FC2ブログ
ちわわんと言うハンドルネームと、タイトル名と、この名前を作ってから・・・いつの間にやら 20年余りも経過しちゃったなぁ~・・・あの頃は、タグ打ちの時代で、同じ名前は登録できなかった時代だったのになぁ~~~・・・Windows95のホームページの時代から考えると、すごいわよねぇ。。写真もコメントもさくさく入れられるようになっちゃって驚いちゃうわよね( *´艸`)

07<<  2020.08 >>09
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 

ひとりごと・・

ちわわん

Author:ちわわん
知り合った多くの友人たちに。
感謝をこめて。

↑写真はぷりんちゃん15歳6ヶ月と20日(2015年6月20日没)と
3年前に5月7日に17歳で亡くなったその母ムーバです。

静岡市在住の。
ご近所の犬ともだちさんへ。
ありがとうの言葉を添えて☆

長い犬人生と映画など色々。
20年程前のホームページも合体しました。
これからもよろしくお願いいたします。


最近の想い出綴り


最近のコメント


分類


あしあと


QRコード

携帯用にどうぞ。

QRコード


リンク

このブログをリンクに追加する


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


『天上の虹』1~21巻『長屋王残照記』1~2巻 感想
『天上の虹』1~21巻 感想
『長屋王残照記』1~2巻 感想


大きな歴史の流れを
漫画にして描いて見せるということは
大変なことだろうと察せられる。

しかも
物語と絵とを
両方手がけているなんて
なんて凄い才能なんだろう。

小説家は文章を書き
その文章の中に
想像の世界を膨らませてくれる。
だが、そこに、
絵描きが絵を描いてくれたのならば
より具体的に
想像の世界を描いて見せてくれることだろうに。

視覚に訴える力は大きくて
一度絵となって目にしたものは忘れがたい。
ましてや漫画となっていたのならば
一つの解りやすい絵として
目に焼きついて印象に残るのだ。

そんな力をもった作品となっている。
天は二物を与えずと言うけれど
物語を作る能力と
絵を描く能力と。
どちらも併せ持つ
漫画家さんというものは素晴らしく
うらやましくも尊敬してしまう人たちだ。

『天上の虹』21巻 里中満智子さん。

この作品はもう長年
数回にわたって読みふけった作品で
幾度読んでも読むたびごとに
大泣きしてしまう私である。

お恥ずかしいことだけれども
読んでいるものが
たとえ漫画本であっても
感動して大泣きをして
目を腫らしてしまう私なのだ。

ついつい
それほどに
気持ちを入れ込んで
読みふけってしまい
時間をまったく忘れてしまう私なのだ。

集中力があるのかないのか。
没頭しすぎてしまうタイプでもある。
そうして6時間も風呂に浸かって
本を読んでいたこともしばしばだ。

気がついたら朝・・・
なんてこともしばしばだ。(笑)

そして出てくる主人公達の
想いをつなぎ・・
自分で繋いで紡いだ想いに
自分で感激してしまって
感極まってしまうタイプでもある。

しかし。。。まあ。
なんとも壮大な
物語を描かれたものだろう。

これだけの大掛かりな歴史的物語を
女としての立場で考え想像し
見つめ続けている形をとって描かれている。

女心の奥深い部分にまで
深読みをして描いているのには脱帽する。
史実として、
そんなこともあったのではないか。
と思わせてしまう程の力もある。

女であるがゆえの
女ならではの漫画の世界である。
同じ女として
読んでいて同調してしまう部分と。
う・・む。
これではあまりにも愛ゆえに
物事が進みすぎてしまってはいないか。
と。
想わなくも無い部分もある。

あくまでも主体は
愛の流れと
その行方をテーマにしておいて
全てを描ききっているところが凄い。

何事にも愛があり
愛あってこその人生であり
その人生が
つかさどっていた歴史であるとして
描いているところが
この方の描いている作品の特徴でもある。

しかしまあ。。
この『天上の虹』シリーズにしても
『長屋王残照記』にしても
どれもこれも
読み進むごとに涙が溢れてくる。
目頭が痛くなってしまう。
まったくもう。。
涙が溢れてきてしまう。

漫画を読んでいるというのに
こんなにも泣いてしまうことすらが
凄い作品だと想う。

あまりにも
うつろいやすい人の心と。
先行きの見えない
儚い恋心。

女ゆえに母ゆえに。
たくましく強い意志力。
輪廻。。

女は生きることには
たくましいわ!ねええ。(笑)

女性好みの作品です。
ぜひどうぞ。
王朝史に触れてみたくなります。

☆・・・・

『大仏開眼』のテレビにちなんで
また読み直してみました。
スポンサーサイト




テーマ:マンガ - ジャンル:本・雑誌


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://terajimasusumusan.blog37.fc2.com/tb.php/1758-68198e18
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Design&Material By MOMO'S FACTORY