ちわわんと言うハンドルネームと、タイトル名と、この名前を作ってから・・・いつの間にやら 20年余りも経過しちゃったなぁ~・・・あの頃は、タグ打ちの時代で、同じ名前は登録できなかった時代だったのになぁ~~~・・・Windows95のホームページの時代から考えると、すごいわよねぇ。。写真もコメントもさくさく入れられるようになっちゃって驚いちゃうわよね( *´艸`)

09<<  2017.10 >>11
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 

ひとりごと・・

ちわわん

Author:ちわわん
知り合った多くの友人たちに。
感謝をこめて。

↑写真はぷりんちゃん15歳6ヶ月と20日(2015年6月20日没)と
3年前に5月7日に17歳で亡くなったその母ムーバです。

静岡市在住の。
ご近所の犬ともだちさんへ。
ありがとうの言葉を添えて☆

長い犬人生と映画など色々。
20年程前のホームページも合体しました。
これからもよろしくお願いいたします。


最近の想い出綴り


最近のコメント


分類


あしあと


QRコード

携帯用にどうぞ。

QRコード


リンク

このブログをリンクに追加する


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


懐かしい写真が出てきて。。
とても懐かしい写真が。

懐かしい写真
↑もう7年ほど前の写真だろうか。
右端に居るのが17歳で亡くなったロコちゃん。
次がムーバ母。この時は。まだ10歳位か。(17歳で)
ターボ君おじさん9歳位か。(10歳で)
ぷりん3歳位か。
かぶと君おじさん12歳位か。(16歳で)
クレオパトラ13歳位か。(16歳で)

この時着ているお洋服は。
私が毎月吉祥寺まで新幹線で習いに行っていた
了戒かずこ先生の所で作ったもの。
刺繍も全部時分で刺しました。
可愛いでしょう?

わらわらと
毎日朝早くからわらわらと。

ぞろぞろ
散歩しておりました。
↑右から2番目のラブちゃん。
目が見えない子でホームページで知り合った方の子を預かっていました。

こつぶ
↑右側の子はこつぶちゃん。
こちらもネットで知り合ったからから頼まれて
虐待されていた子を引き取りました。

わらわらと
↑手前のブルーのバンダナ子はジュリアス・シーザー。
イギリスにまで遠征したライラの孫。ハズキの子供で。
なんとぷりんちゃんのおじいちゃんです。(笑)
彼はとっても早死にで。
ハンドラーさんに預けたまま年がら年中
趣味で始めたドックショーを走っていて無理をさせたのかもしれません。
反省と共に。
ドックショーから手を引くことにしたきっかけとなりました。

さんばかとりお
↑こちらスムースの3バカトリオ。
左からブラッキー。モンチッチ。ミルク。
ブラッキーは全国行脚のキャンペーンをかけたほど。
ハンドラーさんの所に預けっぱなしになりました。

同じ時期にメスのキララもキャンペーンで。
ハンドラーさんの所に預けっぱなしに。

えっささ
モンチとミルクは当時は珍しかった色で。
イギリスにまだアポコ犬舎があった頃の子。
この写真の時にはもう12歳位。
一昨年にブラッキーが17歳で。
去年には17歳でモンチとミルクが。
一ヶ月の間に後を追うように亡くなりました。

シチュウ
↑ミルクの子のシチュウ。そのシチュウの子がポトフでした。

さあて。
さあて。。私は誰に似ているでしょう?

じろうくん
僕はぷりんのパパの次郎君です。
モテモテのイケメン君でしたよ。

ろこちゃんの大きさ
↑ロコちゃんの大きさがわかる写真。
横に居るのはぷりんちゃんです。

↑昨日。ぺぺちゃんの具合があまりよくなかった。心配だな。。
それでも公園に乳母車でやってきていた。

それをみていて。
去年亡くなったムーバのことを想いだした。
飼い主の気持ちはみんな同じだ。。。早く回復してくれるといいな。

ムーバ母と
↑去年の正月の頃。

ふたり
仲良くふたり。

こたと
↑小太郎親子と。

あまえっこ
↑ぷりんはべったり甘えっこ。

あまえっこ
↑去年の3月頃の写真。

いつでも
↑いつでもべったり。

あまえっこ
↑具合が悪くなってもくっついておりました。

くっついて
↑去年3月頃?。

くっついて
↑べったり。
ムーバは急激に弱っていきました。

最後
↑こちらはなくなる少し前の写真。

遺影
↑かなりもう具合が悪かったなあ。。

最後
↑あんまり起き上がっていられなかったなあ。

この頃から思うに。
ぷりんの顔は細くなってしまったような。

やっぱり。気持ちの上で。変化があったのかな。

ほかにも沢山の犬たちを飼っていた私。
半世紀以上にわたる犬人生。。
野良犬ちゃんもシェパードも上の写真には載っていない。

一番つらかったことは。
可愛いワンコたちを見送ってきたこと。

ただの犬好きが。
見送るたびの医療費で犬貧乏になりましたわ。。
スポンサーサイト

テーマ:わんことの生活 - ジャンル:ペット


コメント
モリーさんへ
本当にゆっくりゆっくりと歳をとっていってもらいたいです。
そしてできるなら
日本語をしゃべってほしかった。
っと。つくづく思います。

病気のときにも日本語がしゃべれていたら
もっと的確な治療を受けさせてあげたのにってことがあります。
原因不明で病院に通いつめて
お腹にガスがたまって膨れて痛がり
毎日ガスを抜きに病院に通い7ヶ月。。
そして亡くなっていったムーバ母。
ほかにも手術やらをしている最中に亡くなった子やら
。。
なるべく元気で長生きしてほしいプリンです。
でもぷりんも毎日心臓の薬を飲んでいるしなあ。。
不安は続きますねえ。
[2011/08/05 10:33] URL | ちわわん #- [ 編集 ]

lovechiwaさんへ
昔は気力も体力もあったので
なんとおそろいのお洋服はいったん作り始めると
11枚は最低でもつくらないとならなかったのですよ。

夜中中縫い物をしていて
朝8時にはもう散歩に勢い良く出かけていった自分が
今はとっても懐かしいですねええ。。

今それをやれといわれても。。
もうだめ。
無理ですねええ。(笑)
[2011/08/05 10:29] URL | ちわわん #- [ 編集 ]

yokoさんへ
わんこが居ない生活っていうのが
私も考えられないのですが。
私が死んだあとの事を考えると。
なかなかぷりんの後には飼えるかどうか
考え込んでしまいます。

なるべく元気でがんばらねば。。。ねええ。

わんこたちと共に。
ごく普通の生活でいいからすごして行きたいですねええ。
[2011/08/05 10:27] URL | ちわわん #- [ 編集 ]

ライまま さんへ
笑えるのはあの頃の自分自身の元気だったこと。
寝る間も惜しんで元気溌剌女だったなあっと。
いまさらながらに思います。
一日中散歩しまくり。
一日中犬とまみれて。
寝る時間も少なかったことを思い出しました。

でも。へいちゃらでしたねええ。

今はなんと夜の8時ごろには寝てしまいます。
ふう。歳をとったということっでしょうねええ。

お散歩の首輪のバンダナ。
全て手作りですよ。
この頃なかったので
自分の発案だったと今でも信じています。(笑)
[2011/08/05 10:25] URL | ちわわん #- [ 編集 ]

ずん太ママさんへ
ご心配ありがとうございます。
そういえば昔も東海地震が騒がれて
日本沈没だなんだと大騒ぎになっときに。
どうやって我が家は逃げるかというのが悩みとなりました。
阪神大震災の時にも20頭近くがおり
大きなバリーケンネルを2個買ってきて
ネコという荷車みたいなものを買って
そこへ小さなこは詰め込んで逃げようと本気で考えておりました。
もっと小さな子はご近所のおばあさんの乳母車を借りて
大きな犬は一人で逃げてもらおうと計画していたころも
今は思い返すと笑いとともに懐かしいですねええ。
[2011/08/05 10:22] URL | ちわわん #- [ 編集 ]

Meg さんへ
時代でしょうか。。
ちわわも昔のドックショーでは単独展ではなかったので
前にフレンチブルドック。後ろにゴールデンが居る順番で
ショーに出ておりました。
全権種の中での勝ち抜きだったのできつかったです。

私の友人でボクサーを飼っている方は
今もまだアメリカでショーに出していらっしゃいます。
この方も趣味でやってらっしゃるので
大金持ちの社長さんなので
好きだけで沢山のボクサーを放し飼いにしていますよお。(笑)
[2011/08/05 10:19] URL | ちわわん #- [ 編集 ]

鍋コ。さんへ
飼う犬の数の規制があるのですか?
ほうお・・・
ちょっとびっくりです。
その位責任を負うという気持ちからでしょうか。
それもまたワンコのことを思っての法律なのでしょう。

この頃放置されたワンコたちの話を良く聞きます。
若いときには引き受けたことも。
もうこっちのほうの先の長さが気になって
体力的にも受け付けることができなくなりましたが。
話を聞くと胸が痛みます。

我が家でも病気との闘いが続いた歴史もあり。
今になって思えばそれもまた良い経験になったかとも。。
ただ。やはり。しなくてもよい経験でもあったかとも。
葛藤がありますね。

昔ほど医療費が高くなくなったとはいえ
まだまだ負担は大きいです。
[2011/08/05 10:16] URL | ちわわん #- [ 編集 ]

ももぱぱ さんへ
見送った時には立ち直れないほどのダメージを受けるのですが。
やっぱり元来の犬好きなものなので
楽しかった時のことやら大笑いした時の思い出やらで
一人思い出し笑いをしてしまったり。

もっともっと沢山の愛情をほかの子にかけてあげようと
ほかの子達を倍愛するようになりました。

そうなると残ったぷりんは
何十倍の愛情をかけているんでしょうねえ。(笑)
[2011/08/05 10:11] URL | ちわわん #- [ 編集 ]

みかりんごママさんへ
お姉さまと一緒にいらしてくださったときには
本当に沢山の子達がわらわら。。
毎日わんこに追われて暮らしておりました。

それもあっというま。
今思い出すととても楽しかった最高の時でしたねええ。

鯛ちゃんのパパは一昨年暮れまで生きておりました。
病気一つせず元気な男でしたねええ。
昔のちわわで身体もがっしりとして
風格のあるタイプでした。
今流行のおしょうゆ顔ではなかったですねええ。(笑)

ママはシェルだったかしら?
それともミルク。。
ミルクなら去年7月まで生きておりました。
シェルは一昨年に亡くなりました。

最後のほうには犬の老人ホームのようになり
介護と病院通いとオムツ変えに追われておりました。
[2011/08/05 10:09] URL | ちわわん #- [ 編集 ]

さくか★さんへ
どの子ともいっぱい思い出があって
ひとり。思い出す度に涙が。。
いつでも鮮明に思い出して笑うことも多いです。

楽しかったですねえ。
振り返ってみると。
やっぱり思い出すのは楽しかった時のことですね。
[2011/08/05 10:04] URL | ちわわん #- [ 編集 ]

はやとうりさんへ
どの子も全て可愛いのですが。
いざ自分が寝込んでしまったら・・っと思うと。
ちょっと怖くなってしまうこの頃です。

身内の方が居るおうちならいいのですが。
一人ですと。
私に何かあったら。。と考えると。
なかなか緊迫感が。

とくに地震が多くなってきたりすると不安が募ります。
やっぱりぷりんが最後になるかしら。。なんて
考えてしまうこともたびたびです。

ワンコが居ない生活なんて考えられないのですが。
現実自分も歳と取ってきて
昔のように病気ひとつしない身体だった自信がありません。

もうぼちぼちのんびり。。行こうか・・という年代になってしまいましたねええ。。
[2011/08/05 10:02] URL | ちわわん #- [ 編集 ]

柊 さんへ
一昨年の暮れに右手の指を知人のわんこに噛まれてから
どうにも右手がうまく動かずに
今もずうっとリハビリに通っているのですが
ぜんぜんだめ。
字もうまく書くことができないでいます。

だから時々発作のように
わんこのお洋服を作ったりする以外
あんまり細かいことはしなくなってしまいました。

ものぐさおばさんしてますよおお。
[2011/08/05 09:59] URL | ちわわん #- [ 編集 ]

るう・りんママさんへ
今度頂いたお洋服を着せて
まろんちゃんと二人写真を撮って載せますね。
お礼がおそくなってしまって。
お洋服前には犬を2匹連れて習いに行っていたんですよ。
ものともせずに元気にあふれていた気がしますが。
この頃とんと疲れてしまってだめですねえ。

やっぱりここ数年ほど続いた
ワンコたちの看病の長さが。
私を疲れさせたのだろうと思います。

若かったときにはへいちゃらだったことも
思うように行動できなくなってくると
やっぱり体の歳を感じるようになりました。

もうこれだけのワンコを飼う気力も金力も残ってないなあ。。(笑)
[2011/08/05 09:56] URL | ちわわん #- [ 編集 ]

衛生班長さんへ
面白いもので私自身も。
若かったときに飼った子たちには反省が多いのです。
乱暴に扱ってしまった子供時代やら
あんまり親身に散歩してやらなかった娘時代やら。
思い返すと反省ばかり。。
もっとあれもしてやればよかった
これもしてやればよかったと。
思い返しては次の子に愛情をその分たっぷりとかけるようにしていますが。
どうでしょうねええ。
ワンコにしたら。どう思ってくれているのでしょうか。(笑)
[2011/08/05 09:53] URL | ちわわん #- [ 編集 ]

ばーばママ さんへ
私はわんこにいつくしみやら
やさしさやら。おもいやりやら。。
を多く学んできたように思います。

ワンコ同士の労わりあいやらを見ていて
自分をかえりみて反省することも多かったです。

わんこが居てくれてこその人生でしたね。

ワンコが居なかったら。
こんなにも心が豊かになれただろうかと。
つい思ってしまいます。
犬たちには感謝ですねえ。
[2011/08/05 09:51] URL | ちわわん #- [ 編集 ]

MMGさんへ
ほんとほんと。
可愛いわんこのためならば・・
何も惜しくはないとは思うのですが。
昔は今のようにワンコの医療も安くは無かった時代のこと。
一匹の予防注射が1300円位としても。
多いときには26頭ほどいたので30万。
フィラリアも一ヶ月大きさも種類もまちまちだったので
6万。
心臓病の子が出るとその頃は人間のお薬やら点滴を使ったので
一日2万。
ジュリアスは亡くなるまでに300万かかりました。
ハンドラーさんに預けるのも一ヶ月一匹30万ほど。
三頭預けていたので90万。
ペットショップをやっていたわけではないので
すごい出費でしたよ。
家が何軒建ったやら。。
そんな時代でした。
[2011/08/05 09:48] URL | ちわわん #- [ 編集 ]

ごはんの母 さんへ
一緒に長い年月暮らしていけたことだけでも
私の人生にとっては幸せだったなあと思う反面。
家を二軒分くらいは優に使ってしまったなぁ。。と
反省する気持ちも多くありますよ。

沢山居た分医者代も半端ではなくて
一番かかった子は300万ほど医者代がかかりました。

いろんなことを考えて行かねばならず
同じくらいの年齢の子が重なっていると
大変なことに。
去年までの数年は犬の介護の日々でした。
[2011/08/05 09:42] URL | ちわわん #- [ 編集 ]

chocosuki さんへ
こんなことを言うと驚かれると思いますが。
最初ショー用のちわわを海外から購入したので
その頃静岡にも数匹いたかいないかの頃だったので
数百万しました。
ほんととても高かったのです。
今ではそれから比べると安くもなり
しかも素人の人がばんばん子供を生ませて売っているというのが
今の私には信じられません。

昔は高く買ってきても
その人たちは資本をかけて育てていましたね。
ドックショーにしてもそうだし。
一ヶ月3匹走らせてハンドラー料金が100万近いなんていうのは
ざらでした。
しかもそれで賞をとっても名誉だけなんですよ。

ペットショップでもやっていないかぎり
その名誉を楽しんだものだったのですが。
今は普通の方がすいすいっとお引きになるので
ちょっとびっくりしております。

よいのか悪いのかは別として
諸説あるようにも思えます。

でも今は家族として可愛がってくれている人が大好きです。
わんこの幸せってそれが一番ですよねえ。
[2011/08/05 09:35] URL | ちわわん #- [ 編集 ]

sirowanさんへ
面白いでしょう?
沢山の子達がいると
その親の歴史がわかるように。
親で系列だてておりました。
バットマンシリーズとか
どらえもんシリーズとか。
携帯電話シリーズとかね。
jフォン。ツーカー。デジタルムーバ。
ツーカー。とかね。(笑)
[2011/08/05 09:29] URL | ちわわん #- [ 編集 ]

ハルチワさんへ
何回ワンコを見送っても。
いまだに鮮明にそのときのことを思い出します。

自分にできうる限りは医者にもかけて
手を尽くしたつもりではいても
いまだにまだまだやれることがあったのではないかと。
自問することも多いです。

悲しみは忘れるということがありません。
[2011/08/05 09:27] URL | ちわわん #- [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[2011/08/04 14:33] | # [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[2011/08/04 07:04] | # [ 編集 ]

No title
なんだかウルウル(TmT)
ホントにたくさんのワンコたちと
暮らしていたんですね。
ドッグショーも手懸けていたんですね。
ワンコとの別れは辛いですよね。
モリーも別れが訪れるたび、
「こんなに辛い別れならもう飼わない」そう決めます。

そして一緒に過ごした幸せな時間が
人間だけでなく、飼っていたワンコにも
同じ時間を共有できたのだと思い、別れた後の
時間を過ごします。

でも時間が経つと、やっぱり出逢いが訪れる。
辛い別れがいずれ訪れると分かっていても、
ワンコのぬくもりを知っていると、
なぜか愛さずにはいられません。

せめてゆっくり、歳をとってもらいたいです。
飼い主さんみんなの願いでしょうね。
[2011/08/04 02:42] URL | モリー #- [ 編集 ]

No title
こんばんは~♪
まだまだよ~く把握できていないのですが、
たくさんのワンコとの生活を半世紀以上されてるのですね。
手作りのお洋服に刺繍まで☆愛情た~っぷり(*^_^*)
ステキです。
記事を読んでウルウルしてしまいました。。
[2011/08/04 01:32] URL | lovechiwa #- [ 編集 ]

No title
今まで たくさんのわんちゃんと
出会ってこられたのですね。

yokoも小さい頃からわんこと共に生活をしていて
今飼ってるちぃで4匹目になります。
亡くなると、ほんと悲しいですよね(´・ω・`)
動物は、人間よりも寿命が短いから
見送ることが多いのはしょうがないことなんでしょうけど。。

これからもわんこ生活をエンジョイしていきましょう!
[2011/08/03 22:43] URL | yoko #- [ 編集 ]

No title
動物の方が寿命が短いから、飼ってるいじょうは分かれはしょうがないんでしょうけど、辛いですよね。
でもみんな、ちわわんさんにかわいがってもらえて幸せだったでしょう。
沢山の写真からそれがうかがえます。
刺繍入りのお洋服なんてそうそう作れませんよ!

ぷりんちゃんはママっ子だったんですねー。
ムーバ母さんも最後まで我が子と一緒で幸せだったのでしょうね。
最後は、ジーンときてしまいました。
ぷりんちゃんも健康で長生きしてもらいたいなと思いました。
[2011/08/03 21:58] URL | ライまま #- [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[2011/08/03 21:40] | # [ 編集 ]


かわいいお写真に笑顔になる私がいます。
そして、ちわわんさんの深い愛情と優しさに触れ、
感動しています!

先日の地震は大丈夫でしたか?
こちらも、まだ余震が続いています。
[2011/08/03 21:16] URL | ずん太ママ #p4lEwBaQ [ 編集 ]

No title
ちわわんさんは、ドッグショーに携わって来たのですね!?

そうですね、ドッグショーや競技会はかなりストレスが入るので、競技会のリングから脱走したり動かなくなったりする子、少なくないですよね。

アメリカで競技会に出たエリーもそうでした。 ラリー競技と言うものがアメリカにはあり、デビュー戦と言ってもいいころ、スタート地点で動かなくなり、点数がどんどん減っていきました。

その後、なんとか最後まで頑張ってくれ、スレスレだったけど合格しました。

日本の競技会は私、苦手です。 雰囲気が重過ぎます。

ちわわんさんの手作り洋服、私も着てみたいワン♪って思うほど可愛いですね。
[2011/08/03 21:12] URL | Meg #PR6.u/TU [ 編集 ]

No title
素敵な犬との歴史ですね!
憧れます…。

わが家もせめてもう一匹…大型犬の女の子を…と思ってはいるのですが、私達が住むモントリオールは、各家庭犬は2匹までと言う「?」が浮かぶ条例があるのです==;
それ以前に、わが家の状況では金銭的に難しいかとも思うのですが^^;
(こちらは獣医費用が高いのです、、、うぅ、、、)

でも…私はまだ犬を見送った事がないのです…。
考えないようにしていますが…。
犬という動物の素晴らしさを教えてくれたのは実家のシーズー犬です。
脾臓腫瘍の手術をしたり、心臓病や関節炎を患っていますが、今14歳5カ月、ぼちぼち元気にやっています^^

ロコちゃんは17歳まで生きたのですね^^
犬生の中では素晴らしく大往生ですよね。。。
実家の子もぼちぼちで良いから、健康維持して長生きしてもらいたいです。
里帰りの予定はありませんが、次の里帰りで元気な実家の子を散歩したいです。
[2011/08/03 21:05] URL | 鍋コ。 #- [ 編集 ]

No title
まだ我が家は、わんこを飼い始めて、僅か3年半。ママさんのれきしをかんじます。
生まれたばかりのもも太郎を見送っただけでも辛かったのですが、
あと何年かして、今いるわんこを見送と思うと、辛いですね。
わんこの短い大切な時間を有効に使いたいですね。
[2011/08/03 20:46] URL | ももぱぱ #- [ 編集 ]

懐かしい写真
懐かしい写真見せて頂いて、じ~~んときちゃいました。
私が姉とお邪魔したときに、かわいいチワワちゃんたちがわらわらとしていたのを懐かしく思い出します。
あの時、おチビちゃんたちもみんなちゃんとトイレでおしっこしていたのをみて、すご~い!みんなお利口さんだ~と感心したものです。
そして、あんなにたくさんのわんこがいても、ぜんぜん臭わなかったのもすご~い!と思いました。笑

お洋服作り、東京まで習いにいってたんですね~これまたすご~い!
刺繍もして凝っていてかわいいですね♪

鯛ちゃんのお父さんは、ブラッキーくんでしたかしら??
確かお母さんはロングのチワワでしたよね? あら、ちがったかな?

ぷりんちゃんとムーバちゃん、すっごく仲良しだったのに・・ぷりんちゃん、寂しいでしょうね。

ほんとにかわいいわが子たちを見送るのはほんとに辛いですね。
家も犬猫ビンボーです。笑
[2011/08/03 20:41] URL | みかりんごママ #yT6Lepgs [ 編集 ]

歴史だね
こんばんは~★

沢山のワンコとの思い出が一杯ですね
歴史ですね
其々の子にその子の物語ね
[2011/08/03 20:15] URL | さくか★ #ZK/TaodE [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[2011/08/03 18:17] | # [ 編集 ]

No title
こんにちは♪
皆可愛いですね
事情があって引き取られた子も可愛いです
プリンちゃんお父さん似ですね
何と言う可愛いお洋服刺繍入り素晴らしいの一言です
私もわんことは長い間生活しています
ゆきはたくさんの事情があって引き取った子です
でもとても可愛いです
[2011/08/03 18:03] URL | はやとうり #- [ 編集 ]

No title
沢山のワンちゃんたちに愛情を注いでこられたのですね。
懐かしい写真に私も見入ってしまいました。
洋服も手作りで素敵です。
色んな事情のワンちゃんたちが今も沢山いますが、どの子の上にも幸せが訪れると良いなと思ってます。
また手作り服、作って下さい。
[2011/08/03 17:30] URL | 柊 #- [ 編集 ]

No title
愛情深いちわわんさんのことだから
どの子も大切に育ててこられたのでしょうね。
見送るのはお辛かったと思います。
でも、みんな大事にされて、幸せな犬生でしたね!
ぷりんちゃんは大家族からひとりになってしまって
寂しい思いもしているでしょうけど
今はママ一人占めで思い切り甘えられますね。(^^)
ぷりんちゃんにはうんと長生きしてもらいたいです!

手作りお洋服スゴイですね。
今度見せてくださいね~(^^)
[2011/08/03 17:15] URL | るう・りんママ #- [ 編集 ]

No title
こんにちは。

半世紀以上も犬人生・・・。
すごい・・・
楽しみもあったけど、辛いこともたくさんあったことだと思います。
でも、どのコもみな、ちわわんさんのそばに居られて
幸せだったのではないでしょうか。
うちも、10歳を迎えるコがいるので、
しみじみしながら読ませて頂きました・・・
[2011/08/03 16:33] URL | 衛生班長 #TY.N/4k. [ 編集 ]

No title
そーでしたか・・沢山のわんことの 思い出とともに
見送ってきた事もついてくるんですよね。

でも 可愛かった事ばかり思い出しませんか・・・

私もとても かないませんが・・・
今年の春にビーグルを見送り
6年前には ハスキーを見送ってきました。

ブログを読んでいたら・・思い出とともに
涙がでてきました。

でも やっぱり ワンコの居ない生活はかんがえられなくてね。

私も子供のころから 動物の居ない時を数えたほうが
早いくらい・いつも いろんな動物とともに 生きてきましたよ。
[2011/08/03 16:32] URL | ばーばママ #- [ 編集 ]

No title
たくさんのワンコとの歴史があるのですね~^^
私は今の子が初めてなんで・・・飼ってみて考えさせられること ありますし お金はかかります(笑)がね
でもぜーんぜん苦じゃないですよね*^^*
[2011/08/03 15:54] URL | MMG #- [ 編集 ]

No title
わんこ達に囲まれての人生素敵です。
わんこ貧乏になっても私もそうありたいと思っています。
でも、一緒に暮らしていくうえでもっと勉強もしなければ…と思っています。
[2011/08/03 15:24] URL | ごはんの母 #- [ 編集 ]

No title
たくさんのわんこ達に囲まれて暮らしておられたのですね。
ぷりんちゃんのお母さんは犬としては高齢出産になりますか?
7歳の時に出産されたのですね!
ぷりんちゃんはお母さんが大好きだったのですね。
ムーバ母さんの母性愛も凄い・・・。
ぷりんちゃんのお爺ちゃんとお父さんとぷりんちゃんは毛の色がにていますね。
お父さんとぷりんちゃんの顔がそっくりに見えます。

昨年一昨年と続いてのお別れがあったのですね。
でも・・・
元気を出して頑張っていらっしゃいますよね。

ロコちゃんちっちゃいですよね。
かわいい・・・。

チワワのことは50年くらい前に週刊誌に
日本に3匹しかいない世界最小の犬・・・。
しっこは新聞紙の上に・・・。
と書いてあったのを目を丸くして読んだ記憶があります。

それからずっと気になっていたのですが
家族の反対にあい、なかなかチワワと暮らすことが出来ませんでした。
4年前にようやく風太と暮らすことが出来るようになりました。

ちわわは独特の雰囲気を持っているような気がします。
風太がそうなのかもしれませんが・・・
一緒に暮らしてみてチワワがますます好きになりました。

またいろいろな写真を見せて頂けると嬉しいです。
有難うございました。



[2011/08/03 13:55] URL | chocosuki #I5R5Kr7U [ 編集 ]

No title
可愛いお洋服。
手作りなんですね。
すごい器用。。。

で、ワンちゃんたちのお名前が。。。
ジュリアス・シーザーにクレオパトラ?
シチュウの子供がポトフ?
なんか、思わず、ツッコミを入れたくなるような、
ユニークなネーミングですね。
[2011/08/03 11:51] URL | sirowan #- [ 編集 ]

No title
凄い歴史ですね。
見ていてウルウルしてしまいました。

ちわわんさんとは最近お知り合いになったので
この頃のお話に凄く興味がありました。

どのワンコも可愛いですね。
たまりません。
[2011/08/03 11:32] URL | ハルチワ #- [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://terajimasusumusan.blog37.fc2.com/tb.php/2307-e55d3c94
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Design&Material By MOMO'S FACTORY