ちわわんと言うハンドルネームと、タイトル名と、この名前を作ってから・・・いつの間にやら 20年余りも経過しちゃったなぁ~・・・あの頃は、タグ打ちの時代で、同じ名前は登録できなかった時代だったのになぁ~~~・・・Windows95のホームページの時代から考えると、すごいわよねぇ。。写真もコメントもさくさく入れられるようになっちゃって驚いちゃうわよね( *´艸`)

09<<  2017.10 >>11
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 

ひとりごと・・

ちわわん

Author:ちわわん
知り合った多くの友人たちに。
感謝をこめて。

↑写真はぷりんちゃん15歳6ヶ月と20日(2015年6月20日没)と
3年前に5月7日に17歳で亡くなったその母ムーバです。

静岡市在住の。
ご近所の犬ともだちさんへ。
ありがとうの言葉を添えて☆

長い犬人生と映画など色々。
20年程前のホームページも合体しました。
これからもよろしくお願いいたします。


最近の想い出綴り


最近のコメント


分類


あしあと


QRコード

携帯用にどうぞ。

QRコード


リンク

このブログをリンクに追加する


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


『シングルマン』 2010年 トム・フォード監督 
この始まりのシーンが美しい。。。

シングルマン

雪原の中・・

シングルマン

倒れているジムにそっと寄り添ってキスをする。

シングルマン

彼は交通事故で死んでいる。。

シングルマン

そんな夢を8ヶ月間、
毎日見続けている教授にとって
一人残された日々の寂しさは耐えがたく
生きてゆくのが堪らなくつらい。

シングルマン

16年間をもふたりで過ごしてきた家で
残されたこれからの日々を
一人で生きてゆくということに耐えられないでいる。

ジム(恋人)を失って
生きる意欲を失ってしまった教授は
ぽっかりと穴の空いてしまったような日々を過ごしてはいる。

恋人と一緒に2匹の犬達も失ってしまった。
一匹は恋人と共に死んでいたのだが
もう一匹はその事故の時に行方不明となってしまったのだ。

シングルマン

絶えられなくなった彼は 死を決意した。

今日死んでしまおうと身辺整理をはじめた。
きれいに片付け終わってから
今日の終わりには死のうと決めていた。

シングルマン

鏡に映る教授の顔には迷いが無い。
苦悩の影も微塵もない。
今日のこの一日を生き抜けば・・
全てが終わり 全てが新しく始まるのだと。

シングルマン

死を決意した最後の一日の
始まりから終わりまでの日常が流れてゆく。

シングルマン

死ぬんだと決めてから眺めてみると
なんだか今日は違って見える。

シングルマン

ひどくゆっくりと動いて見える人々の動作。
ひどく色鮮やかでもあるような世界でもあったものかと
あらためて自覚した。

シングルマン

世間を眺めなおす時
今までには感じ得なかったものも
肌にじかに感じることができる。

シングルマン

視覚も聴覚もまったく違う感覚が訪れる。

シングルマン

見つめた世界は全てが違って見えてきた。

シングルマン

静と動のリズムすら違ってみえたのだ。

シングルマン

ゆっくりと明確に
全てが別な世界のごとくに流れてゆくのだ。

ゆっくりと。。ゆっくりと。

そして その一日の終わりに
人生って捨てたもんじゃあないのじゃないか!と
新しい恋の予感に
悲嘆にくれて見えなくなっていた周りをあらためて見直した。

どれ、もう一度、
もう少し生きてみようかなっと。
決意したところで 
急に死が訪れた。心筋梗塞だったのだ。

人生はかくも皮肉なもの。

まるで死んだ恋人がヤキモチを妬いて
教授を迎えにきてしまったものなのかもしれない。

シングルマン

死の床で 教授は彼を見た。
そっと近づいてきてキスをした。

シングルマン
・・・

まあ、恋人が死んでから嘆き悲しんで悲観していたわりには
美形の男性に出会うたびに心ときめいて
目移りしてしまう教授を
ジムがさっさと迎えに来てしまったものかもしれないが。(笑)

だがしかし。
ここでぽっくりと教授に死なれてしまった後に残された
ケニー君はどうなるのだろうか?
教授を心配して付きまとい
やっと想いかなってソファで寝ている彼は。

シングルマン

目が覚めたら・・・
教授は死んでいた。。なんて。
警察にも聞かれるだろうし。大学にも知られるだろうし。。
あまりにも辛すぎる現実がまっているような気がする。

時は1962年のことだもの。。。
世間の風はまだまだ冷たかろう。。気の毒に。。。

シングルマン

このケニーという青年を演じているのは。なんと。
あのヒュー・グラントの『アバウト・ア・ボーイ』の時の男の子。
ひえぇ~~~美形に育ったもんだ!

シングルマン
・・・・

人生で
ごく時たま非常に明晰な時間が訪れる
それはほんの数秒だが
静寂が雑音を消し感覚が研ぎ澄まされる
思考ではなく全てがくっきりとして
世界は清新になる
まるで今誕生したかのように・・・・。

その瞬間は長続きはしない
しがみついても消えてゆくがこれこそ命の泉
わるくはない・・
現在への覚醒
そして私は
全てがあるべきようにあると。。。。

そしてしかるべく死も訪れた。

・・・・

シングルマン

恋人の面影を求めていると
心は砕け また沈んでゆく。
溺れてしまう 息ができないほどに。

シングルマン

恋人の葬儀に出たかったのだが
恋人の家族に遠慮するようにと止められた。

シングルマン

16年間も一緒に暮らしてきても出席する権利が無いのだ。

この監督さんトム・フォードさんご本人にも
24年間近くを一緒に暮らしている年上の恋人が居らっしゃるのだが
やはりアメリカ全国で結婚を認められるものならば
したいと思うと話しているそうな。
権利が欲しいのだと。。。

この監督さんすでに知られている方にはよくご存知のことだろうが
グッチを10年間で建て直し イヴサンローランにも貢献した方。
富や名声は手にhしてはいても
パートナーとしての権利が無いことを痛感しているのだろう。
埋葬の権利もその一つなのかもしれない。

トムフォード

そこかしこに
そんな監督さんの私的な要素が見え隠れしている作品。

↑彼のためにこの映画は作られたと言って良いような。
映画の最後で左のパートナーのリチャード・バクリーに捧げられている。

全てが美しく惜しみない美意識。
丁寧な映像はさすがのデザイナーさんの底力を見せつけている。

不思議な画面を構成していて一画面一画面が
ひとつの芸術作品のように順を追って展開していく。
撮影の仕方も奇妙であり巧妙である。

人間の日常の生活の中の普通の動作が
こんなにも不思議に見えたことはない。

シングルマン

静と動の絶妙なコントラスト!

不思議な不思議な映像が美しい流れをもっているこの作品。

流れてゆく写真群がどれもこれも美しくて
絵画の流れを見ているような映画だった。

主人公の心の高揚感が色合いの濃さによって表現されていることも。
観ている私達を誘うがごときの効果が絶大。

ここ一番で気に入っている作品です。お勧めです。

音楽がまた良いのです。

主演のコリン・ファースさん
この作品でアカデミー男優賞にノミネート。
翌年英国王のスピーチで
またもや連続ノミネートされ受賞されたのも記憶に新しい作品だ。

マシュー・グード

この時のマシュー・グードさん。
容姿と年齢が丁度いい具合にマッチしたといった感じ。

一番しっくりとした姿だった。

余談だが・・・
007の6代目である ダニエル・クレイブさんが映画の中で
なんとも素敵に細身にぴっちりとしたスーツをお召しになっていて
今までのボンド役よりも際立ったシャープな印象を与えた。
あのスーツもこの監督さんのデザインだったそうである。
スポンサーサイト

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画


コメント
Megumiさんへ
御殿場でお会いしたきりだったので
お会いできたら嬉しいなあっと思っておりました。
プードルのクロウサギちゃんやサリーちゃんとも。

またお時間が出来ましたらいらっしゃってください。
お待ちしております。
[2011/11/26 08:00] URL | ちわわん #- [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[2011/11/25 21:08] | # [ 編集 ]


オフ会のお誘いを有難うございます。

10日は土曜日ですね、仕事が入らなければ是非参加してみたいです ^^

また近くなったら連絡いたしますね。
[2011/11/25 20:48] URL | Megumi #PR6.u/TU [ 編集 ]

sirowanさんへ
昔104歳で死んだ祖母がよく言っていたのですが
段々歳を取ると綺麗な俳優さんの映画を観るのが好きになると・・
よく私とも映画にも行ったり歌舞伎が好きで
毎月一緒に出かけておりましたが。

この頃そういう意味がわかってきたように思います。

なんだか綺麗な俳優さんをみていると
ほっとしてしまったり
ぼおっと見とれてしまったり。

綺麗な男性の映画が好きになってきましたねええ。。
顔じゃあないって言っていたのが嘘のようです。(笑)

この映画は映像がとても綺麗なんですよ。
監督さんがやっぱりデザイナーさんだったせいでしょうか
素晴らしい作品で。
私は映像の綺麗な作品ならどんな内容であれ大好きなんです。

ぜひ一度観てください。
アカデミー賞8部門?だったか忘れましたが
ノミネートされたり評判の映画でした。
[2011/11/25 15:00] URL | ちわわん #- [ 編集 ]


不思議な感覚の映画なんですね。
でも、映像が綺麗な感じで、
それだけでも、見てしまいそうですね。

美形の男の子って、目の保養になるわあ。。。
[2011/11/25 13:54] URL | sirowan #- [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://terajimasusumusan.blog37.fc2.com/tb.php/2505-24b2baae
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Design&Material By MOMO'S FACTORY