FC2ブログ
ちわわんと言うハンドルネームと、タイトル名と、この名前を作ってから・・・いつの間にやら 20年余りも経過しちゃったなぁ~・・・あの頃は、タグ打ちの時代で、同じ名前は登録できなかった時代だったのになぁ~~~・・・Windows95のホームページの時代から考えると、すごいわよねぇ。。写真もコメントもさくさく入れられるようになっちゃって驚いちゃうわよね( *´艸`)

08<<  2019.09 >>10
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 

ひとりごと・・

ちわわん

Author:ちわわん
知り合った多くの友人たちに。
感謝をこめて。

↑写真はぷりんちゃん15歳6ヶ月と20日(2015年6月20日没)と
3年前に5月7日に17歳で亡くなったその母ムーバです。

静岡市在住の。
ご近所の犬ともだちさんへ。
ありがとうの言葉を添えて☆

長い犬人生と映画など色々。
20年程前のホームページも合体しました。
これからもよろしくお願いいたします。


最近の想い出綴り


最近のコメント


分類


あしあと


QRコード

携帯用にどうぞ。

QRコード


リンク

このブログをリンクに追加する


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


『パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々 第5巻 最後の神』 の 本の感想 
『パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々 第5巻 最後の神』 の 本の感想 


自分がハーフのデミゴットだとして
親として望むならば
12人の神様のうちの
どの人がいいだろうか?

やはり一番の全能の神であるはずのゼウス?
それとも海を支配するポセイドン?
ちょっと軽めのヘルメス?
まあ
冥界のハデスではありえないような。

が、しかし。
まあ 神様達は
なんて気が多いのだろうか。
日本の神話の神様にしても
ぽこぽこと子供を産みはするが
もう少し節操があったように思うな。
水遊びをしていても わきの下やらから
子供は生まれ出てしまうくらいだからねえ。。

にしても、
ヨーロッパの神様は恋多き
恋愛多感性であるような。

やたらと恋をして
恋を仕掛けて追いかけて
愛をもてあそぶ傾向もあるような。

恋愛しすぎじゃないの?
って言いたいくらいだ。

その子供たちの
認知問題に発展するところが
今風な 
いかにも有りえそうなお話である。

そうだよねええ。。確かに。
作るだけ作って誰の子かわからない。。
なんてねええ。。。
困った神様達である。

とはいえ
ぐんぐん 
ぐんぐんと引き込まれてしまって
とうとう最終巻にまできてしまった。
暑い最中・・
お風呂に浸かって読みもした。

これを読み終えてしまったら
もう先の続きはないのか。。。と思うと。
ちょっと読みきってしまうのが惜しくなってきた。

もうちょっと空想に耽って
楽しんで居たい様な。
この冒険のメンバーの一員となって
自らが空に天にと
駆けめぐって戦いに参加してみたい。。
なあんてね。。

新たな神託として
レイチェルの予言した
新たな7人のハーフたちの話も
この先にひょっとして
作者の方が書いてくださったらいいのになあ。。
そうしたら又読んでみたいなあ
と。ちょっと期待してしまった。

書いてくれないかしらね。

この作者さん。日本びいきなのかしら?
アポロンが俳句をしきりに読むし。
プりウスやらマツダやら
ヤマハのオートバイやら
日本名のハーフなどなど。
日本人としてはちょっと嬉しかったり。

作者の息子さんがモデルなのかな?
パーシーのように学習障害があったとか。
息子さんとよくよく話をして書き始めたんだという
この物語。

ギリシャ神話を上手にもじって描かれた戦争場面も
マンハッタンを中心に戦われていて
なんだかとても身近な雰囲気に。

ふと思ったのは
かえって大人にも素養があって読むと
倍加して面白いんじゃないかということ。
あれだ これだと
自分なりに思い描いて楽しめるんじゃないかな。

ぜひぜひどうぞ!

風呂の窓から
風呂の窓の外には山百合の花が沢山咲いていて
結構クナイプを多めに入れて
リラーーークス。
スポンサーサイト




テーマ:SF小説 - ジャンル:本・雑誌


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://terajimasusumusan.blog37.fc2.com/tb.php/1865-bba71c95
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Design&Material By MOMO'S FACTORY