ちわわんと言うハンドルネームと、タイトル名と、この名前を作ってから・・・いつの間にやら 20年余りも経過しちゃったなぁ~・・・あの頃は、タグ打ちの時代で、同じ名前は登録できなかった時代だったのになぁ~~~・・・Windows95のホームページの時代から考えると、すごいわよねぇ。。写真もコメントもさくさく入れられるようになっちゃって驚いちゃうわよね( *´艸`)

07<<  2017.08 >>09
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 

ひとりごと・・

ちわわん

Author:ちわわん
知り合った多くの友人たちに。
感謝をこめて。

↑写真はぷりんちゃん15歳6ヶ月と20日(2015年6月20日没)と
3年前に5月7日に17歳で亡くなったその母ムーバです。

静岡市在住の。
ご近所の犬ともだちさんへ。
ありがとうの言葉を添えて☆

長い犬人生と映画など色々。
20年程前のホームページも合体しました。
これからもよろしくお願いいたします。


最近の想い出綴り


最近のコメント


分類


あしあと


QRコード

携帯用にどうぞ。

QRコード


リンク

このブログをリンクに追加する


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


「ミート・ザ・ペアレンツ3」 映画感想
ミートザペアレンツ3

この作品は最初の映画の封切りの時からずっと
順番に順を追って見続けてきた作品で。

名優ロバート・デニーロの怪しすぎる位怪しい父親像も
ダスティ・ホフマンの飛びぬけたエロ親父ぶりも
バーバラ・ストライサンドの
父親に輪をかけたようなセックスカウンセラーの母親ぶりも
まあ。
どこまでも怪しく変人ばかりが集っているような作品。

オーウェン・ウィルソンのお金持ちのボンボンで
どこかちゃっかりしていて憎めないお坊ちゃまぶりも健在で。
出演してくるだけでほっとするし
もっともっとパワーアップして登場してくるのだ。

完全なコメディ映画ではあるのだが。
デニーロにしてもホフマンにしても。
見ているこちら側にしても歳を取ったものである。

ホフマンと言えば。
どうしても「卒業」から始まって
「小さな巨人」へと次々見続けてきた俳優さんだ。
高1の時にはおかげで
ミセスロビンソンの歌がずうっとかけっぱなしとなった時代だった。

この作品にしても、もう足掛け6年位にはなるのだろうか。
主人公たちにも双子の子供ができていて
よきパパとよきママになっている。

そして二組のおじいちゃんとおばあちゃんの
型破りぶりもまだまだ健在である。

ただとてもがっかりしたことは
「ミート・ザ・ペアレンツ2」で出ていた
ホフマンパパの愛犬のチワワが今回は出演していないことだ。

キャンピングカーのトイレに流されたりと
面白かったんだけどなああ。
とても残念。

正直2作目が一番面白くて
何回見ても笑いに笑えたんだけどなあ。

今回の3作目はちょっぴりと違う。
それほど腹を抱えて笑うといった場面は少なくなって
なんとなく流れを捉えて観ていながら考えている自分が居る。

主人公たちにも私たちと同じように
すぐ傍に忍び寄ってきている老いを感じる場面が多いのだ。
老いのかげりが見え隠れしていて
病気で先々への不安のかげりも見えている。

一笑には伏せないものが残った。

これは観ている側の年齢にも寄るものなのかもしれない。

年数と共に物語りも出演者も一緒に歳を取っていく・・
これもまた一興かもしれない。

これの続編ってまた作られるのかしら・・ね?
その時にも前々からの出演者たち全員が揃ってくれるとうれしいかなあ。
スポンサーサイト

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画


コメント
ゆぴこさんへ
デニーロさんも癖の強い役者さんだったのですが。
今はもう随分とおとなしい感じになりましたよねえ。
ワンス・アポン・ア・タイム・イン・アメリカ や
15ミニッツが衝撃的でしたねええ。。

ゴッドファーザーももちろんですが
アクが強い映画が多いようなキもしますが。

こういった優しい映画に出演されるのも大好きです。
[2011/08/23 10:22] URL | ちわわん #- [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[2011/08/22 22:14] | # [ 編集 ]


面白そうな作品ですね☆
私、役者馬鹿の先駆者
ロバート・デニーロ大好きです(*^_^*)
若かりし頃
デニーロとトム・ハンクスの出演作に
ハズレは無い!と言い続けておりました(~_~;)
ゴッド・ファーザーなんて何十回見たことか…
(ビデオですが…^_^;)
ちなみに、ゴッド・ファーザーは2が一番好きなんです(*^_^*)
話が反れちゃってゴメンナサイm(__)m
[2011/08/22 20:32] URL | ゆぴこ #- [ 編集 ]

るう・りんママ さんへ
私は養母が映画好きだったこともあり
毎週映画を見にいっておりました。
日本映画3本立てや洋画二本立てなんぞに。
だからけっこう色んな映画を観て育ちました。

また同じ町内に映画館があったので
行きやすかったっということもあるかもしれません。

養母はアランドロンが大好きでしたねえ。
マルチェロマストロヤンニとかね。
ソフィアローレンとか
ジョウージチャキリスさんとね。
スティーブマックイーンは私が好きでした。
[2011/08/22 20:29] URL | ちわわん #- [ 編集 ]

柊 さんへ
ですよねええ。。
自分が若かったときに若々しかった俳優さんが
ふと気がつくと同じように歳をとっていて
ということもあり。

またずっと若い頃に映画であこがれていた俳優さんが
随分歳をとって映画にでてらっしゃると
ああこの人も随分と歳をとったものだなあと思うのですよね。

クリントイーストウッドさんなんて
私の高校生の頃はやつらを高く吊るせとか
ウエスタンで活躍されてらっしゃって
ニヒルなハンサムさんだったけど。
今は真っ白な白髪のおじいちゃんだったりねええ。。
それもまた楽しいことですね。
[2011/08/22 20:23] URL | ちわわん #- [ 編集 ]


ちわわんさんの映画好きは
高校生時代にまで遡るのですね~
私はあまり映画館に足を運んだほうではありませんが
それでも、この映画の俳優さん達は有名な方たちばかりで
私でも懐かしいと思ってしまいます(^^)ニコ
[2011/08/22 18:56] URL | るう・りんママ #- [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[2011/08/22 12:23] | # [ 編集 ]


確かに同じ映画を見続けていると
出演者の老いや、自分の年齢を重ねてみたりして。。。
ん~(ーー;)何だか淋しい気持ちになったりして複雑かも。。。
[2011/08/22 12:15] URL | 柊 #- [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://terajimasusumusan.blog37.fc2.com/tb.php/2327-f69ce924
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Design&Material By MOMO'S FACTORY