ちわわんと言うハンドルネームと、タイトル名と、この名前を作ってから・・・いつの間にやら 20年余りも経過しちゃったなぁ~・・・あの頃は、タグ打ちの時代で、同じ名前は登録できなかった時代だったのになぁ~~~・・・Windows95のホームページの時代から考えると、すごいわよねぇ。。写真もコメントもさくさく入れられるようになっちゃって驚いちゃうわよね( *´艸`)

09<<  2017.10 >>11
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 

ひとりごと・・

ちわわん

Author:ちわわん
知り合った多くの友人たちに。
感謝をこめて。

↑写真はぷりんちゃん15歳6ヶ月と20日(2015年6月20日没)と
3年前に5月7日に17歳で亡くなったその母ムーバです。

静岡市在住の。
ご近所の犬ともだちさんへ。
ありがとうの言葉を添えて☆

長い犬人生と映画など色々。
20年程前のホームページも合体しました。
これからもよろしくお願いいたします。


最近の想い出綴り


最近のコメント


分類


あしあと


QRコード

携帯用にどうぞ。

QRコード


リンク

このブログをリンクに追加する


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


赤ずきん キャサリン・ハードウィック監督作品。
赤頭巾

この映画は
映画として観るのか、
絵画として見るのかによって
評価の分かれる作品であるように思う。

決して観ていても気持ちの良い作品ではない。

どちらかというと。
おどろおどろしい、肌のざわつく雰囲気を持った作品だ。

赤頭巾

色合いの美しい映像が
かえって残虐さをきわだたせていて
怖さを引き立ててしまっているかのようでもある。

正直に言うと、
この映画で何を伝えたかったものなのか。
いまいち理解に苦しむが
ただひたすらに色合いの美しい
写真として見るのならば良いのかもしれない。

場面場面は鮮烈だ。

映像

ただし。
物語がイマイチ解り難くもたついている。
決して題名にあるとおりに、
素直に赤頭巾ちゃん気をつけて・・・とは。
言いがたいし、捉えがたい。

結局は赤頭巾ちゃんその人も
狼の娘であってその血を受け継いでいる子だったのだと。
そしてその恋人は狼さんに。。。。

ピーター

恋というものは何者にも勝るということならば。
たとえ相手は狼であってもかまわないんだと。。。

うーーむ。どっかで聞いたようなセリフだ。

とどのつまりは吸血鬼だろうが、狼人間だろうが、
恋の成就の妨げにはならないのだと言いたいものなのか。。

恋

うーーむ。単純といえば単純な物語ではあるまいか。

赤ずきん

なんてったって一応は童話なのだから。。。

童話の世界というものほど残酷で恐怖に彩られているものはない。

古い因習の中に含まれた真実にも突き当たる。
隠蔽された中に時の権力の姿をも垣間見る。

何が真実で何が嘘だったのか。

生きるということの意味と選択肢をも含んでいる映画で

真実の愛を求める赤ずきんちゃん?

赤ずきん

底の知れない恐ろしさが滲み出ているような作品。

赤ずきん

映像はあくまでも美しく。
どこかで見たような男性の姿が・・・
一瞬ロバート・パキンソンが出演しているのかと我が目をごしごし。。
見紛うような横顔や全体の雰囲気なのだが背が低い。

ピーター

この監督のキャサリン・ハードウィック さんは
トワイライト~初恋~を撮った女性。
このピーターを演じている男優さんも
エドワード役のオーディションを受けた方の一人だとか。
ロバート・パキンソンの186?の背丈に負けたものかしらん。

なるほどねええ。。
監督さんはこういうタイプが好みらしい。

赤頭巾

音楽にしても映像しても
どこかしらにトワイライト~初恋~の陰がが重なってくる映画だ。

★・・余談・・

トワイライト~初恋~のコメンタリーで
この俳優さんを使ってもっと映画を撮ってみたいと
キャサリン・ハードウィック監督さんが語っていたように
ベラのお父さん役の俳優さんを気に入っていて
この映画でも赤頭巾ちゃんの父親役という重要な配役に使っている。
スポンサーサイト

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画


コメント
のんママさんへ
とにかく映像と音楽が美しくて圧倒される映画です。
ただ。少々話の流れとしてはかったるい。。
もう少しテンポがよい方が良いかなって。。

トワイライト作品が好きな方には
申し分なく綺麗で観ているだけで絵画の世界に
取り込まれてしまうような作品。

また赤ずきんちゃん役の女優さんが美しい。
目がたまらない。

グリム童話だったり、イソップだったり・・
マザーグースの真の世界に触れるような作品。
[2011/10/23 08:28] URL | ちわわん #- [ 編集 ]

あみちゃんへ
映画館で観たほうが映像の美しさと音楽は
はかりしれなく素晴らしいとは思うのですが。
物語自体はイマイチ。。
スリーピーホローの比ぶべきもなく。

叙事詩をさらーーーっと観ている感じで。
流しつつ・・・
そんな映画でした。

昔観たマクベスに似ているかな。

この監督さんはロマンポランスキーの影響を受けてらっしゃるのだろうか。
そんなムードを持った作品。

ロシアのハムレットにも似ている。

きっとトワイライトシリーズを観ている人なら気に入られる映像ではないかしらん。
[2011/10/23 08:25] URL | ちわわん #- [ 編集 ]

鍵コメさんへ
ありがとうございます。
此方からもよろしくお願いいたします。
[2011/10/23 08:22] URL | ちわわん #- [ 編集 ]


お話としても 映像としても 気になってました。
こういう 雰囲気の映画は 結構 好きです。
オオカミさんを からめ 恋愛も あるんですねぇ。
なんか 意外かもっ
[2011/10/22 21:28] URL | のんママ #- [ 編集 ]


この作品、TBSの情報番組のDVDコーナーで紹介してました。

映画公開された時、観に行こうか迷ったんですが結局行けずじまいでした。

映画の感じとしてはジョニーデップの「スリーピーホロウ」のような作品なんでしょうか?

絵的にはとても綺麗ですね。
観てみようかな?
[2011/10/22 20:54] URL | あみ #- [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[2011/10/22 11:08] | # [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://terajimasusumusan.blog37.fc2.com/tb.php/2430-5b0b8d08
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Design&Material By MOMO'S FACTORY