FC2ブログ
ちわわんと言うハンドルネームと、タイトル名と、この名前を作ってから・・・いつの間にやら 20年余りも経過しちゃったなぁ~・・・あの頃は、タグ打ちの時代で、同じ名前は登録できなかった時代だったのになぁ~~~・・・Windows95のホームページの時代から考えると、すごいわよねぇ。。写真もコメントもさくさく入れられるようになっちゃって驚いちゃうわよね( *´艸`)

07<<  2020.08 >>09
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 

ひとりごと・・

ちわわん

Author:ちわわん
知り合った多くの友人たちに。
感謝をこめて。

↑写真はぷりんちゃん15歳6ヶ月と20日(2015年6月20日没)と
3年前に5月7日に17歳で亡くなったその母ムーバです。

静岡市在住の。
ご近所の犬ともだちさんへ。
ありがとうの言葉を添えて☆

長い犬人生と映画など色々。
20年程前のホームページも合体しました。
これからもよろしくお願いいたします。


最近の想い出綴り


最近のコメント


分類


あしあと


QRコード

携帯用にどうぞ。

QRコード


リンク

このブログをリンクに追加する


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


『大化の改新』 2004年 NHK古代史ドラマ感想
『大化の改新』 2004年 NHK古代史ドラマ感想


大化の改新というと
私達には
もう一方的に
蘇我入鹿の悪政に対して
中大兄皇子たちが天誅を下したものとして
歴史の時間に教わってきたのだが。
この頃
世の中の不条理やら無情やらを思いつつ
色々な人の考え方などにも
読み聞きして耳を傾けたりするうちに
あれほどの古代史のことになってしまうと
いったい誰が正しかったか
いったいどれが真実であったかなどと
言うことはまったく解らなくなってきてしまった。

ものには順番があり
原因やらなんやらがあった事なのだろうけど
その頃の人の心の動きまでは
資料が少なすぎて計り知ることはできない。

この時代では
勝ち残ったものが正義であって
負けてしまったものは
名前すら貶められて改名されてしまって
歴史書に書かれることも多かったという。
ならば入鹿だって蝦夷だって
本当の名前すらこの名前であったのかどうかすら
解りはしないということであろうか。

この作品を書かれた方のインタビューでも
確か蘇我入鹿と中臣鎌足は
同じ学問所で学び 
仲が良かったのではなかろうかという
想定のもとにお話を書かれたのだという。
友人同士であったものが
いかにして敵対して殺害に至るのかを
書いてみたかったそうである。
また、入鹿は秀才だったそうである。

唐や百済を見据えていて
先の先までを考えすぎてしまって
他の人には理解できなかったのかもしれない。
そんな風にも思えてくる。

今みたいに情報が
ネットで瞬時に伝わってくるわけでもなく
ちょっとした考え方の違いによって
気持ちの行き違いや考え方の相違などは
日常茶飯事に生じていたものだろう。
友であれ、
信じきることの難しさ
今一度、
ほんのちょっとばかり踏みとどまって
もう一度
腹の底を見せつつ話し合ったのなら
物事は違った風に流れていったのかもしれない。

まあ。
ここに権力と言う
うまみがあったことが
話をもっとややこしくしているのだが。

歴史と言うものは無情であり、
非情なものでもある。
血が流れる。
真実というものが
何時の日にかすっきりと
解明されたらと願う。

タイムトンネルとか。
あるといいなあ。。(笑)

30年ほど前に訪れたことのある明日香村。
ここはとても穏やかでゆったりとしていて
一種独特な気持ちにさせてくれる力があった。
心引き締まる古代の風が残っていた。
神聖なる場所だという気風が感じられた。

雄大で穏やかで緩やかな風が吹いていた。
何かに守られているといった感じがした。
風土の力のゆえか
大地そのものに力があるような
そんな気がしたのは
私だけだったのだろうか。

京都とはまた違ったおおらかさと
土地が人々を守っているといったような
自然界の守りの力を感じる土地ではある。

またそれは奈良でも言えた。
今17歳のムーバがまだ1歳くらいだった頃
11匹や7匹の犬たちを連れて
よくあちこちに旅行していた時代がある。
その頃奈良はどこでもおおらかで
例えば法隆寺にしても
犬たち全部を中に入れてくれたものだった。

中でウンチやおしっこだけはさせないでね
っていう軽い注意だけで
普通に中に入ることができた。
ぞろぞろと犬たちを連れて見学できたのだ。
またそのあと
2度ばかりも入れてもらっている。

今にして想えば夢のような話だと想う。

春日大社でも夜の万灯篭でさえ
犬たち7匹と共に中にいれてもらって
鑑賞してかえったきた。
ここも2度ばかり訪れている。

今はどこにいっても
近くの公園ですら
犬は入れないでください。
と、いう札が立っている。
あげく
子供達にも球技はしないでください。
なんて書いてもある。
遊ばない公園なんて
なんの意味があるのだろう。

当時は京都でもどこでもOKだった。

時代は変わり。人も変わった。

京都の料亭などにしても
昔は入り口で下足番の方が
みんな犬たちを預かって面倒を見てくれた。

そんな時代が
今となっては懐かしい。

と、話がどんどんそれてしまったが
このドラマ
衣装がとても美しい。
特に皇族と入鹿の衣装が素晴らしい。

与志子との三角関係の
恋愛話を盛りいれなければ
もっと良いドラマになっていたと想う。

スポンサーサイト




テーマ:懐かしドラマ - ジャンル:テレビ・ラジオ


コメント
No title
どうもありがとうございます。

もうだいぶ前にブログで
出演されるだろうという記事を載せたのですが。。。

私もとても楽しみにしております。

宣伝番組を観ると面白そうですよね。
いろんな人が癖があって。
いいドラマになるんじゃないかと期待しておりました。

ちょっとここ3日間ムーバの具合が悪くて
私も寝てなかったりしたので
お返事がおくれました。
ありがとうございます。
[2010/04/16 08:13] URL | ちわわん #vkcXtX9g [ 編集 ]

寺島進さんが!
18日からTBSで『新参者』という番組が始まるのをご存知ですか?
この番組、東京日本橋人形町が舞台なのですが、
人形町と言えば、大木トオルさんのふるさとなんです。

この番組のホームページで動画を見て驚きました。

ここ(↓)に映っているのは、寺島進さんですよね?
http://www.tbs.co.jp/shinzanmono/news/
[2010/04/15 14:58] URL | ムーンライト #rqXSnIcY [ 編集 ]

猫又さんへ
この間桜を観に行った
県立美術館前の公園なんかも
大きなグランドがあって野球がやれるようになっていたのに
芝生を敷き詰めて
球技一切禁止の大きな立て札が。。
なんなんだろうと思いましたよ(笑)
まあそこで怪我をしたりして
抗議したり訴えを起こしたりする
モンスターペアレンツが居て
そうなったりしたようですが。

なんだか怖い世の中ですね。

公園で子供が遊べなかったら意味ないですよね。
[2010/04/14 21:01] URL | ちわわん #vkcXtX9g [ 編集 ]


たしか中学で勉強したなあ、私はこの時代のお話が好きでした。
歴史検定には、必ず盛り込まれてる様ですね。ワンコさんが沢山いたんですね、そうですか公園にも入れない何てね。家の近所の運動公園は、田舎だからか自由です。今日はお休みだったので、ワンコさん達と戯れて来ました。お散歩中のワンコさんは、太陽の匂いがしてほのぼのしましたよ。
[2010/04/14 20:43] URL | 猫又 #- [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://terajimasusumusan.blog37.fc2.com/tb.php/1763-5e38826b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Design&Material By MOMO'S FACTORY