ちわわんと言うハンドルネームと、タイトル名と、この名前を作ってから・・・いつの間にやら 20年余りも経過しちゃったなぁ~・・・あの頃は、タグ打ちの時代で、同じ名前は登録できなかった時代だったのになぁ~~~・・・Windows95のホームページの時代から考えると、すごいわよねぇ。。写真もコメントもさくさく入れられるようになっちゃって驚いちゃうわよね( *´艸`)

07<<  2017.08 >>09
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 

ひとりごと・・

ちわわん

Author:ちわわん
知り合った多くの友人たちに。
感謝をこめて。

↑写真はぷりんちゃん15歳6ヶ月と20日(2015年6月20日没)と
3年前に5月7日に17歳で亡くなったその母ムーバです。

静岡市在住の。
ご近所の犬ともだちさんへ。
ありがとうの言葉を添えて☆

長い犬人生と映画など色々。
20年程前のホームページも合体しました。
これからもよろしくお願いいたします。


最近の想い出綴り


最近のコメント


分類


あしあと


QRコード

携帯用にどうぞ。

QRコード


リンク

このブログをリンクに追加する


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


『プルートで朝食を』 2005年 ニール・ジョーダン監督
プルートで朝食を

どうもこの頃の私は 
話の内容云々よりも
映像の美しさのほうを求めるようにもなってきた。

プルートで朝食を

ニール・ジョーダン監督の『プルートで朝食を』をもそんな映画の中のひとつだ。

雀

実に美しく軽快な音楽と共に

キリアン・マーフィー

リズミカルに流れてゆく物語だ。

キリアン・マーフィー

普通に考えてみて
女装をした男性の映画を想像するのだとしたら
昔のダスティ・ホフマンが演じていた『トッツィー』の映画のように
醜さと醜悪さとの紙一重の滑稽さ。

キリアン・マーフィー

どっちこっちの笑いの要素が見え隠れしていて
笑ってやろうというコメディの1シーンとして
使われているものを想像してしまいがちなものだが

キリアン・マーフィー

この映画にはそういう悪意はいっさい感じられない。

キリアン・マーフィー

とにかく美しくて女らしいのだ。

キリアン・マーフィー

しかも、まぁ、演じている人を見てもっとびっくりしてしまった。

キリアン・マーフィー

『バットマンビギン』でスケアクロウを演じていた俳優さんで
キリアン・マーフィーさんと言う方で2児のパパさん。
しかも同時期に撮影をされていたのだとしたら。。。

キリアン・マーフィー

へぇ・・・・
バットマンの時にも 『インセプション』の時にも
ちょっと瞳がびっくりマナコのようにパン!と見開いていて蒼蒼しくて
その青い目がとても印象に残った俳優さんだった。

キリアン・マーフィー

この役柄を演じている姿を観て
あらためて見直してファンになってしまった。

キリアン・マーフィー

この頃は
海外の俳優さんに対する尊敬度は増してゆくばかりなのだが
この方もその中の一人に加えよう。
決してそちら方面の方ではないのだが
観ている内に
なんだか本物の女の人に見えてきてしまったから不思議である。

キリアン・マーフィー

女らしくて可愛らしくて
おっとっと。男性だということを忘れてしまう。

キリアン・マーフィー

よくよくこの映画を見直してみると
お話の内容は不幸の連続で
次から次へと問題が起こってきて
果てしの無い愛への渇望は乾くいとまが無いほどである。

なのにどうしたことだろうか。
この主人公の底抜けの明るさと前向きな生き方は。。

あっけらかんと明るく楽しそうに
逆境にあることを忘れさせてしまうような生き方が
かえって本当の孤独感と哀切を誘う。。

明るければ明るいほどに
しっかりと生きてゆけばゆくほどに
その内側に隠れている不幸が絶えがたく厳しいことを悟らせる。

決して人を恨むことなく
人をそしることなく。愚痴も言わず。

ただただ与えられた運命をまっすぐに生き抜くのみの主人公。

そんな彼?彼女に共感を覚えてしまう。

一生懸命に生きてゆくのならば
いつか、きっと、良いことがあるに違いない!と。
確信して生きているような作品。

生きる気力を分け与えてくれるような作品の力。

そんなものを堪能してみてくださいな。
お勧めです。

プルートで朝食を

余談ながら・・・
最初観た時には一瞬
高校時代に読んでいた『緋文字』を想い浮かべてしまった。
神の許しと愛についてを問うような作品だったけれど。

そういえば・・主人公はヘスター・プリン・・・ぷりんだぁ!(笑)

ぷりん
だめだこりゃ。。

リーアム・ニーソン

父親はカトリックの神父様。。。
あくまでも父親の名は伏せられて生まれた子。
誰知らずと父親の教会の前に捨てられていた子が主人公だ。

同じニール・ジョーダン監督の映画で
『マイケル・コリンズ』という伝記映画で主役を演じた
リーアム・ニーソンが神父様の父親役を演じている。

『クライング・ゲーム』のスティーヴン・レイも
キトゥンを愛する哀愁のあるマジシャンを演じている。

彼と居て幸せではなかったのだろうか?
私にはお似合いのカップルに見えたのだけれど・・なあ。。
スポンサーサイト

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画


コメント
koaporoさんへ
本当に。
不幸のどん底を知った人のみにしか
逆に人に優しくなれる人は居ないのではないでしょうか。

この頃そう思うようになりました。

わかってあげすぎてしまう優しさが
このキトゥンの切なさでもありました。

ぜひぜひ良かったら観てみてくださいな。
素敵な歌もすばらしかったです。
[2011/12/07 20:12] URL | ちわわん #- [ 編集 ]

mari+mamaさんへ
よかったでしょう?
虜になりますよねえ。。
ロマンチックで。。
夢見がちな少女に戻ってしまうようです。(笑)

海外ではもうとっくに上映されているのに
日本では2月の末だなんて。。
待ちきれません。。。

早くやってほしいわあ。。

それもちゃっちゃと前編後編両方やってほしいなああ。。
私の年齢になると一寸先は闇で
何時どうなるかわからないからな。。。
[2011/12/07 10:20] URL | ちわわん #- [ 編集 ]

めぐさんへ
でしょうでしょう!

でも正直普通に男性で居るときの演技は
目のせいなのか悪人が似合っているんですよねえ。。
底のしれない冷酷さが似合っていたり・・・

ちょっと暖かさのないような役柄が多いせいでしょうか。
こんなにかわいらしい女性を演じていると
なんとも美しい女性になってしまって
びっくりでした。
[2011/12/07 09:37] URL | ちわわん #- [ 編集 ]


記事の映画と関係なくなっちゃいますが。
トワイライト3観ました。まだまだ続くんですね
(><)
ザ・トワイライト・サーガ : ブレイキング・ドーンの後悔が2月で楽しみで楽しみで待ちきれないですね(^U^)
[2011/12/06 19:02] URL | mari+mama #7Vwe54W6 [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[2011/12/06 16:57] | # [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[2011/12/06 13:27] | # [ 編集 ]


そうそうこの方男優さんだったんですよね♥

どん底でも「アホ」とも思える明るさには脱帽します。「アホ」になれなくなっている気がしますね、
最近の日本人は…。

[2011/12/06 10:47] URL | koaporo #IjPerQXU [ 編集 ]


お綺麗な女優さん^^
って思ったら男性?

もともとの顔の作りが綺麗な上に
演技力で表情までもが女性ですね。

コレじゃ惚れちゃいますわん★
[2011/12/06 09:38] URL | めぐ #5KPaI2a2 [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://terajimasusumusan.blog37.fc2.com/tb.php/2529-0800a82e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Design&Material By MOMO'S FACTORY