FC2ブログ
ちわわんと言うハンドルネームと、タイトル名と、この名前を作ってから・・・いつの間にやら 20年余りも経過しちゃったなぁ~・・・あの頃は、タグ打ちの時代で、同じ名前は登録できなかった時代だったのになぁ~~~・・・Windows95のホームページの時代から考えると、すごいわよねぇ。。写真もコメントもさくさく入れられるようになっちゃって驚いちゃうわよね( *´艸`)

10<<  2020.11 >>12
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 

ひとりごと・・

ちわわん

Author:ちわわん
知り合った多くの友人たちに。
感謝をこめて。

↑写真はぷりんちゃん15歳6ヶ月と20日(2015年6月20日没)と
3年前に5月7日に17歳で亡くなったその母ムーバです。

静岡市在住の。
ご近所の犬ともだちさんへ。
ありがとうの言葉を添えて☆

長い犬人生と映画など色々。
20年程前のホームページも合体しました。
これからもよろしくお願いいたします。


最近の想い出綴り


最近のコメント


分類


あしあと


QRコード

携帯用にどうぞ。

QRコード


リンク

このブログをリンクに追加する


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


『大奥』 第六巻 原作よしながふみ 感想
『大奥』 第六巻 原作よしながふみ 感想


なんとも6巻目は
これまた切なくも情けのある
話の流れとなっていることか。

前の作品を読み返したくなるような。

女将軍の続く体制の中。
丁度節目とも言える過渡期に置いての
名君と呼ばれし女将軍たちの
それぞれの心の葛藤と哀切を
さらりと描いてはいるのだが。

読んでいるものにとっては。。
ほろりっと。。
不覚にも涙が落ちてしまう。

なかなかに。
切なくも壮大な物語となっている。

万里小路有功と。玉栄との
最後の別れのシーンでは胸をうつ。

もし。
この家光の時代のシリーズの映画化ともなれば。
この万里小路有功は、
いったい誰が演じることになるのだろうかと。
ずっと。
楽しみにしているのだが。
果たして。2作目は。
映画化されるのであろうか。

ぜひともと。願ってしまう。(笑)
スポンサーサイト




テーマ:最近読んだ本 - ジャンル:本・雑誌


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://terajimasusumusan.blog37.fc2.com/tb.php/1914-ef1c0f99
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Design&Material By MOMO'S FACTORY