ちわわんと言うハンドルネームと、タイトル名と、この名前を作ってから・・・いつの間にやら 20年余りも経過しちゃったなぁ~・・・あの頃は、タグ打ちの時代で、同じ名前は登録できなかった時代だったのになぁ~~~・・・Windows95のホームページの時代から考えると、すごいわよねぇ。。写真もコメントもさくさく入れられるようになっちゃって驚いちゃうわよね( *´艸`)

07<<  2017.08 >>09
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 

ひとりごと・・

ちわわん

Author:ちわわん
知り合った多くの友人たちに。
感謝をこめて。

↑写真はぷりんちゃん15歳6ヶ月と20日(2015年6月20日没)と
3年前に5月7日に17歳で亡くなったその母ムーバです。

静岡市在住の。
ご近所の犬ともだちさんへ。
ありがとうの言葉を添えて☆

長い犬人生と映画など色々。
20年程前のホームページも合体しました。
これからもよろしくお願いいたします。


最近の想い出綴り


最近のコメント


分類


あしあと


QRコード

携帯用にどうぞ。

QRコード


リンク

このブログをリンクに追加する


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


トワイライトⅣ ブレーキングドーン上下 感想。
シリーズ4
↑トワイライトⅣ ブレーキングドーン上下。

不思議と人間は無い物ねだりをしたくなるような。
そんな衝動がどこかに潜んでいるものらしい。

この上なく上等で申し分のない幸せな恋愛があろうとも。
そこに更なるドラマ性を求めてやまないのが
どうも、女というか女の性(サガ)のような気もする。

わくわくするような
それでいて儚くてかぼそくて脆いような
そんな恋愛を好んでいるようだ。

どんとした安定感よりも何よりも
危うい関係に身を焦がすという設定が
うら若き乙女達をこれ程の虜にしたものなのだろう。

ロバート・パティンソン

今では『ハリーポッター』に次ぐ大ベストセラーなのだということが
ちょっとばかり読んでみて初めて納得できたような気がする作品だ。

読みやすく優しい理解し易い文章と
年代を問わずにたやすく夢に想い描くことの出来る場面設定。
手に届かないはずの夢の王子様というよりは
一段下がって何処にでも身近に現れそうな
今日にでも出会うことが出来そうな好青年なのである。

そして彼らは間違いなく自分だけに優しくて。
自分だけを愛していて、ひたすらに尽くしてくれるのだ。

この自分だけにという所がとても重要であって。
献身的に。脇目もふらずに。
自分だけのために無償の愛を注いでくれる。
欲しがっているものは全て与えてくれるし財産もある。
何一つ不足と思えるものはなく
美と不老不死さえも叶うのだ。

設定はかなり突飛でいて現実離れはしていても
現代においての可能な限りのパーフェクトを備えている美青年。
そんな人がこの私だけに。。
それがこのヴァンパイアブームというものを呼んだものなのだろう。

わかる気もするけどなああ。

ロバート・パティンソン

そして自分自身をたやすく投影できるような
なんでもないような普通の女の子が主人公だというのもミソで。
なんとも申し分の無い設定と組み合わせの法則にのっとっているではないか。

ジェイこぶ

そこにお待ちかねのもう一人の素敵な別のタイプの男の子が登場し。
その子がままたた自分だけをと熱望してくれて熱烈ラブコール。
大人顔負けの微妙な対立と対比を生んでゆく。

ばかばかしいような ハーレクインロマンスかと思いきや
感情の機微の細やかさと確かさは
作者の意思を反映していて
危なげがなくしっかりと描き出されていて私達を惹き込んでゆく。

グロさが無い分。何回読んでも疲れない。
それが全ての人に受け入れられる理由かもしれない。

「トワイライト」


「黄昏(トワイライト)だよ」
エドワードは雲で薄暗くなった西の地平線を見ながらつぶやいた。
心はどこか遠くにあるみたいに感慨深げな口調。
フロントガラスの向こうをぼんやり眺めている。
あたしはエドワードをじっと見つめた。

エドワードが急に視線をこっちにもどしたときも、
あたしはまだ彼を見つめていた。

「ぼくたちにとって、
 一日のうちで一番ほっとできる時間だ」
言葉にならない疑問があたしの瞳に浮かび、
それを読み取ってエドワードは堪えてくれた。

「一番リラックスできる。でもある意味では一番せつない。
 また一日が終わる。夜がもどってくる。
 闇の世界はあまりに退屈なんだ。
 そう思わないか」
エドワードは物憂げに笑った。

「あたしは夜が好きよ。暗闇がなければ星がみえないもの」

★・・・★・・・「トワイライト」上巻より。

「トワイライト」

「この人生を終える覚悟がそこまでできるなんて」
エドワードはつぶやいた。
ほとんど独り言って感じだった。

「きみの人生はまだはじまったばかりなのに、
 これでもう黄昏(トワイライト)を迎えてもいいっていうつもりなのか。
なにもかも捨てる覚悟をしてるって」

「終わりじゃない、はじまりだもの」
ささやきながら反論した。

★・・・★・・・「トワイライト」下巻より。
スポンサーサイト

テーマ:読んだ本の感想等 - ジャンル:小説・文学


コメント
のんママさんへ
楽しく参加させていただきました。
どれもこれも可愛くって楽しみだなあ。

「トワイライト」是非見てみてくださいな。
甘さと切なさ。美しさにほわんっとなりますよ。

ついつい自分と主人公とを置き換えてみたくなる作品です。
お勧めですよん。(笑)
[2011/10/16 08:09] URL | ちわわん #- [ 編集 ]

めぐ さんへ
ふふふ。
まだまだメグさんの年齢なら化石にはなりません。
私くらいになると化石を通り越して
憧憬ともいえましょうかねええ。。(笑)

この頃こういった身を焦がすような純愛にはまっております。
いや。ヴァンパイアか。。
いいねええ。。こういう夢のある空想。

好きだわ。。

しかもヴァンパイアと子供まで生んじゃうなんて。
面白い。
[2011/10/16 08:07] URL | ちわわん #- [ 編集 ]


トワイライト 本も DVDも 興味ありつつ まだ 手にとってなくって。
ママさんの 記事には いつも ひきつけられて
是非 読んでみよう!って 思っちゃう。
わたし 読むのが めちゃめちゃ 遅いんですけどね…

企画への ご参加 ありがとうございました!
[2011/10/15 20:03] URL | のんママ #- [ 編集 ]


おはようございます☆

トワイライトは、DVDで観ました^^
危うい関係に身を焦がしたうら若き乙女時代が
私にもございました。笑
(化石時代)
心に残っている映画です。
[2011/10/15 10:38] URL | めぐ #5KPaI2a2 [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://terajimasusumusan.blog37.fc2.com/tb.php/2420-b09b52c1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Design&Material By MOMO'S FACTORY