔術師だかが居て
へびそっくりに スマイルマークのように笑って
それがとっても印象的でっした。

リメイク版はまったく知らないのですよお。

romaだけは見ましたが。
なんだか疲れてしまって。。
感想もへったくれもないや・・っと放置しております。(笑)

この頃気力の面で疲れるものは駄目になってきました。
深く考えることも苦手に。。
涙で濡れる作品なんてのも苦手に。。

じゃあ何ならいいんだい?って聞かれそうですが。
なるべくあっはははと。
楽しく没頭できるものが好みになりました。

また あつーーーく愛を語るなんて作品も好みです。

また何かいいものがあったら教えてくださいなああ。。。

復帰おめでしとうございます!
[2012/01/13 15:57] URL | ちわわん #- [ 編集 ]

レミエヴァ母さんへ
あははははは!

ミラノ座だとちょっとおとなびた
大人の映画が多かったのでは?
しかも恋愛者が多かったような。。。

私の学生時代までは日活だったので
それこそ夜霧よ今夜もありがとうとか
石原裕次郎や松原智恵子時代の映画ばかりやっておりました。

その初恋は・・私の知っている映画と同じなのかしら?

ツルゲーネフの原作の映画化だったのですが・・
年代が違うかなあ。。(笑)

フレンズも男の子と女の子が幼くて結婚して子供を生んでって
いうようなお話なら当時騒がれた映画だったので
見ております。

あの頃初めて若い子達が子供が出来てしまうという題材を
取り上げた映画だと思います。

しかし。すごい選択・・・・
エマニエル夫人ですか?
実は私。これ見てないんです。(笑)
見に行く勇気がなくて。。。
結局行かずじまいになりました。

O嬢・・も本は読んだのですが映画は見ていません。

なんせ映画館の経営者が同級生だったりしていて
ちょっと危ない映画には入ることができませんでした。
すぐ。親に注進が行ってしまって。。(笑)

小さな恋のメロディは大好きでした。
マークレスターが可愛くって
彼の大ファンでしたねええ。。。

彼は一時マイケルジャクソンの整体士をしてたようですよ。

今度お会いした時には語り明かしましょう~
[2012/01/13 08:58] URL | ちわわん #- [ 編集 ]

めぐ さんへ
当時はなにかしらのメッセージを込めて
映画を作るというのが
きっと映画人たちのステータスやポリシーでもあったのではないでしょうか。
かなりな主張性のある映画が多く作られており
小学校のときには世界残酷物語なんてのを
親が連れて行ったものだから
ずうっと夢にでてきて眠れませんでしたよ。

ふつう連れていくかね?って今でも疑問。(笑)

ただ、映画というのは私の中に多くの影響を及ぼしたし
考え方の中にも色濃く影響を受けたものも多く
あの当時の映画の模索状態が
そのまんま自分の心の模索状態へとつながっているようにも思います。

いまだに映画が好きで
朝から番まで映画のDVDか ドラマのDVDを掛けっぱなし・・
手をほかの事で動かしていても
掛けっぱなしの音楽代わりのような私です。

またよろしくね。
[2012/01/13 08:49] URL | ちわわん #- [ 編集 ]

白秋マダム さんへ
ありがとうございます。

映画って幼稚園の頃から
親が映画好きだったものですから
毎週邦画の2本立てやら洋画の三本たてやら・・
封切り映画のクレオパトラや
101船団のバイキング?名前忘れたけど・・
ローマ帝国の滅亡やら ブーベの恋人やら鉄道員やら・・
アラン・ドロンが好きだった母と
早くから早熟な映画ばかり見に行っておりました。

その癖なのかどうか
この歳になっても
朝からずうっと夜中まで
映画のDVDをかけっぱなしな私です。

ひたすらかけっぱなし・・
もうビデオの時代からそうなんですよ。

あんまりテレビに興味がないものだから・・
自分の好きな世界に
どっぷりと嵌まり込むのが好きなんですよねええ。。

まあ。おかしなオバサン街道まっしぐらな私です。

サテリコンやこの頃大型史劇が多く上映されていて
かたっぱしから親が連れていってくれていたのですが。
どうも気持ちの悪い場面は苦手な私で
スプラッタも駄目。。
殆どそういうところは目をつぶって
耳を塞いで終わってしまっていました。

でも色や絵画的な場面は大好き。
今みるとまた違った感慨があるので
よろしかったら見てみてくださいな。

今はレンタルできるのが驚きでした。
[2012/01/13 08:44] URL | ちわわん #- [ 編集 ]

とんがりねずみさんへ
あははははは!

わかるわかるよぉ~~~

だって爬虫類に虫の卵に・・って
載せてあるんだもん。。。

私虫が全く駄目で
いつも見に行っておえっとなるんだわ。。。

いちご白書やIfとかわ
丁度私達が高校生1年だか2年の
思春期真っ盛りの時の映画だったのよねええ。。
だから余計強烈な印象を私達に与えているんだと思う。

学生運動もまっただ中だしねええ。。
兄貴達が大学進学大荒れの時でしたよ。

友人の中には静高の子達と連携して
東京や京都まで学生運動に参加していて
シスターに呼び出しをくらっていた子もいましたよ。

そんな時代でしたねえええ。。

あの時代の人でなければ
いちご白書はまた違った目に映るのではないでしょうか。

映画もその時代、
その時代を表しているものも多いんだよねええ。。
[2012/01/13 08:38] URL | ちわわん #- [ 編集 ]


ご無沙汰しております^^;
やっと・・・安全?な回線で ブログ再開できました^^;
今年もよろしくおねがいします^^

その時代あたりにあったスパルタカスという映画を
2010年、11年とリメイクしたドラマに とても共感を覚えます
暴力で耽美 でもちわわんさんキライなジャンルかなぁ~
とても迫力あって面白かったんですが
スパルタカスを演じた主役のアンディ氏が昨年10月に39歳の若さで
亡くなり、シーズン2は別の役者さんで撮影らしいです。
ご覧になりました?
[2012/01/13 01:11] URL | おかん #sSHoJftA [ 編集 ]


小学生の時、友達と映画を見ようと言う事になり
わけもわからず ミラノ座へ・・・
見た映画が「初恋」・・・小学生の私には???
でも主人公の男の子が綺麗な顔していたなあ
なんて名前だったか・・・・
その後又友達とわけもわからず 懲りもせずミラノ座へ・・
見た映画が「フレンズ」・・・
アハハハ変な意味で記憶に残った映画です。
「小さな恋のメロディ」くらいだったらまだ理解できたのにね

その後も私の映画セレクトは間違ってばかり・・
エマニエル夫人とかO嬢の物語とか・・・瀧汗
一応内容は確かめてから入れよって話です・・・
でも良く入れたよなあ・・あれって18禁???
老け顔だったからかな
あっ「デルスウザーラ」ってのは良かった記憶があります。

[2012/01/12 17:05] URL | レミエヴァ母 #- [ 編集 ]


えーっ?
とても驚きました!

学生運動の時代にこの手の映像。。。
グロテスクですね。(汗)
今、いい大人になった私が観ても思うんだから
当時に観ていたら
相当にショッキングな映像だったと思います。
反面、小道具類などが芸術的で美しいですね。

いろいろとメッセージが込められているんでしょうね^^

60年代の映画は、今でも名作として残っている映画が
多いですよね!
ちわわんさんは、そんな貴重な激動の時代を記憶に残して
いらっしゃるんですね♪
羨ましいです^^

[2012/01/12 13:56] URL | めぐ #5KPaI2a2 [ 編集 ]

映画好き
厳密に言えば、好きでした。
現在は映画館が遠いせいもあり、あまり観ていません。

私のよく観ていたころと映画は異なりますが、映画好きは同じようですね。
異文化、異世界、異体験を繰り広げてくれるありがたいツールです。

今日の場面を切り取った写真はどうやって写されたのでしょうか。
ワイドでなんだか昔のスチール写真を見ているような懐かしさ。

とても興味がありますね、この映画。
史劇が好きでキリスト関連のものは特に、、、、。
ありがとうございました。
[2012/01/12 11:53] URL | 白秋マダム #K.8lH0lM [ 編集 ]


よく覚えてますねぇ。
私も観た映画は忘れないように、題名、制作年&国、監督、主な出演者はルーズリーフに書いてあるけど・・・内容は忘れちゃってるものも多いような。
ま、残らない内容のものばかり見ていたのかもww

「いちご白書」2回見たけど、さっぱり・・・??
最近はテレビでも邦画の方が多くなりましたね。
もっと洋画やってほしいんだけどな~。私、映画館苦手なんですよ。
スクリーンと音が大きすぎて、気持ち悪くなるんでw
でも、内容はう~んと気持ち悪いのが好き(笑) 
[2012/01/12 11:19] URL | とんがりねずみ #IHLSsbW6 [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://terajimasusumusan.blog37.fc2.com/tb.php/2592-522027ca
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Design&Material By MOMO'S FACTORY