FC2ブログ
ちわわんと言うハンドルネームと、タイトル名と、この名前を作ってから・・・いつの間にやら 20年余りも経過しちゃったなぁ~・・・あの頃は、タグ打ちの時代で、同じ名前は登録できなかった時代だったのになぁ~~~・・・Windows95のホームページの時代から考えると、すごいわよねぇ。。写真もコメントもさくさく入れられるようになっちゃって驚いちゃうわよね( *´艸`)

07<<  2020.08 >>09
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 

ひとりごと・・

ちわわん

Author:ちわわん
知り合った多くの友人たちに。
感謝をこめて。

↑写真はぷりんちゃん15歳6ヶ月と20日(2015年6月20日没)と
3年前に5月7日に17歳で亡くなったその母ムーバです。

静岡市在住の。
ご近所の犬ともだちさんへ。
ありがとうの言葉を添えて☆

長い犬人生と映画など色々。
20年程前のホームページも合体しました。
これからもよろしくお願いいたします。


最近の想い出綴り


最近のコメント


分類


あしあと


QRコード

携帯用にどうぞ。

QRコード


リンク

このブログをリンクに追加する


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


THE 有頂天ホテル     2005年   その4
THE 有頂天ホテル     2005年   その4


★ ホテルアバンティ・ヒストリー ★


戦後 日本が復興への階段を 上がり始めた
1951年 HOTEL AVANTIは誕生しました。

イタリア語で 「どうぞ/進め」の意味を持つ
このホテルは、
「世界に通ずる ”おもてなし”のこころと 
         優雅な空間との 贅沢な出会い」
をモットーに、 時代の少し先を 行くホテルとして
高い信頼を 築いてきました。

ヨーロピアンクラシックな佇まい、 
最高級の北欧家具で 統一された客室は、
当時 大きな話題を呼びました。

1995年別館を取り壊し、
新しいロイヤルホテルの粋を 追求した 
現代の新館が完成。
7つのバンケットホール、室内ブールを併設した
へるすくらぶ、
高いロイヤリティーを誇る スペシャルフロア、
大都会を見下ろすチャペル、
そして ハリウッド映画「グランド・ホテル」の
豪華キャストの名を 冠した4つの グランドスイートルーム。

2000年には イギリスのROYAL誌が発表する
「The Best Hotel of The World」に選ばれ、
ヨーロッパの有名ホテルに 肩を並べる。
知名度を獲得し、名実共に「世界のホテル」としての
高いステータスを誇っています。

創立 1951年3月12日
総客室数 354室
総従業員数 155人
総支配人 二階堂源一

★     ★     ★    ★    ★

旧帝国ホテルのニュアンスを 出したかったと
美術担当の 種田陽平さんは語っている。

旧帝国ホテルは 明治村に3回ほど 訪れたときに
見させてもらったが、
なんとも 独特な雰囲気のあるホテルのつくりで
側しか今残っていないのだが
充分に その昔をしのぶことができる建物だった。

ビリーワイルダー監督の
「お熱いのがお好き」 ジャックレモンの作品。
確かマリリンモンローも出ていたと思うが。

アヒルのだぶだぶ君は 最初は
台本には ニワトリのマイケル君だったそうな。
それで ニワトリのマイケル君を 
どこかに残したいという スタッフ達の要望で
ホテルアバンティのロゴのマークの 金のハートの上に
ニワトリが 隠しキャラクターとして 乗っているのだそうだ。
ニワトリのキャラクターが まだ そこには 生きているよと
さりげなく すべりこませてあるんだそうです。

★ 製作40周年記念特別インタビュー ★

わけのわからない 84歳の特殊メイクを施した
三谷幸喜監督が なりきりの84歳になって
当時を回想しながら 語るという手法で撮影されている。
正直 三谷幸喜監督独特の 
いつもの やりすぎの感が否めない。

★ 色々なホテルの 実際のロケ地紹介 ★
★ ペーパーホテルの作れるコンテンツ ★
★ いろいろな舞台挨拶いべんと 6種類 ★

とこんな感じで 盛りだくさんだ。

ーーーーー     -----    ------

私はこの映画を見たときに
17年前まで 母親が71歳になるまで 36年間
四谷のニューオオタニ サロンの店長をしていたこともあり
そのおかげで ホテルの裏側も少し 覗くことができた。
なにかしら 想いで深く この映画の舞台となるホテルと
ニューオオタニが だぶって重なることが多い。

スポンサーサイト




テーマ:私が観た映画&DVD - ジャンル:映画


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://terajimasusumusan.blog37.fc2.com/tb.php/232-11d9bb0e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Design&Material By MOMO'S FACTORY