FC2ブログ
ちわわんと言うハンドルネームと、タイトル名と、この名前を作ってから・・・いつの間にやら 20年余りも経過しちゃったなぁ~・・・あの頃は、タグ打ちの時代で、同じ名前は登録できなかった時代だったのになぁ~~~・・・Windows95のホームページの時代から考えると、すごいわよねぇ。。写真もコメントもさくさく入れられるようになっちゃって驚いちゃうわよね( *´艸`)

07<<  2019.08 >>09
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 

ひとりごと・・

ちわわん

Author:ちわわん
知り合った多くの友人たちに。
感謝をこめて。

↑写真はぷりんちゃん15歳6ヶ月と20日(2015年6月20日没)と
3年前に5月7日に17歳で亡くなったその母ムーバです。

静岡市在住の。
ご近所の犬ともだちさんへ。
ありがとうの言葉を添えて☆

長い犬人生と映画など色々。
20年程前のホームページも合体しました。
これからもよろしくお願いいたします。


最近の想い出綴り


最近のコメント


分類


あしあと


QRコード

携帯用にどうぞ。

QRコード


リンク

このブログをリンクに追加する


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


『パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々 盗まれた雷撃』の本の感想
『パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々 盗まれた雷撃』の本の感想



アメリカ合衆国の作家リック・ライアダン(Rick Riordan)による、
半神半人(デミゴッド)の少年パーシーの活躍を描いた
ファンタジー小説のシリーズの原作本である。

ハリーポッターシリーズを読んだことのある人には
覚えがあると思うのだが。
この
『パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々 盗まれた雷撃』の本も
とても頑丈で分厚い装丁がなされていて
とても重い。重い。。。。
手首にズンと堪える重さだ。

もともとは子供向けの本なのだから
もう少し装丁を
軽く持ちやすく仕上げてもよさそうなものなのに。。
と。思うのは 私だけであろうか。

アメリカでの原作本なども見る限りは
ごく普通の装丁で安っぽいくらいである。

日本人はえてして
こういった大仰な装丁を好む人種なのか。。
ハリポタにしても
原作本はいとも軽いごく普通の本である。

仰々しいまでの
とても子供さん一人でなんか
持って読めそうもないような
大きく重い本に。
材料の無駄を感じつつ。
本離れを案じてしまう。

あぁ・・重い。重いと
ぼやきつつ先を読む。(笑)

それにまた値段も高いのだ。
この半分の装丁にして
値段も半分にしてくれたのなら
もっと多くの人たちが読むだろうにと。
一字の大きさが
1cmもありそうな字を追いかける。

本の値段は1冊1980円。
5冊目までが出版されているので
1万ほどが飛ぶ。。

これで児童推薦図書?
うーーむ。
子供に無駄な出費を促しているような。
いや。。
全て親が負担することになるのだが。。

と。。
手首にずっしりとくる重さに
悲鳴を上げながらも
読み進む。。

やっぱり本の方が数倍も面白い。
やっぱりぐんと惹き付けられて
ぐんぐんと先へ先へと読み進む。
魅力のある物語である。

神様と人間のハーフ。
その夢多き発想が面白い。

映画の方も
ハリポタを撮影された監督さんが手がけていて
色彩感覚などがどことなく似通っていた。

でも、
やっぱりお勧めは本かな。
ぜひどうぞ!
真夏の暑い日に。

そして
子供の頃のように
ファンタジーな冒険へと
旅立ってくださいな。。

スポンサーサイト




テーマ:ファンタジー小説 - ジャンル:小説・文学


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://terajimasusumusan.blog37.fc2.com/tb.php/1844-70c30aea
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Design&Material By MOMO'S FACTORY