FC2ブログ
ちわわんと言うハンドルネームと、タイトル名と、この名前を作ってから・・・いつの間にやら 20年余りも経過しちゃったなぁ~・・・あの頃は、タグ打ちの時代で、同じ名前は登録できなかった時代だったのになぁ~~~・・・Windows95のホームページの時代から考えると、すごいわよねぇ。。写真もコメントもさくさく入れられるようになっちゃって驚いちゃうわよね( *´艸`)

10<<  2019.11 >>12
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 

ひとりごと・・

ちわわん

Author:ちわわん
知り合った多くの友人たちに。
感謝をこめて。

↑写真はぷりんちゃん15歳6ヶ月と20日(2015年6月20日没)と
3年前に5月7日に17歳で亡くなったその母ムーバです。

静岡市在住の。
ご近所の犬ともだちさんへ。
ありがとうの言葉を添えて☆

長い犬人生と映画など色々。
20年程前のホームページも合体しました。
これからもよろしくお願いいたします。


最近の想い出綴り


最近のコメント


分類


あしあと


QRコード

携帯用にどうぞ。

QRコード


リンク

このブログをリンクに追加する


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


『パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々 第2巻 魔界の冒険』 の 本の感想 
『パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々 第2巻 魔界の冒険』 の 本の感想 


魔のトライアングルと言われている
超常現象のバミューダ海域を
組み込ませて書かれている第2巻。

昔観た映画やエックスファイルなどなど。。
バミューダ海域に沈んだ50年前の人たちが
生きてそのままの姿で歳もとらずに
生還して帰ってくる場面などが
よくSFドラマや映画などで描かれてきた。

必ずといっていいほど
使われてきた題材ではあるが。
こういったファンタジーに使われると
なんとも可愛らしく夢のある作品となるようだ。

ハリーポッターの本が
あれほどに評判になり
世界的に大ヒットしたのに対して
こちらの本は
どうしてそれほど人気が出なかったものだろうか?

読んでみると
こちらはこちら側で
充分に面白いし楽しめる作品なのになあ。

ただちょっとばかり
アメリカ至上主義的なところが見えるのだが
それでも
そんなこととは関係なく
少年少女たちの心は
勇ましく澄んでいて純である。

その親達はみな慈悲深く寛容だ。

遠くから見守ることしかできないという
制約のある親の神々でもあるのだが。
直接に会うことも禁じられている神々と
人間との子供達との親子関係は複雑だ。

その条件下の中での親達の神々は
遠巻きに遅まきながらにしか
自分の子を見守ることしか出来ない。

手を貸して助けることも許されていない。
それでも親は親。
そんな親心を覗かせつつ。
彼らも親として悩んでいる。
ごく普通の親としての愛情を見せる。

神と人間とのハーフの子である子供たちは
親の愛情を渇望して育つ。
必要としていながらも
ほおって置かれた憤懣がやるせない。
上手くかみ合えていない親子には
歪が生まれてしまう。

反抗の心も生まれ
お互いにお互いを
一番深く愛しているのだけれど
互いを深く想いあっているからこそに
伝えあえないジレンマが大きい。
そんな気持ちを抱えつつ
親達を助けたい。
仲間達を助けたいという
目的を持って
冒険の旅へと出かけてゆくのだ。

今現代の世界にも
そのまんま当てはまる内容である。
愛情が強いし 深いからこそ
行き違ってしまう心の葛藤も
読んでいる読み手の私達にも
しっかりと伝わってくるような2巻目である。

多くの少年少女たち。
そして大人になった私達に。

お勧めです。

スポンサーサイト




テーマ:ファンタジー小説 - ジャンル:小説・文学


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://terajimasusumusan.blog37.fc2.com/tb.php/1851-91b7860a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Design&Material By MOMO'S FACTORY