FC2ブログ
ちわわんと言うハンドルネームと、タイトル名と、この名前を作ってから・・・いつの間にやら 20年余りも経過しちゃったなぁ~・・・あの頃は、タグ打ちの時代で、同じ名前は登録できなかった時代だったのになぁ~~~・・・Windows95のホームページの時代から考えると、すごいわよねぇ。。写真もコメントもさくさく入れられるようになっちゃって驚いちゃうわよね( *´艸`)

10<<  2020.11 >>12
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 

ひとりごと・・

ちわわん

Author:ちわわん
知り合った多くの友人たちに。
感謝をこめて。

↑写真はぷりんちゃん15歳6ヶ月と20日(2015年6月20日没)と
3年前に5月7日に17歳で亡くなったその母ムーバです。

静岡市在住の。
ご近所の犬ともだちさんへ。
ありがとうの言葉を添えて☆

長い犬人生と映画など色々。
20年程前のホームページも合体しました。
これからもよろしくお願いいたします。


最近の想い出綴り


最近のコメント


分類


あしあと


QRコード

携帯用にどうぞ。

QRコード


リンク

このブログをリンクに追加する


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


『大奥学』 山本博文著 新潮文庫
『大奥学』 山本博文著 新潮文庫


映画の「大奥」が大ヒットしている昨今。
ちょっと実際の大奥のしきたりや生活やらを
垣間覗き見るのも一興ではないかと。

そう思えるような文庫本。

内容はいたって真面目なもので
ちゃんとした文献を紐解いて
歴史的な背景なども詳しく説明しつつ
分かりやすく書いてくれている。

ちょっとばかり大奥物語に詳しい人間ならば
ああ・・あああ・成る程と。
大体のことが
すんなりと飲み込めそうな説明ばかりである。

そういえば
テレビで「大奥」物が始まったのは
私が中学生の頃からだったなあ。。

なんと今は70歳くらいになるのだろうか。
平幹二朗さんの奥様だった
佐久間良子さんが紫の衣をまとい
元伊勢慶光院門跡お万の方を演じて
「俺たちの旅」の津坂まさあき(秋野太作) さんが
恋しい京の恋人の笛の少将を演じてらっしゃったなあ。。

今の秋野太作さんとはかなりイメージも違い
線の細い弱々しげな青年だったなあ。。

しかも撮影されていた場所は
彦根の楽々園と八景園を使っていたものだった。

この「徳川の夫人たち?」だったか記憶が定かでないが。
こういった大奥物語がシリーズ化されて
続編やらリメイク編やらが沢山作られて
私と同級生のより子ちゃんとで2回ほど
18歳と19歳の時に
彦根の楽々園に泊まりに行ったものだった。

もう大奥の世界そのものの料亭で。
仲居さんが一人つきっきりで世話をしてくれました。
鯉こくが名物料理で美味しくて
行灯で照らされた朱色の膳に
色鮮やかな懐石料理が並んでいて
私たちをとても感激させてくれました。

寝床もまた一興で。
二間続き次の間を。
大きな金屏風が二双。
その脇に首の長い燭台が2本ともされて
薄青緑の蚊帳がつるされていました。
そのつるしの紐も赤と白で美しかったです。

丁度金田一耕介シリーズにでも出てきそうな。。
そんなお部屋で寝たのを覚えています。

押入れには隠し部屋なんかもあって
興奮して寝れなかったのを覚えています。

また。風呂とトイレが。。。
まるで幽霊でも出そうな
さもありなんといった場所にあり。
そこへ行くには雷の間?だったか
その部屋の階下には切腹の間だったかもしれない・・
っと仲居さんが説明してくれた部屋などもあり。

じぐざぐと鍵形に曲がりくねった長い廊下を
壁際に灯されている行灯の明かりだけを頼りに
ずううっと。歩いてゆくのだ。

窓を見ると。
夜空にくっきりとお月様とお城の姿だけ。
ぞくっとするような風情で
井伊直弼が生まれ育った家だけあるなあ・・っと。
こわごわと行った覚えが。。(笑)

その頃の彦根はまだまだ遅れていて
水洗トイレが近くのホテルにしかなかった。

だからそこまでタクシーで行って用を足しに。。(笑)
まったくねえええ。
今じゃあ信じられないようなお話だ。

丁度その頃三船敏郎さんが
用心棒シリーズ?か何かの撮影でいらしていて
お城のお堀で遭遇したのを覚えている。

いきなり大勢の侍姿の人たちが
抜き身を下げて走ってきたのだ。

私と友人はびっくり。。。
なんて。ね。

想い出はつきない。。

かなりの脱線をしたのだが。
実際の大奥の知識は得られるのでお勧め。
どうぞ。
スポンサーサイト




テーマ:実用書 - ジャンル:本・雑誌


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://terajimasusumusan.blog37.fc2.com/tb.php/1948-9a485149
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Design&Material By MOMO'S FACTORY