ちわわんと言うハンドルネームと、タイトル名と、この名前を作ってから・・・いつの間にやら 20年余りも経過しちゃったなぁ~・・・あの頃は、タグ打ちの時代で、同じ名前は登録できなかった時代だったのになぁ~~~・・・Windows95のホームページの時代から考えると、すごいわよねぇ。。写真もコメントもさくさく入れられるようになっちゃって驚いちゃうわよね( *´艸`)

09<<  2017.10 >>11
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 

ひとりごと・・

ちわわん

Author:ちわわん
知り合った多くの友人たちに。
感謝をこめて。

↑写真はぷりんちゃん15歳6ヶ月と20日(2015年6月20日没)と
3年前に5月7日に17歳で亡くなったその母ムーバです。

静岡市在住の。
ご近所の犬ともだちさんへ。
ありがとうの言葉を添えて☆

長い犬人生と映画など色々。
20年程前のホームページも合体しました。
これからもよろしくお願いいたします。


最近の想い出綴り


最近のコメント


分類


あしあと


QRコード

携帯用にどうぞ。

QRコード


リンク

このブログをリンクに追加する


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


「アンフェア the answer」映画感想。
「アンフェア the answer」映画感想。

アンフェア

なんだかなぁ。。。
昔。私たちの若かった時代の片隅に。
一時期ではあったが。
こういったグロテスクな映画の流行した時代があった。

人間を細かく切って食べてしまうだとか。
猟奇的殺人鬼到来の”13日の金曜日”だとか。

残酷このうえもない映像が
これでもか!っといった具合に正確に描写されていた。

あれは人間のエゴと殺伐さを招いてしまったものだったが。

それにも似ていて時代遅れの作品にも見える。
いまどきにこれかいな・・っと。
もう遠い昔の作品となってしまった
三池崇史監督作品の色々とエグイシーンやら、
『殺し屋1』や『izo』をも思い浮かばせる作品となっている。

正直。
クールな頭脳戦と込み入った人間関係が魅力の物語だったのに。
前の映画でもちょっとばかり
ピエロの扮装シーンなど。
微妙に海外ドラマをパクッてはいても
それなりにとても面白かった作品だったのに。

今回は路線を変えて奇を狙ったものなのか。
クリミナルマインドや。CSIばりの猟奇さではある。
う~む。
だとしたら。
これは成功はしていない。

古すぎるし。痛い作品だ。

ただただ単に気持ちの悪い映画として定評を受け
ただただ単に猟奇的な部分を
監督さん自身が描きたかっただけではないだろうか。

なんら。映画の筋道上には不必要な部分だし。
またその不必要な部分が長すぎて。げぇっとなってしまう。

アンフェアと名前がうってあればこその興行で。
その名前がなかったとしたら。
この映画はただのネイルガン(電気釘打ち機)殺人鬼?事件とか。

あれでお客が呼べたものだろうかは疑わしい。

最後の最後のほんの数分間のシーンだけが
いつものアンフェアなドラマが見えている。

あのUSBの持つ真の評価というか意義というか。
その場面だけがアンフェアで
あとは無意味なシーンの垂れ流し状態。

俳優さんたちが素晴らしい人たちが揃っていただけに
もったいないし、がっかりしてしまった。

作る監督さんが交代すると
こうも作品が駄目になってしまうという典型的なもの。

残念だ。

寺島さん

まあ。安上がりで雑な映画。

食事時には避けられた方がよいかと。
スポンサーサイト

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画


コメント
猫又さんへ
でしょう。。でしょうお。

なんだかなあ。。って言うよね。皆。
後味の悪い映画でしたよ。

香川さんもったないし
吹越さんももったいないし。
ある意味山田だんももったいないし。
佐藤さんの役もなんだかなあだし。
大森さんももったいないし。。

寺島さんは出番が少なすぎ。
そしてあの因果な女だなあは良かったね!
私もぐっときましたよ。

しかしつまらない映画をよくぞつくったものだわ。
[2011/09/27 11:25] URL | ちわわん #- [ 編集 ]

期待がいっぱいだったので
アンフェアを期待いっぱいワクワクで、見て来ました。只ねえ、う~ん何だかなあ~って感じ。雪平さんの優しい人間性はわかったけど、それを恋愛でまとめたのが安易かなあ。今までのアンフェアとは、ちょっと視点が違った様な。暗さの中に灯火が、あったんだよなあ。今回は、後味悪いまま終わってしまった。でも寺島さんの、「因果な女だなあ」ってセリフにぐっときてしまったあ。寺島さんの出番が少なすぎ、ジッポカチカチが渋かったなあ。
佐藤さんは、また出て来そうですね。加藤さんの飄々感が、唯一の救いだったかも。山田さんは、ラストの激昂する所が凄かった。
香川さんは、優しさを残したまま然り気無く。今回はちょっと序章で、また次回に期待していいのかなあ。
やっぱり美緒ちゃんを絡めた、雪平さんの母性や心の奥の哀しみを表現した方が良かったかもと思いました。
寺島さん主役の、サスペンスなら何回でも見に行くのになあ。
[2011/09/27 10:41] URL | 猫又 #- [ 編集 ]

こいさんへ
映画は最初の2・3分と。
最後の10分位が前の映画と繋がっているだけで
あとはただただホラー映画もどき。
山田?さんとかも
何のために出てきたのか判らないし。
大森さんも別の映画に一人出演している感じ。
なんだかなあ。。って感じ。

地震のあとにあわてて作ったみたいだし
安上がりな映画でした。
[2011/09/26 18:56] URL | ちわわん #- [ 編集 ]

映画館は止めよかな
観に行くつもりだったけど…。感想を聞いたら、TVの小画面で見る程度で十分かも。

レギュラー陣が好きな作品なんですけどね。残念です…
[2011/09/26 10:44] URL | こい #- [ 編集 ]

はやとうり さんへ
もうホラー映画という部類。
あんまり気持ちの悪いシーンばかりが続くと
食欲は失せちゃうし。
見た後の気持ちのテンションも下がる。

楽しいはずの映画を観た直後の高揚感は無し。
後味の悪い気持ちの悪さが残った。

私には苦虫を噛み潰したような。
あの気持ち悪いムカデの巨大なものも
自分が食べたような気持ちが残った。

最後の10分だけ見ればいいかと。
そんな感じの映画でした。
[2011/09/25 09:16] URL | ちわわん #- [ 編集 ]


アンフェアそんなにひどいのですか
見るのは止めます

映画はわざわざ気分の悪くなるような物は見たくはないですね
見た後爽やかな気分や感動する物を味わいたいものです
[2011/09/25 08:20] URL | はやとうり #- [ 編集 ]

のんママさんへ
なんともグロい映像が多いし。。
殺し方も気持ちが悪いし見てられませんでした。
ずっとうつむいたままで
声で状況を判断していました。

また虫も気持ち悪い。

エグイし。グロイし。。
おえっとなります。

この頃こういったものを若い方々が求めているのでしょうか。
がっかりしてしまった作品で。
お金を払ってまで見るべきではなかったと
ひどく後悔。残念な映画でした。

こういったものを子供さん方に見せるべきかは
迷う作品です。
[2011/09/25 07:25] URL | ちわわん #- [ 編集 ]


ええっ そうなんですかっ。
見た方から なんとなくは 聞いてましたけど
そんな ひどいとは… 残念ですね。
ドラマシリーズは 結構 好きだったし
なにより 香川さん が 大好きなので
見てみようかなって 思ってたんだけど…
先日 『 探偵は BARに いる 』を 見ましたが
あれも これ系 でしたょ。
PG12なので 覚悟は してましたけど 想像以上っ。
大泉洋さんと 松田龍平さんの コンビは 良かったんだけど…
[2011/09/24 21:59] URL | のんママ #- [ 編集 ]

性根黒八さんへ
北乃きいっていう女優さん。
なんと私は昨日初めて知りました。
このだみ声の人だれ・・って。

聞き苦しい声の女優さんで
珍しいなと思ってみておりました。

だけど20歳位なのかしら?
なんだかなあ・・・
私はイマイチでしたねええ。

あんまり好みじゃなかったわ。。

でもこのドラマの方が数段良かった。
映画は気持ち悪いだけ。
気持ちの悪い虫を食べたり?
ぐしゃっとか。
殺害もグロテスク。
なんだか胃が気持ち悪くなる映像ばかりでした。

この頃とんと血に弱くなってきて
残虐シーンとかも苦手になりました。

やっぱりほのぼの系がすきだなああ。
[2011/09/24 21:50] URL | ちわわん #- [ 編集 ]

ももぱぱさんへ
本当に皆で一緒に遊ばせたいですね。

ボールがお気に入りで
これは私のものっていう感じで。
他の子たちには絶対に触らせません。

頭の良い子らしく。
利発さがよくわかる遊び方をします。

ぼおっとしたプリンとはえらい違いだわ。(笑)
[2011/09/24 21:45] URL | ちわわん #- [ 編集 ]


テレビのほう 昨日やってて北乃◎いが代役
鼻にかかったかすれ声で無用に若くて力不足
誰かが押してるんでしょうか?露出増えたし

最後の画像の二人。 台本に恵まれてないです
いつも思うことですね
[2011/09/24 20:23] URL | 性根黒八 #- [ 編集 ]


↓プりんちゃん楽しそうに遊んでいますね。
ボール、自分の絶対離さないぞって、可愛い。
駿府公園って、本当に楽しそう。
近くにあればすぐにでも行きたいのですが・・・
[2011/09/24 19:37] URL | ももぱぱ #- [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://terajimasusumusan.blog37.fc2.com/tb.php/2373-3ae8799b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Design&Material By MOMO'S FACTORY