FC2ブログ
ちわわんと言うハンドルネームと、タイトル名と、この名前を作ってから・・・いつの間にやら 20年余りも経過しちゃったなぁ~・・・あの頃は、タグ打ちの時代で、同じ名前は登録できなかった時代だったのになぁ~~~・・・Windows95のホームページの時代から考えると、すごいわよねぇ。。写真もコメントもさくさく入れられるようになっちゃって驚いちゃうわよね( *´艸`)

08<<  2020.09 >>10
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 

ひとりごと・・

ちわわん

Author:ちわわん
知り合った多くの友人たちに。
感謝をこめて。

↑写真はぷりんちゃん15歳6ヶ月と20日(2015年6月20日没)と
3年前に5月7日に17歳で亡くなったその母ムーバです。

静岡市在住の。
ご近所の犬ともだちさんへ。
ありがとうの言葉を添えて☆

長い犬人生と映画など色々。
20年程前のホームページも合体しました。
これからもよろしくお願いいたします。


最近の想い出綴り


最近のコメント


分類


あしあと


QRコード

携帯用にどうぞ。

QRコード


リンク

このブログをリンクに追加する


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


フジテレビ開局50周年企画『わが家の歴史』 第三夜感想
フジテレビ開局50周年企画『わが家の歴史』 第三夜感想


ありそでなさそな。。
慌ただしい物語ではあったのだが。
観ていると
ああ・・
こんなものもあったな。。とか。
ああ・・
こんなこともあったな。。とか。
想い出されて
懐かしんでしまうことも多かった。

フラフープ。
あったなあ。(笑)

私も買ってもらって
近所の友達と
わいわい
ぐるぐる回して遊んだものだった。

私達の時代には
あまり年齢差を問はずに
年上の者でも年下の者でも
みんなで仲良く
大掛かりな徒党を組んで遊んでいた。

通っていた学校なんかも
まったく関係なかった。

多いときには7・8人から15~20人までと
みんなで陣地合戦やら
缶蹴りやらにしても
広い材木置き場全てを使って
あるときは町内全部を使って
行われていた遊びであった。

男の子でも女の子でもない
皆が一緒に遊んでいた。

楽しかったなぁ。。
かくれんぼなどという段階を超えていて
はるかに知能を有する遊びでもあったのだ。

陣地取りなどは
人質の交換なども行われていて
敵方に捕まった者の中でも
人気度も計れるものであった。
好かれている子は
トレードで早くに放してもらえたのだ。(笑)

なんてことも あったな。

単純な遊びに必死になり
夢中になった時代だった。

学校においてでさえ
大きな長縄跳びで
みんながぐるぐると順繰りに飛んでいたり
ゴム長飛び一つにしても
当たり前のように
数十人の列が出来ていた。

学校の校庭はどこも満杯だった。

ドッチボールも盛んだった。
授業が終わると皆一目散に
校庭に駆け出ていった。

まあ。。
まだまだベビーブームでもあり
子供の数が圧倒的に多かった。

石ひとつ。
石蹴りひとつにしても
大掛かりな絵を地面に描いて
石を蹴りいれては進んでゆくという
双六のような遊び方をした。

階段でもじゃんけんをして進むという
なんにも遊び道具やらが無くても
充分に楽しめた時代だ。

まあ。
人間の数という
物量作戦のような遊び方ではあったが。

ただ。。このドラマには
物語として内容を求めるならば
何もない。
ただ。。多くの俳優さんたちは
時代と時代との
つなぎ手としての登場である。

流れゆく昭和の時代の
大きなひとくくりの語り部としての
役割のようなものが
この家族であり
その周りを
多くの人々が通り過ぎてゆくドラマとなっている。

ああ・・しかし。
私の小さなときには
まだまだ皆大家族で暮らしていたのを想いだした。
年寄りを筆頭に
叔父や叔母達家族までが一緒に生活をしていた。

賑やかでたくましい時代だった。

誰でもない私達。
無名の一個人。
ごく普通の ただの人。

そんな普通の人間にも
それぞれに生きた証があり
それぞれに心の歴史があった。

そんなことも感じさせた三夜だった。

そんなことを観ている人に
想いだしてもらいたかった作品だったのかもしれない。
そんな計らいも
三谷幸喜さんにはあったのかもしれない。

そして。
大泉洋さん演じる つるちゃん。。。
この人の生き方が笑えた。

思わず笑みが出てしまう。

生きるっていうことはたくましい!!


スポンサーサイト




テーマ:ドラマ感想 - ジャンル:テレビ・ラジオ


コメント
こいさんへ
まったくつるちゃんには笑えました。
なんだかたくましくって
実際にこんな人が居たら面白いだろうなあ。

ただ。昭和の匂いも
ちょっとだけずれて感じたのは年齢の故でしょうか。
三谷幸喜監督さん
私よりお若いせいか
昭和を語るにはちょっと中途半端かな。。
という気がしたドラマです。

[2010/04/14 13:49] URL | ちわわん #vkcXtX9g [ 編集 ]

まだ見てないんです
第三夜は長かったんですよね。予想通り「春眠暁を覚え」なかった私は、後でゆっくり見ようかと思ってます(;^_^A

初回の同じ時間帯に日テレで放送した「ALWAYS」もそうですが、昭和の匂いぷんぷんですね~。
幼い頃の美空ひばりサンを演じたさくらまやちゃんの声が、よく懐メロなどで流れる昔の女性歌手の声の様に聞こえて、一番のキャスティングに思えました(^^)

それにしてもつるちゃん。良かれと思ってした事で、ことごとく首になっちゃって…。人が良すぎます(笑)大泉洋さんにぴったり。憎めないんだなぁ。
[2010/04/13 11:39] URL | こい #- [ 編集 ]

No title
三谷幸喜監督さんは私よりはお若いので
少し話が・・・って所もありましたね。
きっとお姉さんとかご家族から聞いて描かれた部分もあって
細かいところは記憶に無かったのではないでしょうか。

昭和を語るにしては若すぎたのかもしれませんね。

フラフープ 抱っこちゃん。バービー人形と
私も同じ頃じゃなかったかなあ・・と
もう記憶が定かじゃないのです。(笑)

運動場も場所取りをしなくちゃならないほど
狭く感じていたのに。
今時々みる学校の運動場は
野球部とか運動部以外はガランっとしていて
さみしいですね。

またあの頃は誰でも運動場に入れて
近所の叔父さんなんかもベンチに座ってたりして
和やかなものでした。

今は関係ない人立ち入りべからず・・ですもんね。

人とのふれあいが希薄になるわけですよねえ。。
それもさみしいものです。
[2010/04/13 00:28] URL | ちわわん #vkcXtX9g [ 編集 ]


三谷作品にしては、尻切れトンボで終わったなあ。でも色んな有名人が出て、楽しい作品でした。五夜連続だったなら、もっと掘り下がってたろうなあ。
フラフープかあ、ダッコちゃんはもう少し後かなあ。
安保や戦後を扱ってながら、重くならない作品がもっとあれば良いですね。もっと日常に迫って欲しかった、どんなもの食べてたとかね。
私も昭和の生まれですから、ちわわんさんと遊びは一緒です。
近所みんなで、遊びましたよね。
[2010/04/12 23:48] URL | 猫又 #- [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://terajimasusumusan.blog37.fc2.com/tb.php/1762-4bcdbf72
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Design&Material By MOMO'S FACTORY