ちわわんと言うハンドルネームと、タイトル名と、この名前を作ってから・・・いつの間にやら 20年余りも経過しちゃったなぁ~・・・あの頃は、タグ打ちの時代で、同じ名前は登録できなかった時代だったのになぁ~~~・・・Windows95のホームページの時代から考えると、すごいわよねぇ。。写真もコメントもさくさく入れられるようになっちゃって驚いちゃうわよね( *´艸`)

07<<  2017.08 >>09
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 

ひとりごと・・

ちわわん

Author:ちわわん
知り合った多くの友人たちに。
感謝をこめて。

↑写真はぷりんちゃん15歳6ヶ月と20日(2015年6月20日没)と
3年前に5月7日に17歳で亡くなったその母ムーバです。

静岡市在住の。
ご近所の犬ともだちさんへ。
ありがとうの言葉を添えて☆

長い犬人生と映画など色々。
20年程前のホームページも合体しました。
これからもよろしくお願いいたします。


最近の想い出綴り


最近のコメント


分類


あしあと


QRコード

携帯用にどうぞ。

QRコード


リンク

このブログをリンクに追加する


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


『ブロークバック・マウンテン』 その2 アン・リー監督の言葉。
ふたり

私が最も惹かれたのは作品の概念だ。
実存主義的で愛の幻想が描かれている。
ブロークバック・マウンテンで二人は関係を結ぶ。
ケンカ別れしてしまうが・・若い二人にはそれが愛だとわからない。
その後二人は20年間にわたって・・”あれは何だったのか”と考え続ける。
一人が死んでしまった後やっと・・
もう一人が”あれは愛だった”と気づく。
だが”時すでに遅し”だ。
悲しい結末だが
いつまでも心に残る物語だ。

原作は非常に短いが
”西部の男同士”の純粋な”ラブ・ストーリー”だ。

異なる二つの要素が混在している。
その組み合わせに惹かれたんだと思う。。
と。アン・リー監督さんは述べている。

監督と
(故ヒース・レジャーとアン・リー監督)

ヒース

ヒースは西部の男にぴったりだ。
寡黙で保守的なタフガイという感じで
同時に傷つきやすく繊細なところもある
憂鬱な雰囲気があってまさに西部の男だ。

ヒース

カウボーイの身のこなしも板についていて
”伝説の西部”という感じだ。
彼しか考えられない。

ジェイク

ジェイクはロマンチックなところがある
二人は正反対だから一緒に居ると映える。

二人

お似合いのカップルだ。

理想的な化学反応を引き起こしてくれた。

一方は何事にも保守的な態度を取るが
もう一方は楽観的なロマンチストだ。

★演技指導について・・

監督はデティールにこだわるため
出演者は時代背景を勉強させられた。
主役の二人は牧場生活を体験し
カウボーイキャンプに数ヶ月入った。
それは本物のカウボーイになって欲しかったからだという。

ヒース

ぼくらはプロの俳優だ。親密さを表現したかった。
ラブシーンを演じるのは緊張するもんだよ。
相手が男でも女でもね。

ラブシーン

ラブ・シーンは一秒ごとに振り付けされていたんだ。
”まず 僕を壁に押し付けろ”
”次は僕が押し付ける”
本物に見えるか心配だったけど 最善は尽くしたよ。

二人は勇敢だった。
役に没頭して同性愛者になりきった。

監督さん

この映画はラブ・ストーリーだ。
特定のテーマを挙げるのは難しいが・・
”後悔するな”ということがテーマのひとつだ。

大切なものを逃さず自分に素直になれば
ためらったり我慢することで周りの人を犠牲にしなくて済む。
それがテーマの一つだが他にもある。

愛・・または愛の幻想を求めることだ。
異性愛でも同性愛でも 愛に変わりは無い。
人は愛する相手を求めている。
愛する相手との絆を求めているんだ。
様々な愛の形を描いた映画だ。

愛の良い面と悪い面 葛藤も描かれている。
その中で真の愛とは何かを問いかけている。
様々な相反する要素が混在しているが
テーマとなっているのは普遍的なものだと思う。
だが普遍的な真理は理解しにくいものだ。
それが私の考えているテーマかもしれない
わかった振りは良くない。
無理やり何かに分類するのもだ。

愛と向き合うときはただ感じればいいんだ。
答えが出なくても努力は必要だ。

アンリー監督

・・・メッセージとして・・・

これは愛の幻想に触れようとした二人の男の物語です。
この作品を観たいと思ってもらえればとても光栄に思います。
この物語は答えではなくて 皆さんへの問いかけです。
自分なりのラブストーリーを作り上げてください。
”楽しむ”という言葉は適切じゃないかもしれませんが
好きになってほしいです。

ヒース
ヒースとアン・リー監督。

合間のふたり
撮影の合間の歓談風景。

ヒース
28歳の若すぎる死が残念だ。

ゲイかストレートかなんてことは関係ない。
悲しい愛の物語だ。
ラブ・ストーリーなのだ。。
スポンサーサイト

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画


コメント
sirowanさんへ
私はこの頃この歳にして知りえたことに驚いております。
暫くはそういった映画が続くかと。

同じ時代を生きてきたはずなのに
こういうことに目を背けていたわけでもないのに
まったく耳に入ってこなかったりしたことの多かったこと。

だけどよーく考えて思い出してみると
昔そういったニュースがあったことを思い出してきました。

そういえば・・・って。

私達の青春時代は絶対にそんなことを言おうものなら大変だったと思うな。。。

ヒッピーですら家族中が大騒ぎした時代。
サイケな格好をしても親が注意した時代でしたもの。

いつ頃からこんなに自由になったんでしょうね。

若い頃丸山明宏さんを見に銀巴里に行ったりした頃がありました。

そんな時代でしたねええ。。
[2011/12/02 09:07] URL | ちわわん #- [ 編集 ]

めぐさんへ
3年ほど前にもダークナイトの感想を書いたのですが。
その時のヒースさんとはまったくの別人のようでしたねえ。。
あまりにもナイーブだったのでしょうか。

睡眠が取れなくなり薬を多様されていたようです。

昔パトリオットの映画で観た彼は
とても美しい青年だったのに
どんどん顔が変わっていくのがとても不思議に思えたものです。

色々と役にのめりこみ過ぎて
美貌が変化していったのでしょうか。

ただ鬼気迫る演技力でした。
とても残念です。
[2011/12/02 09:03] URL | ちわわん #- [ 編集 ]


同性愛でも異性愛でも、
好きになったら仕方ないじゃない。。。

今でこそ、そう思えますが、
もっと保守的な時代、
同性愛って、タブーでしたよね。

「好き」なものは好き。
「綺麗」なものは綺麗。
大きな声で言えるのが、やっぱり「自由」
ですよね。
[2011/12/01 15:27] URL | sirowan #- [ 編集 ]


この映画は過去にレンタルで観ました。
広大な自然の中で描かれた同性愛。
様々な愛の形がありますもんね。

この映画の俳優さんがヒースだったと
今日、ちわわんさんに教わり知りました・・・
そうでしたか・・・
残念な俳優さんを亡くしましたわ。
良い演技をなさってましたよね。
[2011/12/01 15:23] URL | めぐ #5KPaI2a2 [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://terajimasusumusan.blog37.fc2.com/tb.php/2517-826d5583
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Design&Material By MOMO'S FACTORY