ちわわんと言うハンドルネームと、タイトル名と、この名前を作ってから・・・いつの間にやら 20年余りも経過しちゃったなぁ~・・・あの頃は、タグ打ちの時代で、同じ名前は登録できなかった時代だったのになぁ~~~・・・Windows95のホームページの時代から考えると、すごいわよねぇ。。写真もコメントもさくさく入れられるようになっちゃって驚いちゃうわよね( *´艸`)

07<<  2017.08 >>09
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 

ひとりごと・・

ちわわん

Author:ちわわん
知り合った多くの友人たちに。
感謝をこめて。

↑写真はぷりんちゃん15歳6ヶ月と20日(2015年6月20日没)と
3年前に5月7日に17歳で亡くなったその母ムーバです。

静岡市在住の。
ご近所の犬ともだちさんへ。
ありがとうの言葉を添えて☆

長い犬人生と映画など色々。
20年程前のホームページも合体しました。
これからもよろしくお願いいたします。


最近の想い出綴り


最近のコメント


分類


あしあと


QRコード

携帯用にどうぞ。

QRコード


リンク

このブログをリンクに追加する


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


『トラッシュ』1970年 42年も前の作品。
アンディ・ウォーホル コレクションBOXより。

『トラッシュ』1970年 42年も前の作品。

トラッシュ

まあ、なんとも堂々巡りなお話だ。
新たなる前進も更正もまったく無い。

トラッシュ

以前と全く同じ生活がどっぷりと繰り返されるだけ。
ジャンキー生活とゴミ拾いの生活から抜け出したいと思いつつも
きっぱりとした踏み変えが出来ないでいる二人。

トラッシュ

男と女(オカマさん??)との生活か?
多少アンディ・ウォーホルは男と男との生活では物足りなかったものらしく
もう一歩すさんだ人間の生活感を描きたかったものらしい。
筋立てはもっとも複雑で
何がなんだかわからない様相を呈している所も多い。

なんでこんな風に描いてしまうんだろうか。
昔若い頃に観た『サテリコン』というフェリーニの映画を想いだした。

あの頃には私自身が若すぎていたためか
映画の意図するところが
私の理解をはるかに超えてしまっていたのだったが。。
そして今なんとも似たような感情をこの映画に対しても抱いている。

ジョー・ダレッサンドロ

なんともこの映画も不可思議で意図するところが見え難い。
ただウォーホルが常に強く意識しているものだけは良く解る。

ジョー・ダレッサンドロ

その倒錯したような人間の本質の本音と世界観だ。

ホリー

わざとわかってやっているのだろうが
ジョーと一緒に暮らしている女性は
男の人に女優として女を演じさせているのか
それともオカマさんだという設定なのかは定かではないが
男性が本気で女性を演じている事だけは良く解る。

ホリー

まさに男性が女優となっているのだ。

女優

ウォーホルの映画には
そういった男の女優さんが多数出演している。
前作では胸がまだ小さかったのがこの作品では巨乳に変身していたり。
本物の女優さんにしても多少毛色の変わっている人たちが多いようだ。
後に若くして自殺してしまう女優さんやら
何かしらの内面思考のきわどい人が多く共演してしまうようでもある。

女優

だから男と女であるはずの同棲生活というシンプルなシチュエーションが
はじめから異様な絵面として観ているこちら側に映ってしまうのだ。
同じ頃描かれた映画『ジョンとメリー』のようにはいかない。

時代を象徴しているようなシーンも多く観られる。

ヒッピー

ヒッピーに。ジャンキーに。ヘロイン。
ロン毛の男達にバンダナとジーパン。
女は大きな睫毛をバタバタと虚ろ。
宝塚ばりの濃い化粧をしているし
そしてぽっくりのようなサンダルを履いている。

ヒッピー

よく見知った光景だ。

ヒッピー

嘘だと思うだろうが、
私達の若い頃には当たり前の格好で
こういったお洒落が現実に溢れていた。

ジャンキー

まだまだ訳の解らない混沌とした青春時代。
自分たちのポリシーなんぞも見つからずにいた時代だ。

そんな独特の世界の中で
名をあげてきたアンディ・ウォーホルらしい映画だとも言える。

女性

彼の女性に対する恐怖と畏敬の念も常に含まれて描かれていく。
それは赤ん坊に対する考え方にも現れているような気がする。
常に その赤ん坊を孕んでいる女性にも目が向けられている。
孕むという行為すらに神聖さは描かれていない。
あくまでも肉欲の果てとして描かれているのに。
その産み落とされた子供に対しての目は優しい。

まあ。あんまりお勧めはできない映画なので
かなり自分というものを確立的に持っていないと耐えられない作品。

わんこ

人間は所詮動物なんだわ。。と言いたかったものなのか。
そこに営まれている生活は底辺の底辺。

だが、これもモラルの問題であろうか。

女性

魂の解放をうたって存在したヒッピーだったが
果たして薬やセックスや恍惚と自堕落さによって
それは解放されたのであろうか。
逆に捕らわれることともなっていってしまったのではないだろうか。

ジョー・ダレッサンドロ

自然に溶けこみ自由に暮らしたいことと
持ち崩してゆくこととは同じではないはず。
人は食べてゆかなくてはならない。
働かざるもの食うべからず・・・

ジョー・ダレッサンドロ

魂は自由になれたと思ってはいてもそれは錯覚だったと
全てをぶち壊していまいたかったウォーホル。
だが、しかしかえってそれは迷いの深みにはまってゆくばかりのようだ。

少年

すっきりと明確には振り払うことのできない人間の本質と本能。
そんなものが全てぶつけられているような内容となっている。

キース・ヘリングやセルジュもそうだったのだが
最低の最低、どん底のどん底。
汚物やゴミに対するものへの憧憬。
逆に美化してゆく心の向かいどころと
後戻りしてゆく精神。

まあ、混濁している作品なのでご承知を。
スポンサーサイト

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画


コメント
チャコママさんへ
あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いいたします。

チャ子ちゃんお元気ですかぁ~~~

私は毎日暇しておりますので
またいつでも誘ってくださいませなぁ~~~

お正月は引きこもり状態のようになって
ぼおっと本を読んだり DVDを観たり
そんなふうに過ごしておりました。

だめねぇ・・・出ないと全くでなくなってしまいそうです。

早くあったかくならないかしらねええ。。

楽しくわいわい遊びたいものです。

また一年新たによろしくお願いいたします。
[2012/01/09 08:18] URL | ちわわん #- [ 編集 ]

sirowanさんへ
なかなか・・コメントをいただけるような作品ではなくて・・・
本当にこうやって書いてくださるとありがたいです。

段々と突っ込んでみたくなるような
重い作品がみたくなってきたお年頃なんですよ。(笑)

sirowanさんも造詣が深いのでとっても嬉しいです。

お正月は引きこもりがちになってしまうので
どうしても読む本も観るものもこのときばかりの
ヘビーになりがちです。

でも。今にして理解に近づけることもあり
まだまだ自分の考えがいかに狭くて偏っていたものかと
反省することの多いものに接しております。

50年近く前に
こういったことを提唱していたアンディ・ウォーホルって
やっぱりすごいんだなって思いますねええ。。

また一年新たによろしくお願いいたします。
ありがとうございました。
[2012/01/09 08:10] URL | ちわわん #- [ 編集 ]


遅れまして。。。
明けましておめでとうございます(*^◯^*)
今年もチャコ共々よろしくお願いしま~す!!
先日、カノンちゃんママさんに瀬名のドッグランに誘って頂いたんですが…
都合が合わなかった様で、ごめんなさい(^_^;)
又、参加させて頂ければ嬉しいです(*^◯^*)
よろしくお願いします♥
[2012/01/09 01:09] URL | チャコママ #jueUNyO2 [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[2012/01/08 21:19] | # [ 編集 ]


なかなかヘビーな作品が続いていますね。

オトコもオンナも超越して、
なにもかも受け入れたところに、
新たな芸術があるのかもしれません。

ランボーとボードレール、
ゴッホとゴーギャンの関係のように。。。

薬物は容認しかねるけど、
「誰にも迷惑をかけなければ、
 いいじゃん」
って、思えます。

って、ホントにヘビーな記事から、
入っちゃいました。

鏡餅を乗せたコたち。。。
竜になったぷりんちゃん。。。
相変わらず、可愛いですね。

今年もよろしくお願いします。
[2012/01/08 18:07] URL | sirowan #- [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[2012/01/08 17:25] | # [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://terajimasusumusan.blog37.fc2.com/tb.php/2586-d0e48060
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Design&Material By MOMO'S FACTORY