ちわわんと言うハンドルネームと、タイトル名と、この名前を作ってから・・・いつの間にやら 20年余りも経過しちゃったなぁ~・・・あの頃は、タグ打ちの時代で、同じ名前は登録できなかった時代だったのになぁ~~~・・・Windows95のホームページの時代から考えると、すごいわよねぇ。。写真もコメントもさくさく入れられるようになっちゃって驚いちゃうわよね( *´艸`)

07<<  2017.08 >>09
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 

ひとりごと・・

ちわわん

Author:ちわわん
知り合った多くの友人たちに。
感謝をこめて。

↑写真はぷりんちゃん15歳6ヶ月と20日(2015年6月20日没)と
3年前に5月7日に17歳で亡くなったその母ムーバです。

静岡市在住の。
ご近所の犬ともだちさんへ。
ありがとうの言葉を添えて☆

長い犬人生と映画など色々。
20年程前のホームページも合体しました。
これからもよろしくお願いいたします。


最近の想い出綴り


最近のコメント


分類


あしあと


QRコード

携帯用にどうぞ。

QRコード


リンク

このブログをリンクに追加する


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


魔術師マーリン。
王様
↑だいぶ前の写真、16歳で亡くなったかぶと君。
色画用紙で王冠を作ってかぶせてみたときのもの。
この時は15歳位か、長寿を祝って撮った写真。
缶詰や本でも、
なんでも頭に乗せてもじいっとしているおとなしいオス犬でした。
誰にでもどんな犬にも友好的で吠えたことがなく。
誰の子犬でもよく面倒をみて可愛がった愛情深い子で。
愛したメス犬はずうっと全身をなめてあげて
横に付き添って可愛がるので愛されたメス犬はべったりこん。
穏やかな素敵な子でしたねぇ。。。

★・・・

アーサー王物語について考えてみると。。。

私の小学生か中学生の頃に
ディズニーが製作した『王様の剣』というアニメ映画があって
その時に初めて
このアーサー王物語のはしっこのはしっこを見たような気がする。

もう今になっては
この物語のお話の内容は定かな記憶がなく。
大きな岩だったか・・何かから剣を引っこ抜く場面だけが
心に大きく刻み込まれたものだった。

正直この映画での1シーンだったのかも
どうにも疑わしいような。。
半世紀近くも前の話なのだから無理ないか。。(笑)

今でもそのアニメはDVDにでもなっているものだろうか?

まあ。私の子供時分には
東映アニメ映画も優秀で

白蛇伝

『白蛇伝』
とてもすばらしい映像で今でも忘れられない。
いまだに心に残ったシーンを想い出すほどの作品。
なぜか中国の唐子のような服装であったのかが
当時は謎であったが、
なんと向こうの伝説を基にして描かれていたのだと今知った。

『少年猿飛佐助』
白戸三平さんのものだったのではなく
なぜか佐助に美しいお姉さんがいて
真田幸村と恋仲に。。ってな感じだったかしら?

西遊記

『西遊記』
こちらも恋人のメスのお猿さんが雪の中
頭に大きなお花をくっつけていて可憐で
閉じ込められた孫悟空に食べ物を運ぶシーンが涙。涙。

安寿と厨子王

『安寿と厨子王丸』
こちらも切ない物語で、
年老いて盲目となった母親が米を干していて
安寿恋しや、ほーいほい。
厨子王恋しや、ほーいほいと。
稲穂で雀を追い払っているシーンが泣けて泣けて。

『アラビアンナイト・シンドバッドの冒険』
なんてのもあったなあ。
あれ・・これはディズニーだったのかしら?

『わんわん忠臣蔵』なんてのも。。(笑)

どんどん話がそれてしまったが。。
美しい動きの滑らかな当時のアニメーション映画にも
大きな影響を受けたものだった。

まあ。アーサー王物語というと、
必ずこの剣をドンっと引っこ抜く場面が浮かんでくるのだ。

アーサー

その後に見たのは高校時代だったか。。中学だったか。。
『キャメロット』という映画だったのを覚えている。

その頃のお決まりで、
まあ長いこと長いこと。膨大な長編ミュージカル映画だった。

必ず映画の真ん中で休憩時間があったような。(笑)

輝くばかりに美しく絢爛な映像で
ここで初めて王妃グイネビアと騎士ランスロット卿との
恋物語が描かれていた。

アーサー王はリチャード・ハリス。
ランスロット卿はマカロニウエスタンのフランコ・ネロだった。
王妃は忘れた。。(笑)記憶にまったくない。

次に見たのは『エクスかリバー』

そして

トルーナイト

とても重くのしかかった映画『トゥルー・ナイト』がある。
ショーン・コネリーが老境に差し掛かったアーサー王を演じていて
その苦悩がひしひしとこちら側に伝わってきたからだ。

やっぱり名優というものは違うものらしい。
このときの映画をいまだに忘れることができない。
だけれども。もう一度見る気にはなれない。

あのときの映画の色合い、音響、全てが重い。

リチャード・ギアのランスロット卿がまたかっこよくて
どうにもアーサー王が歳を取り醜く哀れで
暗く悲しみの心しか浮かんでこなかったくらいだ。

今の年齢で観れば、また違った感慨が沸くものだろうか。

美しい青の世界を思わせるその映像も忘れられない。

アーサー王物語というよりも。
老いてゆく絶対王の心理描写と
葛藤の方が勝っている映画だった記憶がある。

良かったら一度観られることをお勧めする。
昔私が感じたのとは違った印象を受けるかもしれない。

そんなこんなと多くの映画があるアーサー物語である。


魔術師マーリン

『魔術師マーリン』イギリスのテレビドラマ。

このアーサー王物語は少し今までとは違っている。

今までは魔法使いマーリンというと。決まって
白髪の白いローブを纏ったおじいさんが浮かんでくる。

それこそ『ロード・オブ・ザ・リング』に出てくるような。
白の魔法使いのイメージがある。
そういったタイプがマーリンだと思っていた。

しかし、ここに出てくるマーリンは若々しくてかわいらしい。
その代わりと言ってはなんだが。
将来の王妃となるグイネビアは美人ではない。。

グイネビア

ポカホンタスの少女のような。。
ハワイ系の小鼻のしっかりとした・・・
う・・ん・・まあ・正直私にはしっくりとはこないのだが。

その点に目をつぶって・・と。
とても楽しめる作品となっている。お勧めです。
スポンサーサイト

テーマ:海外ドラマ(欧米) - ジャンル:テレビ・ラジオ


コメント
”M”さんへ
(笑)ははは。
かぶと君はおっとりのんびり。
まあ。ゆったりとした子で
いつでもニコニコ笑っているようなお顔で
のんびり寝転んでいましたよおお。

今週Mさんでもいらっしゃるなら行くんだけどなああ。
なんせ、浜松まで新幹線で行かないとならないし
その後が基地までが大変なんで。
たぶん行かないんじゃんじゃないかと。
来るなら友人に頼んで行こうかと思っていたのよ。
[2011/10/21 09:19] URL | ちわわん #- [ 編集 ]


こんばんは

かぶとくん、外見はルネに似ているような・・・
でもいつもガサガサせわしない・・・なぜ?
優しい性格は私そっくりかな!?

今度の日曜はエア・フェスタ浜松2011があります。
T4の16機変態編隊飛行は見ものですよ~~
[2011/10/21 01:09] URL | ”M” #- [ 編集 ]

おかんさんへ
薔薇の名前・・でしたっけか?
やぱり独特のくらーーーい映画じゃなかったですか?
不気味な。。
ちょっとばかり緋文字の葛藤に似たような雰囲気を持つ
聖職者の話でしたよね?

昔はああいった重い雰囲気の映画も観たのですが。
この頃では現実逃避でしょうかねええ。
明るく楽しい映画ばかりが好きになりました。

残酷シーンも駄目。
あの世が近づいてくると穏やかな平和を愛するようになるようですよおお。(笑)

安寿と厨子王丸・・哀しすぎて・・・耐えられん。。。。
[2011/10/20 09:14] URL | ちわわん #- [ 編集 ]

まゆみ(ちるママ)さんへ
なにをおっしゃいますやら。。
あんなに素敵な優しいだんな様がいらっしゃるじゃあないですか。
かぶと君タイプですよ。きっと。
ふふふ。

かぶと君もまったく吠えない子で、
まあ。人間も犬もだれでも大好き。
いつでもニコニコわらっているような子でした。

死んだその日まで。
にっこり笑っているようなお顔をしていましたねええ。

映画は小さな時から大好きで
なんせ2本立て50円だ三本立て100円の時代から見続けているので。(笑)

昔は映画館も町内に3軒ほどあった時代ですものねえええ。。
↑古い奴なんですよ。。(笑)
[2011/10/20 09:10] URL | ちわわん #- [ 編集 ]

スノままさんへ
かぶと君はほんと。
今思い出してもほわっと微笑が浮かんでくるような
そんな優しいオス犬でした。
子犬にも雌犬にも。
他所のわんこにもやさしくて。
どんな子も可愛がって面倒を見てくれて
わんとも吠えない子でしたねええ。。

穏やかでいつでも笑っているような子でした。
死ぬその日までにんまり笑っておりました。

マーリン。シーズン5までが決定されていて
今は4まで放送されているようです。
私も早くみたいなああ。。

マーリンもアーサーもとってもハンサム。
なぜに王妃は不細工?
と。疑問がわきますが。。
[2011/10/20 09:04] URL | ちわわん #- [ 編集 ]

まあやさんへ
でしょうでしょう。。

なんだかがっかりしてしまいました。

やっぱりお后さまは美しくなくっちゃあ。。ねええ。
ファンタジーなんだもの。
まばゆい美しさを求めてしまうのは私だけかしら。。ん。

かぶと君歳をとってサマーカットを年中しておりましたが。
毛ぶきがすごくてもこもこの子だったんですよ。
歳をとってずうっと短くしてしまっていて
夏にはライオンカットしておりました。
[2011/10/20 09:01] URL | ちわわん #- [ 編集 ]

あみさんへ
うちは犬好きだったことが良かったのか悪かったのか。
沢山のわんこを飼いましたが。
なぜかぎゃンぎゃン吠えるっていう子が居なかったんですよねええ。。

シェパードも静かだったし。
プードルもちわわも。わりと静かな子ばかりで
ドックショーに出していたモンチだけは駄目だったなああ。。
性格が強すぎて。(笑)

あとは11匹居てもお隣さんやご近所が
そんなに居るとはわからなかったほど静かな子達ばかりでした。(笑)

回覧板などで扉を開けてびっくり。。なんてのが多かった。
玄関でずらっと並んでお出迎えするので。。

だからあんまり吠える子は嫌い・・・(笑)

白蛇伝。。いい映画でした。
動きの滑らかさが大好きでした。
口元までが人間がしゃべっているように
ちゃんと口の動きがされていて驚いたのを思い出します。

あの王様の剣の映画って
すっごく古かったんですよ。
なんせ私が子供の頃観たくらいですから・・
でも絵を見るとちっとも古くないですよね。
そういう意味でもディズニーってすごいなって思います。

ふふふ。ガンダム?
絵がもう少し綺麗だったらなああ。。。
[2011/10/20 08:58] URL | ちわわん #- [ 編集 ]


トゥルー・ナイト懐かしいです。
たぶん見た記憶が。。。
ショーンコネリー氏の中でも私が高校生か大学入った頃だったか… 「薔薇の名前」という映画は物凄く記憶に残ってます。

あんずとずしおう は幼稚園の時にお遊戯会でやったおぼえがありますww
[2011/10/19 21:23] URL | おかん #sSHoJftA [ 編集 ]


私もそんなオスに愛されてみたいわぁ~。
かぶと君みたいな、パーフェクトな良いワンコさんもいるん
ですね~^^(お目にかかったことないけど(笑)
お顔も性格もいいって、最高ですよねー。

ちわわんさん、映画評論家も顔負け!いつも楽しく
拝見してまっす♪♪♪
[2011/10/19 16:20] URL | まゆみ(ちるママ) #mQop/nM. [ 編集 ]


かぶと君、とても紳士的だったんですね(*^_^*)
スノーウィももっと友好的な態度がとれるようになって欲しいわ!

「魔術師マーリン」我が家でも見てました。
アーサー王物語なんですかー。知りませんでした(^^;)
にいちゃんが好きで 一緒に見てましたが おもしろかったです♪
シーズン3をみたいわ!
[2011/10/19 15:39] URL | スノまま #- [ 編集 ]


かぶと君、15歳であの毛並はすばらしいね~
穏やかな表情に品格さえ感じます。

「トゥルーナイト」は王の哀しみが滲み出てきそうなお話ですね。。
絶対的な権威ある者でもいつかは皆と平等に老いていくものですよね。

マーリンとあまりにもかけ離れている妃(笑)
大体、妃というのは美。。。
[2011/10/19 14:03] URL | まあや #- [ 編集 ]


ちわわんさんとお話をしていると、歴代のわんちゃん達はみんなおだやかで大人しい子ばかりだったようですね。

ぷりんちゃんも大人しくて、一切無駄吠えのしない子ですよね。

やたらと吠える犬、性格なんでしょうか?飼い主のしつけなんでしょうか?
子供の頃に飼っていたスピッツと柴のミックスの子はやたらと吠える犬でしたね~。


「白蛇伝」とても良い作品だと聞いた事はあるんですが、見た事ないです。
私の見るアニメって少しジャンルが違うんですよね(笑)

ディズニーの「王様の剣」見たんですが記憶があやふやです。

今度じっくり見直してみます。
[2011/10/19 13:55] URL | あみ #- [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://terajimasusumusan.blog37.fc2.com/tb.php/2425-512acad2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Design&Material By MOMO'S FACTORY