FC2ブログ
ちわわんと言うハンドルネームと、タイトル名と、この名前を作ってから・・・いつの間にやら 20年余りも経過しちゃったなぁ~・・・あの頃は、タグ打ちの時代で、同じ名前は登録できなかった時代だったのになぁ~~~・・・Windows95のホームページの時代から考えると、すごいわよねぇ。。写真もコメントもさくさく入れられるようになっちゃって驚いちゃうわよね( *´艸`)

12<<  2021.01 >>02
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 

ひとりごと・・

ちわわん

Author:ちわわん
知り合った多くの友人たちに。
感謝をこめて。

↑写真はぷりんちゃん15歳6ヶ月と20日(2015年6月20日没)と
3年前に5月7日に17歳で亡くなったその母ムーバです。

静岡市在住の。
ご近所の犬ともだちさんへ。
ありがとうの言葉を添えて☆

長い犬人生と映画など色々。
20年程前のホームページも合体しました。
これからもよろしくお願いいたします。


最近の想い出綴り


最近のコメント


分類


あしあと


QRコード

携帯用にどうぞ。

QRコード


リンク

このブログをリンクに追加する


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


『十三人の刺客』三池崇史監督 の 感想
『十三人の刺客』三池崇史監督 の 感想

13人の刺客

テレビでの舞台挨拶やベネチア映画祭などの
役所広司さんを含めての前宣伝がとても良かったので
うんと楽しみにしていて
映画のサービスの日でもないのに
丸々1800円も払って観に行ってみたら・・・

うへ・・・

入って失敗したかな。。
・・・・っと思ったのが正直な気持ちだった。

うへ・・・
やめれば良かったかな。。

雨の中・・無理をしてやってきたのに。
わんこまで預けてきたのになあ。。

こりゃあ無いよ・・・っというのも正直な気持ち。
参ったなあ。。。。

なんというか、冒頭ののっけからの
まあ・・なんともリアルな音入りの切腹シーン。
げふ。。。

そして、これまた冒頭の残虐非道な
西大后も真っ青のような
両手両足を斬られ舌を抜かれた女性の姿。
げふ。。
よだれまで垂らしている。。

どれもこれもがリアル過ぎ。。。

そうだ。忘れていたわ。。
三池崇史監督さんの作品だということを。
この頃は穏やかであたたかな作品も撮られているが。
この人の作品ならではこその
『IZO』や『殺し屋1』を
思い出させるような作品となっている。

この頃は忍たま乱太郎を撮るくらいだから・・・
なんて思ったのが甘かったわ。

三池崇史監督健在なりだな。。。

かといっても
魅力有る映像描写も健在である。
美しすぎる景色との対比も見事である。
美しすぎるがゆえに・・・
これを外国の人はどう思って眺めたのだろう。
かなりショッキングな映像ではなかったのか?

周りを見渡せば・・
男性客ばかりなり・・
男性客の日だったのか。
女は一人だけだった。

それとも女性客が観るような映画では
なかったのか。。

げふ。。

まあ、目を背けたくなるような場面も多く。
バッサバッサと人を斬りまくる。
200人だというがそれ以上いる感じで
さすがの戦いぶりで
なるほどと唸るような戦術である。

まあ、これで生きて帰れるわけも無く。。
松方弘樹さんや伊原剛志さんの殺陣が
見惚れるように美しい・・・
さすがである。

そして目を惹いた俳優さんは多く。
木曽の山猿を演じた 伊勢谷友介さん。
この人もあれまあ・・・うそぉ~~
というどんでん返しがあるものの
目が離せないほど魅力的だった。

怖すぎる城主松平左兵衛督斉韶を演じた稲垣吾郎さん。
なんともはまり役でクールなまでの表情で人を殺してゆきながら
ひと節・・真理をついた言葉をつぶやいてゆく。
この人は屈折しているけれど。
内面はあらゆる事を考え憂えていたのかもしれないと。
思い遣ってしまうほどの演技であった。

鬼頭半兵衛(明石藩御用人千石)を演じた市村正親さん。
この人の風格はさすがである。
けれど最後の死闘では。足の運びがダンスのよう。。
あれれ・・・

土井大炊頭利位(江戸幕府・老中)に平幹二朗さん。
牧野靭負(尾張家木曽上松陣屋詰)に松本幸四郎さん。
三州屋徳兵衛(落合宿庄屋)に岸部一徳さん。
さすがのさすがである。

ただ。。最後に監督さんの言いたかったことって。
侍よりもなによりも。
庶民の強さだったのかもしれないな。。

なんてね。。

普段なら映画のパンフレットを買って帰る私なのだが。
今回はやめときました。。とさ。。(笑)

スポンサーサイト




テーマ:映画感想 - ジャンル:映画


コメント
こいさんへ
私も大好きな俳優さんばかりだったので
ついつい。。
前宣伝にのせられてしまって。。(#^ω^)ゞ

とってものせられやすいので。。(^^ゞ

眼をつぶって 音だけで判断している場面も多く。
とても正視できないような場面も。

ほんとうに、げげげ・・・
げふ。。。
っという場面が。

胸にいやーーなものが突き上げてくるような場面も。
まあ・悟郎ちゃんのクールなこと。
憎たらしいお殿様。。はまり役でしたよ。(笑)

時計ばかり気にしてしまっていましたが
やっぱり結論だけは知りたくて
最後までがんばってしまいました。

映画が終った時には女が一人だけっていうのが
恥ずかしくて
エンドロールのうちに出てしまいましたけど。

ちょっとコリゴリの作品でした。
[2010/10/02 13:34] URL | ちわわん #vkcXtX9g [ 編集 ]

早いですね~
本文を見るまでは忘れてたんですけど、血が苦手だったんですよね(>_<)つらい時間が長かったんじゃないですか?この作品は私でもちょっとキツそうです( -_-)

ポスターに出てるキャストを見たところ、全員知ってるだけでなく、嫌いな役者さんが一人もいないんです。というより、割りと好きとか大好きとかいう人ばかりなんですよね。
映画館での鑑賞はキビシイかもしれないけど、気が長い私としては、TVで楽しみたいと思ってます(笑)
[2010/10/02 13:29] URL | こい #- [ 編集 ]

とんがりねずみさんへ
もうもう・・
朝のテレビでのコメントやら
スマステーションでの役所さんのお話やら。
色々見ていたら・・
期待が高まって即見に行きましたよ。

でも。。ねえ。。
失敗だったわ。
見たあとの後味が悪いのなんのって。
うなされそう。。

昨日みた気持ち悪い映像が
いまだに眼に焼き付いちゃって
想いだされては苦い気持ちになり
気持ちが晴れ晴れとしない映画でした。

こういった作品は
私には苦手な部類でダメだわ。
やっぱり私には不向きな映画でした。

伊勢谷さんはかっこよかったよ。
ひとり異次元の人みたいで
なんだかな・・っていう
監督さん独特の終り方だね。

やっぱりがりがりだったけど
綺麗な人だよねえ。。
男ぶりがあがってます。(笑)

ジャンゴの映画のときにも
綺麗だったよねええ。。
[2010/10/01 12:16] URL | ちわわん #vkcXtX9g [ 編集 ]


もう観ちゃったの!?早いなー。
三池監督って言えば、先日テレビで「クローズZERO」をやってて、そりゃもう暴力三昧で・・・まぁ小栗旬はかっこよかったけどw
コレもラストの方はずーっと乱闘シーンらしいね。

そういえば伊勢谷友介氏、でてたよね?
龍馬伝の彼は結核患者のせいか、がりがりにやせちゃってるけど、少しは肉が付いたのかしら?
俳優さんって役に合わせて痩せたり太ったり、大変だわw
[2010/10/01 11:28] URL | とんがりねずみ #IHLSsbW6 [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://terajimasusumusan.blog37.fc2.com/tb.php/1901-8054c7d5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Design&Material By MOMO'S FACTORY