FC2ブログ
ちわわんと言うハンドルネームと、タイトル名と、この名前を作ってから・・・いつの間にやら 20年余りも経過しちゃったなぁ~・・・あの頃は、タグ打ちの時代で、同じ名前は登録できなかった時代だったのになぁ~~~・・・Windows95のホームページの時代から考えると、すごいわよねぇ。。写真もコメントもさくさく入れられるようになっちゃって驚いちゃうわよね( *´艸`)

12<<  2021.01 >>02
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 

ひとりごと・・

ちわわん

Author:ちわわん
知り合った多くの友人たちに。
感謝をこめて。

↑写真はぷりんちゃん15歳6ヶ月と20日(2015年6月20日没)と
3年前に5月7日に17歳で亡くなったその母ムーバです。

静岡市在住の。
ご近所の犬ともだちさんへ。
ありがとうの言葉を添えて☆

長い犬人生と映画など色々。
20年程前のホームページも合体しました。
これからもよろしくお願いいたします。


最近の想い出綴り


最近のコメント


分類


あしあと


QRコード

携帯用にどうぞ。

QRコード


リンク

このブログをリンクに追加する


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


『利家とまつ 加賀百万石物語』  2002年 
『利家とまつ 加賀百万石物語』 2002年 


この大河ドラマも
もう8年近くも前の作品となるのか。。

この大河ドラマというものの
凄いなと思うところは
数年経った今観てみても
なんの遜色のない所にある。
今放送されていたかのように目に映る。

所々ではあるが、
八年も前に
自分が観たことのある場面に出くわした。

まったく観ていなかった訳ではなかったようだ。
大河ドラマに対する根気が欠けているせいか
きっちりと観るということができない私だった。
その覚えている映像の一つとして
反町隆史さんの信長姿が気に入っていたようだ。
観ているうちに思い出していた。

なかなか本物の信長に近いものが
あったのではないかと。勝手に解釈していた。

癇症な性質の伺えるような
そのいでたちと。
まぁ・・で。あるか。
と、言ったかどうかは知らないが
そのしゃべり口調にも
妙にその信長その人に
なりきっているように見えて
気に入っていた。

敦盛の舞いなども、
野村万之丞さんの監修とはいえ
とてもお似合いだった。
昔むかし・・に。
私は高橋幸治さんの信長を観て育った年齢だ。
そのもっと昔には
林真一郎さんの信長を観ていた。
緒方拳さんの太閤記の中での
このとき演じられていた
高橋幸治さんの信長像が忘れられずに
そのイメージがどうしても
頭から離れなくなってしまったのだ。

それを払拭するような
反町隆史さんの信長姿が
とても好ましかった。

そして、
やはり大河ドラマというものは
一気に観るに限ると想った。
一気にDVD13枚を観ると
その大いなる出来栄えに感動してしまう。

そして、
ながながと観ていると
沸き起こる歴史のうねりのような力が
沸き起こるのだ。
ぶわっと。
湧き上がる感動の波のある作品となっている。

一年分。。。
一年分をいっぺんに観るというのも良いものだ。
じっくりと時間をかけて
噛み砕いて。観ていくというのも。

この世のことは全て
感謝だよ!
前田利久の言葉が胸に染む。

何事にも感謝を。
私もいつもそう想う。

犬の看病をしつつ。
夜中も時間があまりあり。。
大河ドラマを観てみました。

及川光博さんも
なんとも可愛らしく美しく
最後まで田慶次郎を好演してらっしゃって
目じりを下げて観ておりました。

お時間がある方は
たまには大河ドラマをじっくりといかが?

そういえば・・・
昔忍者屋敷だと騒がれていたお寺に。
金沢城と井戸の地下が繋がっていたお寺で
何か事が起こったときの備えにと
ありとあらゆる工夫がされていて
それが忍者屋敷だといわれていたゆえんであったが。
その実態は
城に何かあったときの備えにと
城の代わりが勤まるようにと考えられていたお寺であった。

もう。30年以上も前のことだったが。
今もあるのだろうか?
ふと。想い出した。

スポンサーサイト




テーマ:NHK - ジャンル:テレビ・ラジオ


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://terajimasusumusan.blog37.fc2.com/tb.php/1671-d65f4da9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Design&Material By MOMO'S FACTORY