ちわわんと言うハンドルネームと、タイトル名と、この名前を作ってから・・・いつの間にやら 20年余りも経過しちゃったなぁ~・・・あの頃は、タグ打ちの時代で、同じ名前は登録できなかった時代だったのになぁ~~~・・・Windows95のホームページの時代から考えると、すごいわよねぇ。。写真もコメントもさくさく入れられるようになっちゃって驚いちゃうわよね( *´艸`)

07<<  2017.08 >>09
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 

ひとりごと・・

ちわわん

Author:ちわわん
知り合った多くの友人たちに。
感謝をこめて。

↑写真はぷりんちゃん15歳6ヶ月と20日(2015年6月20日没)と
3年前に5月7日に17歳で亡くなったその母ムーバです。

静岡市在住の。
ご近所の犬ともだちさんへ。
ありがとうの言葉を添えて☆

長い犬人生と映画など色々。
20年程前のホームページも合体しました。
これからもよろしくお願いいたします。


最近の想い出綴り


最近のコメント


分類


あしあと


QRコード

携帯用にどうぞ。

QRコード


リンク

このブログをリンクに追加する


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


トワイライト 原作本。
トワイライト

「ライオンが羊に恋をした。」

「なんてバカな羊。」

「なんてひどい頭のイカレタマゾなライオンだろう。」

私にはこの台詞がとても気に入っている。

トワイライト
トワイライト 上下巻 トワイライトⅡ 上下巻 トワイライトⅢ 上下巻

純愛物語とでも言うべきこの作品だったのだが。
読み進めてみると
翻訳した方が上手だったのか
とても読みやすくて
すらすらと続きの先が気になってしまって
次々と読み進めていってしまって
なんと、昨日は徹夜をしてしまったのだ。

まあ、徹夜すらも久しぶりのことではあるのだが。。

なんとまあ。残念なことに。
そのために。
せっかくお会いしたマルックスちゃんたちのお誘いメールを
すっかり翌日のお昼過ぎまで見逃してしまっていた。

それほど夢中で集中して読みふけっていたということか。(笑)

ふたり

読んでいくうちに
一番に気づいたことはこの本の作者である
ステファニー・メイヤーさんの意思と意向が如実に、
映画の随所随所にとても生かされていたということだ。

殆ど映画全体が
本に忠実だったというべきか。

本の中での設定も、
そのままが
映画の方でも生かされているし。
本の中で語る言葉のそのままが
映画の中でもそのまんまの形で台詞として使われているのだ。

これほど忠実に景色の花畑すらも
細々と再現されている作品も少ないのではないだろうか。

「トワイライト~初恋」 2008年
「ニュームーン/トワイライト・サーガ」 2009年
「トワイライト・サーガ/エクリプス」 2010年

この3つの映画を観終わってから、
初めてこの小説を読み出してみると。
映画を作っている人たちが
小説のイメージを損なわないようにと
深い配慮を抱いて 
大切に映画を作っていたことがとても良くわかる。

言葉の一つひとつ。
想いの一つひとつ。
情景の正確さをも
そこここに、認めることができるのだ。

よくもこれ程にきっちりと描ききれたものだと感心してしまう。
最初の作品は女性の監督さんであったからであろうか。
その後にはナルニア物語の監督さんなどに代わってはいるのだが。

美しい抒情詩的な世界を壊すことなく
絵のように美しい作品に仕上げている。

ここの所、急速に映画は進化している。
CGの技術の進歩のおかげで
以前にはまったく不可能だった想像力の世界を
今ではひどく現実的に身近なものへと描くことが可能となっている。

変身を遂げた狼の姿もそうだし
ヴァンパイアの野球シーンなどもそうである。
なんら違和感なく観る事ができるしとても楽しめた場面だった。

現代の私達の生活観にもマッチしている世界を
描き表現するようにもなってきた。

ついつい夢中で時間を惜しまずに読み進めてしまった。

映画のシリーズ3までは。
そこまではどうしても読んでしまいたかった。

そいてその次へと・・
後の結果が知りたくて・・そう私の気が急いたのだ。

★・・つづく。
スポンサーサイト

テーマ:読んだ本の感想等 - ジャンル:小説・文学


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://terajimasusumusan.blog37.fc2.com/tb.php/2410-3b1e0996
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Design&Material By MOMO'S FACTORY